FC2ブログ
やさしい孤独  アンドレイ・クルコフ『ペンギンの憂鬱』
ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)
 ウクライナの作家、アンドレイ・クルコフの長篇『ペンギンの憂鬱』(沼野恭子訳 新潮クレストブックス)は、ファンタジー的な要素と現実的な要素が絶妙にブレンドされた作品です。

 売れない小説家ヴィクトルは、ウクライナのキエフで暮らす孤独な男。エサ代が払えなくなった動物園からもらい受けた憂鬱症のペンギン、ミーシャとともに暮らしていました。ヴィクトルは新聞の死亡記事を書く仕事を手に入れ、生活は安定し始めます。
 しかし、生きている人間の死亡記事を書いておく仕事を手がけるようになったとたん、その人々が次々に死に始めます。一方、友人から預かった娘ソーニャ、ベビーシッターのニーナ、そしてミーシャとともにヴィクトルは出来合いの家族を形成し、ささやかな幸福に浸っていましたが…。

 ソ連崩壊後のウクライナ、政情不安定でマフィアが横行するこの国で、孤独だったヴィクトルがペンギンのミーシャを通していろいろな人々と知り合っていくという話です。警察官のセルゲイ、〈ペンギンじゃないミーシャ〉、その娘ソーニャ、セルゲイの姪ニーナ、動物学者のピドパールィ…。
 即席ながらも、ちょっとした家族を得たヴィクトルでしたが、そこには本物の愛情はないと自分で認識しています。ペンギンのミーシャと暮らしていても、互いに孤独なように、ソーニャにとってのヴィクトルはあくまで「おじさん」でしかありません。
 非常にシニカルな人生観が全編のトーンを支配しているのですが、冷たい感じにはならず、不思議とこれが心地よいのですよね。

 何と言っても、この作品の一番の魅力はペンギンのミーシャにあります。犬や猫のように積極的に飼い主に情愛を表すわけではなく、しかしふと気付くとそばにいる。哀しげな目をして飼い主の孤独を分かち合うミーシャは、非常に魅力的な存在です。

 お話自体も、ただ漫然と日常が描写されるだけでなく、ヴィクトルの書く死亡記事の謎、庇護者の謎など、いくつかの謎も用意され、その点でも飽きさせません。ペットのペンギンというファンタスティックな要素を持ち込みながらも、あくまでストーリーは現実の枠内で進行するのも特徴です。

 舞台となるキエフという都市は、日常生活で銃撃やマフィアなどが横行しており、日本の読者からすると、現実というよりもファンタジーに近い感じを受けるかもしれません。結末も非常に寓話的であり、その意味で幻想小説とも読めますね。翻訳はまだないのですが続編もあるそうで、ぜひ読んでみたいところです。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
「ペンギンの憂鬱」読みました。
 なかなか良かったです。
私はラストが気に入りました。

 個人的には「ペンギンじゃないミーシャ」という表現が毎回ツボでした。

 ちなみに、主人公以外の主要人物「ミーシャ」「ソーニャ」「ニーナ」は全て愛称で、親しみを込めて呼び合っているんですが、主人公は終始「ヴィクトル」で、一度も「ヴィーチャ」と愛称で呼ばれるシーンが無いんですね。主人公と周囲の独特の距離感を感じます。もしミーシャが喋れたら「ヴィーチャ」と呼んでくれたと思うのですが…
 第二外国語でロシア語を勉強した結果、実生活では全く役に立たないんですが、ロシア系作家の本を読む時には原文のニュアンスをくみ取る手段が増えるので、勉強してて良かったと思います。
【2019/06/08 20:52】 URL | bear13 #- [ 編集]

>bear13さん
あたたかい雰囲気になりながも、主人公の孤独は最後まで残る…という感じがありますよね。主人公の愛称についてのご指摘はなるほどと思いました。
ロシア語を学ばれていたのですね。読書の際にも、そうした勉強が生きてくるのは楽しいですね。
【2019/06/08 23:20】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/913-3dbcd512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する