FC2ブログ
非殺人事件  森川智喜『そのナイフでは殺せない』
そのナイフでは殺せない
 森川智喜『そのナイフでは殺せない』(光文社)は、そのナイフで殺されると特定の時間に完全な状態で生き返ってしまうというナイフをテーマとした、とんでもない設定のホラーサスペンス作品です。

 映画監督を目指す七沢は、友人の稲木戸と室伏と共に短篇映画を作っていました。ある日ふと手に入れた外国製のナイフを触った瞬間に、七沢は不思議な空間で外国人の男と相対します。
 その男ガボーニは、かって大量の人間を殺害した殺人鬼であり、その後悔から決して命を奪えないナイフを作ったと語ります。そのナイフで殺した人間は、翌日の16時32分に完全な形で生き返るというのです。
 半信半疑ながら、昆虫などで実験した七沢はナイフの効力が本物であることを確信します。このナイフで動物を殺せばリアルな映像が撮れるのではないかと考えた七沢は、その方法で映画を撮影し公開します。
 しかしあまりにリアルな映像を見た視聴者から警察に連絡が入り、七沢は取調べを受けることになります。正義に執着する小曽根警部は七沢に不信感を持ち、執拗に彼の周りを捜査し始めますが…。

 それを使って「殺し」ても絶対に生き返ってしまうというナイフをテーマとした、非常にユニークな設定の作品です。面白いのは、そのナイフを使う主人公が殺人に悦びを覚えるとか、そういう人物ではないところ。あくまで映画を撮るための手段としてしか考えていないのです。
 動物に飽き足らなくなった七沢は人間を対象にし始めるのですが、彼を疑っている小曽根警部は捜査を続けます。この小曽根警部もかなり異様な人物で、独自の正義感を持ち、場合によっては違法捜査も辞さないという人物。七沢がまだ特別犯罪を犯していない段階から、執拗に彼につきまといます。

 基本的にナイフで「殺人」を繰り返す七沢の行動は読者に明かされていくので、いわゆる犯人目線の「倒叙形式」作品といっていいでしょうか。小曽根警部との対決を描くシーンは『デスノート』そこのけ。
 ただメインの登場人物が二人ともある種の「異常者」であるので、その対決の仕方もたがが外れており、思いもかけない展開になっていきます。証拠の残らない殺人をどう起訴するのかとか、そもそもそれは犯罪なのか、殺意のない殺人は悪なのか? といった議論が交わされるのも面白いところ。

 「ナイフ」が登場するまでの序盤はいささか平板なのですが、そこからの面白さは格別です。追われた主人公の脱出方法とか、クライマックスの仕掛けなどは、ナイフの設定を上手く利用したユニークなもので、ミステリ作品としても秀逸。
 ホラーとミステリのハイブリッドといっていい作品ですが、どちらかと言うとホラー味の方が勝っていますね。ダリオ・アルジェントなどイタリアの「ジャーロ」映画を意識したと思しく、そちら方面のファンにも楽しめるのではないでしょうか。

テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/970-0ec24232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する