FC2ブログ
破局のゲーム  ロジャー・ゼラズニイ『虚ろなる十月の夜に』
虚ろなる十月の夜に (竹書房文庫)
 ロジャー・ゼラズニイの長篇小説『虚ろなる十月の夜に』(森瀬繚訳 竹書房文庫)は、クトゥルー神話的な世界観の中で、切り裂きジャック、吸血鬼、人狼などが跳梁するという、楽しいホラー作品です。

 使い魔である犬のスナッフは、主人のジャックと共にある《ゲーム》に勝利するための情報を集めていました。その《ゲーム》は、二つの陣営《開く者》と《閉じる者》に分かれているらしいのですが、誰がそのプレイヤーであり、どちらの陣営に属しているかは互いに分からないのです。
 スナッフは、魔女ジルの使い魔である猫のグレイモーク、謎の男ラリーたちと協力し、情報を集めますが、その間にも何者かによってプレイヤーたちが殺され続けていました…。

 世界観や設定が説明されずに物語が進むので、最初は何が起こっているのかはっきりしないのですが、やがて主人公たちを含めた二つの陣営が争っていることがわかってきます。主人公側は《閉じる者》に属しているらしいのですが、他のプレイヤーたちは敵か見方かがわかりません。
 語り手のスナッフは、プレイヤーと思しき人間やその使い魔たちと接触し、腹の探りあいをしながら、情報を集めていくことになります。

 語り手のスナッフは犬であり、彼が接触して話すのも主人のジャック以外はほとんど使い魔か動物であるというのもユニークです。
 猫、蛇、コウモリ、カラスなど、使い魔たちの種類も多様です。とくにスナッフのパートナー的な存在になる猫のグレイモークには、キュートな魅力があります。

 スナッフの主人であるジャックは「切り裂きジャック」の名前こそ言及されませんが、その当人であることは間違いなく、他にも吸血鬼、フランケンシュタインの怪物、人狼などの怪物たちが登場します。またシャーロック・ホームズと思しき「探偵」も登場するなど、非常に楽しい作品になっています。

 思わぬ人物が味方あるいは敵だったという意外性、使い魔たちの可愛らしさ、「怪物」たちが駆使する異能、摩訶不思議なアイテム、クトゥルー神話的な世界観と、エンタメのおいしいところを盛り込んだような作品で、これはホラーファンにはお薦めしたい作品です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
ゼラズニイ!
大勢の、かつてのロジャー・ゼラズニイ ファンたちが、この本をおそるおそる手に取ったと思います。
有名どころの「わが名はコンラッド」や「光の王」や素晴らしい短編の数々に感銘を受けて、さて、他のより後期の本を渉猟すると、、、何かが違うぞという道を歩んだと思うので。(米でもそんな評価だったらしいです)
でも、このゼラズニイ氏の遺作は、氏ならではのウィット、軽みがあり、全盛期の作品のようで、読んで嬉しくなりました。
スタイルやセンスで一時代を画した作家さんほど、その後には「ダサく」なってしまうものですが、氏はその後も書き続け、その先の境地にたどり着いていましたね。不明を恥じたいと思います。
他の晩年の作品も翻訳してほしいものです。

【2019/06/24 19:02】 URL | ヤス #- [ 編集]

>ヤスさん
これは本当に軽みがあって楽しい作品でした。ゼラズニイは最後までスタイリッシュだなあという感じです。
大作家でも、晩年の作品は微妙…というパターンも多いですしね。
まだ未訳があるようなら読んでみたいところです。
【2019/06/24 23:10】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/937-f10b2f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。
twitterアカウントは@kimyonasekai



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する