FC2ブログ
神秘の物語  アレクサンダー・レルネット=ホレーニア『モナ・リーザ・バッゲ男爵他』
monarisa.jpg
 オーストリアの作家、アレクサンダー・レルネット=ホレーニア(1897-1976)の短篇集『モナ・リーザ・バッゲ男爵他』(前川道介訳 創土社)には歴史ものや現代ものなど様々な題材の作品が収録されていますが、共通するのはそのストーリーテラーぶりと、作中に色濃く漂う「死の空気」です。

「モナ・リーザ」
 フランス国王の命によりラ・トレムイ元帥の部下としてミラノを訪れたフィリップ・ド・ブーゲンヴィルは、そこで出会ったレオナルド・ダ・ヴィンチの書きかけの絵を目撃します。絵に描かれた女性に一目惚れしたフィリップは、絵のモデルになった女性を探し回ることになりますが…。
 名画「モナ・リーザ」をめぐる歴史奇譚です。絵に描かれた女性に執着する青年の行動が常軌を逸していくようになるというサイコ・スリラーとしても読めますね。

「パリの主」
 神秘主義者として知られる作家ジャック・カゾットは、革命によって多くの人々が断頭台に消えるという予言をして、回りの人々から驚かれます。一方カゾットから生き残ると予言された青年ブラーケンブール伯爵は、恋人マデロンが革命勢力のスパイであることを知って彼女を告発しますが…。
 フランス革命期を舞台にした、ミステリアスな歴史幻想小説です。互いに貴族と革命家である男女の、波乱万丈の恋が描かれます。そこに『悪魔の恋』の作者として有名なジャック・カゾットと死刑執行人とのやりとりが絡んで、複雑ながら魅力的な物語になっています。

「バッゲ男爵」
 無謀な司令官ゼムラーのもと、無考えに突進した作戦が運よく成功したことに胸をなでおろしたバッゲ男爵は、そこで亡き母に結婚を勧められていたセント・キラリー家の娘シャルロッテに出会い、彼女との結婚を考えるまでになります。
 しかし、ゼムラーはじめ軍の同僚たちの様子がおかしいことにバッゲは気づきはじめます…。
 不穏な空気の漂う幻想作品です。序盤から漂う重苦しい「死の空気」が強烈ですね。彼らが迷い込んだのはいったいどこの国なのか?
 集中でも最も超自然味の濃い作品です。

「マイヤーリング」
 オーストリアの皇太子ルードルフが、愛人のマリー・ヴェッツェラとともに心中を遂げるまでをドキュメンタリータッチで描いた短篇です。
 皇帝夫妻の様子をはじめ、帝国全体が滅び行く様が感じられるリアルな作品になっています。

「七月二十日」
 ナチスによるユダヤ人迫害が本格化する中、夫の死によって危険な状況に置かれたユダヤ人女性ズゼッテは、友人のエリーザベト・ジョスランに助けを求めます。友人に好意的でない夫ジョスランの目を逃れて、ズゼッテを匿おうとしたエリーザベトは、そのために自らも危険な目に会うことになりますが…。
 ヒトラー暗殺計画を背景に、友人を匿った女性と軍人であるその夫が巻き込まれた事件を描いています。ユダヤ人女性だけでなく、彼女を匿おうとした人間も瞬時に命が危うくなったりと、状況が次々と変化してゆきます。息詰まるような雰囲気が横溢する、サスペンスあふれる短篇です。

「一角獣」
 小説と言うよりは、ホレーニア自身のとりとめのない随想、といった感じの作品です。ただ、見世物小屋から脱走した犀に追われた語り手が税務署に逃げ込む…という夢がモチーフとして語られるなど、奇妙な味わいがありますね。

 この短篇集の収録作では「バッゲ男爵」のみ、『独逸怪奇小説集成』(国書刊行会)の方にも収録されています。ほかはこの本でしか読めないものばかりで、貴重な作品集になっています。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/979-d42e28bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する