FC2ブログ
「怪奇幻想読書倶楽部 読書会」について よくある質問コーナー
 「怪奇幻想読書倶楽部 読書会」について、よくある質問をまとめてみました。参加を考えている方は参考にしていただければと思います。


◆「怪奇幻想読書倶楽部」とは?
 「怪奇幻想読書倶楽部」は、主に海外の怪奇小説・幻想文学を中心に、ファンタスティックな要素を持つ小説作品について話し合う読書会です。「文学」的な作品についても話すことはありますが、どちらかと言うと「エンタメ」寄りの作品を取り扱うことが多いです。

 毎回独自のテーマを決め、それについて話していきますが、多少テーマからずれた脱線話でも、どんどんしていただいて構いません。課題図書が指定してある場合は、その本を中心に話していきますが、その場合でも、同じ著者の別の作品や連想した作品の話など、脱線してもらっても構いません。

 基本的に発言は強制しません。個人の発表などもありません。話したい人が適宜話してもらい、聞いていたいだけの人は聞いているだけでも構いません。自分が気になる話題などがあれば、その都度出してもらって結構です(その日のテーマにかかわらず)。
 「勉強会」ではなく、飽くまで本や小説作品について楽しく話すのが目的ですので、気軽にご参加いただければと思います。


◆参加人数は?
 毎回、人数は決まってはいませんが、だいたい8~10人前後のことが多いです。


◆年齢制限は?
 ありません。20代~60代の方まで参加されています。


◆会費は?
 人数によって変わりますが、1500~2000円ぐらいになっています。


◆人と話すのが苦手なのですが…
 発言・発表は強制しませんので、気楽に参加できると思います。また周りの人がフォローしてくれることが多いです。


◆主催者はどんな人ですか?
 東京在住の男性。翻訳ものの小説作品、特に怪奇小説・幻想文学が好きです。


◆開催場所は?
 東京のJR巣鴨駅そばのカフェで開催しています。


◆開催日は?
 開催日は固定ではありませんが、基本的に日曜日、その月の最終日曜日のことが多いです。開催日4週間前~3週間前ぐらいまでに、開催日とテーマについてブログ及びツィッターで告知しています。
 ブログ http://kimyo.blog50.fc2.com/
 ツィッター @kimyonasekai


◆参加希望から開催当日までの流れは?
 以下、読書会の流れについて説明しています。

1.参加希望の表明
 参加してみたい方は、以下のメールアドレスまで参加希望の旨をご連絡ください。
タイトルは「怪奇幻想読書倶楽部●回読書会 参加希望」などにしていただければと思います。
 その際、お名前とハンドルネーム(ある場合)を書いていただくと助かります。

 お問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。
 kimyonasekai@amail.plala.or.jp

2.開催要項の送信
 参加希望メールをいただきましたら、こちらから開催要項などを記したメールをお送りいたします。その際に、初参加の方には、簡単なアンケート(自己紹介用)をご記入いただいています。

3.アンケートの送付
 アンケートの返信をメールにてお送りください。これをもとに、参加者全員のプロフィールをまとめた参加者紹介チラシを作成します。


<開催日当日>

4.会場に集合
 集合場所に時間までに集まってください。基本的にカフェのレンタルルームで開催していますので、開始10分前ぐらいから入室が可能です。入室時に会費を集めさせていただきます。

5.参加者紹介
 参加者が集まりましたら、紹介していきます。事前にいただいたアンケートをもとに、参加者のプロフィールをまとめた紙を配布します。それを見ながら簡単に紹介していきます。その際、基本的に合いの手をはさみますので、一人でプレゼンみたいな感じにはなりません。
 参加者の名前が入った札を事前に用意していますので、それぞれの参加者の前に札立てを置きます。初めての方でも、それぞれの人の名前がわかるようになっています。

6.読書会本会
 その回に設定されたテーマを中心に、フリートークで話していきます。特に議題や流れが決まっているわけではないので、参加者が思ったことをどんどん話していただいて構いません。
 テーマもがっちり決まっているわけではありませんので、極端な話、自分が好きな本や作品について他の人の話を聞いてみたいとか、その回のテーマとは関係ない話題を出していただいても一向に構いません。

7.終了
 主催者が終了を宣言した時点で解散になります。終了後に二次会(近くの居酒屋)に行くことも多いので、参加したい方は自由にご参加ください(事前予約は不要。費用はワリカンです)。


◆持ち物は?
 特にありませんが、自分の好きな本、紹介したい本などを持ってきていただいても構いません。


◆注意事項
・タバコはご遠慮いただいています。
・必ず飲み物を一人一つづつ注文お願いします(飲み物代は会費に含まれています)。
・レンタルルームなので、飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
・体調不良などによりキャンセルされる方は、なるべく開始日の前日までにご連絡ください。
・ネットワークビジネス、政治、宗教等の勧誘、また他の参加者への迷惑行為はおやめください。


◆過去の開催テーマ

 以下は、過去に開催したテーマです。参考にしていただければと思います。

第1回
怪奇幻想小説のアンソロジーをめぐって

第2回
第1部 怪奇幻想小説のアンソロジーをめぐって
第2部 《異色作家短篇集》と〈奇妙な味〉の作家たち

第3回
第1部 奇想小説ワンダーランド!
第2部 私の読書法

第4回
第1部 夢と眠りの物語
第2部 テーマなしフリートーク

第5回
第1部 リドル・ストーリーと結末の定まらない物語
第2部 ブックガイドの誘惑

第6回
第1部 欧米怪奇幻想小説入門(英米編1)
第2部 ファンタスティック・マガジン

第7回
第1部 欧米怪奇幻想小説入門(英米編2)
第2部 ラヴクラフトを読む

第8回
第1部 世界の終わりの物語
第2部 リチャード・マシスンの世界

第9回
第1部 怪奇幻想小説の叢書を振り返る
第2部 作家特集:シャーリイ・ジャクスン

第10回
第1部 H・G・ウェルズの空想世界
第2部 第10回記念企画 本の交換会

第11回
第1部 吸血鬼文学館
第2部 年間ベストブック

第12回
第1部 迷宮と建築幻想
第2部 作家特集 エドガー・アラン・ポオ

第13回
第1部 物語をめぐる物語
第2部 作家特集 ステファン・グラビンスキ

第14回
第1部 新入生に勧めたい海外幻想文学
第2部 課題図書 フィッツ=ジェイムズ・オブライエン『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』(南條竹則訳 光文社古典新訳文庫)

第15回
第1部 課題図書 ジャック・フィニイ『ゲイルズバーグの春を愛す』(福島正実訳 ハヤカワ文庫FT)
第2部 参加者が選ぶ!自分だけのベスト10

第16回
第1部 スティーヴンスンの怪奇と冒険
課題図書
ロバート・ルイス・スティーヴンスン『新アラビア夜話』(南條竹則/坂本あおい訳 光文社古典新訳文庫)
ロバート・ルイス・スティーヴンスン『マーカイム・壜の小鬼 他五篇』(高松雄一/高松禎子訳 岩波文庫)
第2部 〈奇妙な味〉について考える

第17回
第1部 課題図書 レイ・ブラッドベリ『10月はたそがれの国』(宇野利泰訳 創元SF文庫)
第2部 マイ・フェイヴァリット・短篇集

第18回(予定)
第1部 課題図書
ロアルド・ダール『キス・キス』(田口俊樹訳 ハヤカワ・ミステリ文庫)
ロアルド・ダール『王女マメーリア』(田口俊樹訳 ハヤカワ・ミステリ文庫)
第2部 読書会結成二周年企画 本の交換会

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/823-16a45cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。
twitterアカウントは@kimyonasekai



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する