箱のなかにあったのは?  埋もれた短編発掘その19
 〈アンファン・テリブル〉というテーマの作品群があります。無邪気で残酷な子供を扱った物語のことです。例えばサキの『開いた窓』やスタンリイ・エリンの『ロバート』、パトリック・クェンティン『少年の意志』なんかがあげられますね。今回の作品もそんな一つ、ローズ・ミリオン・ヒーリー『ものあて遊び』(秋津知子訳 早川書房 ミステリマガジン1977年2月号所収)です。
 家政婦マーサは、子供を育てた経験もあり、決して子供嫌いというわけではありませんでした。しかし、この家の子供ジェフリィには、馴染めないものを感じています。祖母であるミセス・ベルトンと二人暮らしであるジェフリィは、ずいぶんと甘やかされていました。
 ジェフリィはある日、自分の膝の上にのせた小さなボール箱をマーサに指し示して、中に入っているものを、あててみろと問いかけます。当てたらごほうびに何がもらえるかと訊くと、来週分のお小遣いをあげるという返事。外れたら何かあげましょうというマーサに対し、ジェフリィは自分がほしいものをくれるかと訊きます。

 「おばさんがあげたくないと思うようなものじゃない?」
 「そんなこと思っちゃいけないよ。おばさんには他にも沢山あるんだもん」


 ミニカーか何かだと考えたマーサはゲームをすることを承知します。当てるのは三回まで。箱を持たせてというマーサにジェフリィは渋い顔をします。そんな約束はしていないというのです。ヒントがなくてはわからないというマーサにジェフリィは譲歩し、三つまでヒントを許可すると言います。
 大きさは? おばさんの指くらい。色は? 前はピンク色だった。じゃあペニー銅貨ね。はずれ!
 それ、おばさんが見たことのあるもの?

 「見たことある」少年は言った。「だって、おばさんも持ってるもん。本当のこと言うとね、それなんだ、ぼくが勝ったらおばさんから貰いたいものって」

 少年は、手の中でナイフをこねくりまわしながら、奇妙なことを言い出します。この箱の中のものは、マーサの前に働いていたリリアンという女性からもらったものだというのです。
 マーサは段々思い当たるも、不安げな様子を隠せません。冗談でしょう? ジェフリィは答えます。

 「リリアンも本気にしなかった。ぼくがそんなことするはずないって言ったんだ。できるはずないって。だけど、ある日、おばあちゃんが留守で、リリアンが自分の部屋で寝てるとき……」

 ジェフリィが欲しがるものとは? そして箱の中にあるものとはいったい何なのでしょうか?
 ジェフリィの言葉により、段々と読者にも箱のなかのものが想像できるようになっています。その意味で大体予想のつく展開が続くのですが、話がわかっていてもなお少年の不気味さは衰えません。スタンリイ・エリンの『特別料理』やロアルド・ダール『南からきた男』を彷彿とさせる佳作です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/93-c208e892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する