FC2ブログ
幻想の少女  ジェフリー・フォード『ガラスのなかの少女』
ガラスのなかの少女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
 ジェフリー・フォードの長篇小説『ガラスのなかの少女』(田中一江訳 ハヤカワ・ミステリ文庫)は、1930年代のアメリカを舞台にインチキ降霊術師たちが少女誘拐に巻き込まれるという、ユーモア・陰謀・サスペンスなど多彩な要素のある楽しい作品です。

 メキシコからの不法移民であるディエゴはインド人に扮し、父親代わりの凄腕詐欺師シェル、腕っ節の強いアントニーとともにインチキ降霊術で荒稼ぎしていました。富豪パークスの依頼による降霊術の席上、シェルはガラスの中に幻の少女を目撃します。
 少女は、誘拐された名士の娘シャーロット・バーンズではないかと考えたシェルたちは、娘の父親バーンズに誘拐事件の捜査の協力を約束します。そこで彼らが出会ったのは本物の霊能力者であるというリディア・ハッシュという美しい女性でした…。

 誘拐された少女の行方を追う詐欺師一行が思いもしなかった真実を知り、やがて大掛かりな陰謀に巻き込まれるという、サスペンス・冒険小説的な要素の濃い作品です。物語の展開はそれほどスピーディではなく、なかなか事件の本質が見えてこないのですが、その代わり主要な登場人物たちのキャラクターが掘り下げられていき、キャラ同士の掛け合いの方が楽しくなってくるという作品といってもいいでしょうか。
 不法移民ながら素直で賢明な少年ディエゴ、クールで計算高さを持ちながらも情に深い詐欺師シェル、気のいい話し相手であり怪力の持ち主アントニーの3人は特に魅力的です。
 そして謎を秘めた霊媒師リディア、ディエゴの恋人となるコケティッシュな娘イザベル、ほかにも詐欺師仲間の協力者たちも多数登場し、物語を色彩豊かに彩ってくれます。
 やがて報復かと思われた少女誘拐が、スケールの大きな陰謀に関わっていることを知ったシェルたちは命の危険を覚えるまでになりますが…。

 「幻想作家」フォードの書いたミステリだけに、現実離れした犯罪計画や幻想的なエッセンスも散りばめられています。特に詐欺師シェルの愛好する蝶趣味は作品全体のモチーフにもなっていますね。後半登場する「敵」たちもかなりぶっとんだ設定で怪奇スリラーとしても魅力的。
 雰囲気も非常に軽やかで、登場人物同士の愛情や恋愛、友情などがユーモアを持って描かれます。「最終計画」には主人公たちだけでなく、彼らの「仲間」が集結するという展開も熱いですね。読んでいてとにかく楽しい作品です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/952-9db455aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。
twitterアカウントは@kimyonasekai



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する