FC2ブログ
怪奇幻想読書倶楽部 第15回読書会 開催しました
4150200262ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)
ジャック・フィニイ 福島 正実
早川書房 1980-11-01

by G-Tools

 7月29日の日曜日、JR巣鴨駅前のカフェにて「怪奇幻想読書倶楽部 第15回読書会」を開催しました。出席者は、主催者を含め14名でした。
 テーマは、第1部「課題図書 ジャック・フィニイ『ゲイルズバーグの春を愛す』(福島正実訳 ハヤカワ文庫FT)」、第2部「参加者が選ぶ!自分だけのベスト10」です。参加してくださった方には、お礼を申し上げたいと思います。

 それでは、当日の会の詳細について、ご報告したいと思います。

 今回も、参加者全員のプロフィールをまとめた紹介チラシを作りました。チラシをPDFにしたものを、メールにて事前に配信しています。

 第1部は、課題図書として、ジャック・フィニイ『ゲイルズバーグの春を愛す』(福島正実訳 ハヤカワ文庫FT)」をとり上げました。フィニィを初めて読むという人もいましたが、思っていたほどロマンティック一辺倒ではなく、現実的な要素やほろ苦さもある作品集だという意見が多かったように思います。
 一番人気があったのは、やはり「愛の手紙」。他に「大胆不敵な気球乗り」や「独房ファンタジア」なども人気がありました。

 第2部は「参加者が選ぶ!自分だけのベスト10」。それぞれ事前に参加者にベストを挙げていただき、それについて話していこうという企画です。テーマは自由で、ジャンル、ベストの数、海外作品か日本作品か、などについてもそれぞれの裁量に任せていたので、本当に様々なベストが集まった感じです。

 それでは、以下話題になったトピックの一部を紹介していきます。


●第1部「課題図書 ジャック・フィニイ『ゲイルズバーグの春を愛す』(福島正実訳 ハヤカワ文庫FT)」

・フィニィへのオマージュも入った時間SF小説、新城カズマ『サマー/タイム/トラベラー』の紹介。作中で紹介される、時間SFの分類軸が非常にユニーク。表紙絵の浴衣がハヤカワ文庫版の『ゲイルズバーグの春を愛す』になっているなど、小ネタも楽しい。

・『ゲイルズバーグの春を愛す』の表紙絵、内田善美のイラストの影響は非常に強いと思う。

・藤子不二雄A『憂夢』の紹介。フィニィへのオマージュがある。

・『盗まれた街』は、身近なものがすり替わる恐怖が感じられる。子供のころ、親が本物の親ではないのではないか、などと考えたことにも通じるものがある。

・『ふり出しに戻る』の前半の過去の街の描写は非常に細かい。作者が調べた資料が反映されているのだろうが、偏執的なほど。

・『時の旅人』について。『ふりだしに戻る』の続編だが、つじつまが合わないところがあったりと、完成度はそんなに高くない。

・長篇『マリオンの壁』について。女優の幽霊が夫婦の妻に憑依する話。フィニィにしては珍しく、過去より未来へのベクトルが強い?

・フィニィの本質は「第二のチャンス」。やり直したいという欲望が原動力ではないか。

・スティーヴン・キング「刑務所のリタ・ヘイワース」について。特定の箇所にずっと気がつかないのは不自然な気がする。

・フィニィは題材が「過去」なので古いイメージが強いが、小説技法的には非常にモダンな人だと思う。

・フィニィの短篇が発表された雑誌が男性読者がメインターゲットなので、その当時の男性が喜ぶタイプの話が多い?

・フィニィ作品では、個人の強烈な意思の力が現実を変えてしまう…という話が多い。似たようなテーマの作品では、小松左京「召集令状」がある。

・フィニィのミステリ・サスペンス作品について。大体どれも「ほろ苦さ」がある。超自然現象が起きなくても、フィニィ作品に共通する味わいがある。

・フィニィはいろんなジャンルの作品を書いていて、すごく器用な作家。

・『五人対賭博場』『クイーン・メリー号襲撃』について。どちらも計画を立てていく部分が面白い。『クイーン・メリー号襲撃』では主人公が計画実行の時点で嫌気が差してしまったりと、計画は空想のあいだの方が楽しい…という感が強い。

・レイ・ブラッドベリ「雷のような音」について。ささいなことから歴史が変わってしまうというタイムトラベルもの。

・フィニィは厳密にタイム・パラドックスやパラレルワールドについて書かないが、逆にそれをしてしまうと「個人の物語」ではなくなってしまうからかもしれない。

・タイムトラベルものは、未来に行くより過去に行くものの方が多い気がする。

・時代によって未来の描写も変わってくる。昔は交通機関などの要素が強かったが、現代は電脳空間的な要素が強い。

・フィニィ作品で過去への郷愁を持つ人物が多く登場するが、同じような考え方を持つ仲間を集めたりしようとしないところが気になる。あくまで個人的な話に終始することが多い。

・フィニィ作品が、SF系の人だった福島正実による翻訳が多いせいもあるのだろうが、日本のSF作家たちに与えた影響が大きいのではないか。

・日本SFの理論派だった福島正実が、フィニィ作品やハインライン『夏への扉』など、ロマンティックな作品の紹介者でもあったことは面白い。

・アメリカ人は歴史が浅い分、近い歴史に対する重いが強い? 自分の先祖ではない古い家族写真などを集める人がいると聞くが、それもその例証かもしれない。


■「ゲイルズバーグの春を愛す」
 イリノイ州ゲイルズバーグで起こる不思議な事件を、ドキュメンタリータッチで描いた作品。古き良き街で頻発する不思議な現象の目的は一体何なのか?

・アイディアが面白い。
・「失踪人名簿」(『レベル3』収録)とも印象が似ている。
・一見「過去」を守ろうとするいい話に見えるが、作中で起こる現象がずっと続くのだとするとちょっと怖い話である気もする。内容は違うが『盗まれた街』とも通じるところがある?
・同じアイディアでスティーヴン・キングが書いたら面白そう。
・「過去」と「現在」とのせめぎあいで、抵抗してはいるけれど「過去」は少しづつ負けていく…という話だと思う。


■「悪の魔力」
 街歩きが趣味の「ぼく」はある日、マジック・ショップで入荷したばかりという不思議な眼鏡を手に入れる。それをかけると女性の服が透けて見える。同じく街歩きが趣味の同僚フリーダをその眼鏡で覗いた「ぼく」は驚くが…。

・道具屋に納品をしている男は「悪魔」?
・この手の話では魔法の道具の使用に対する代償を要求されることが多いが、この作品ではそれがない。
・フリーダのキャラクターは、当時の時代を考えると先進的な女性像だと思う。
・男性に都合のいい展開?


■「クルーエット夫妻の家」
 富裕なクルーエット夫妻が過去の家の図面に魅せられたことから、その過去の様式で家を建てるという物語。実業家であり非常に現実的であった夫妻が、家の影響でだんだんと外界との接触をなくしていく。

・結末はホラーチック。
・描かれないが、配管や水周りが気になる。日常生活の描写がないのがポイント。
・雰囲気的には家ごと過去に行ってしまいそうな感じがするが、最後まで明確な超自然現象が起きないのもポイントか。
・家の「幽霊」? クルーエット夫妻の次に住む住人は家に憑かれてしまうのではないか。ジャクスン『丘の屋敷』にも通じるものがある。


■「おい、こっちをむけ!」
 作家マックス・キンジェリーは、才能豊かながら経済的にも恵まれず不遇な日々を送っていた。彼の友人になった「わたし」は妻ともども、彼の面倒をいろいろと見てやっていたが、マックスは流行性感冒であっさりと死んでします。彼の死後半年して「わたし」は、街中でマックスの「幽霊」を見かける。マックスは何のために現れたのか…?

・フィニィの自画像が反映されている?
・結末の解釈の難しさ。幽霊になったマックスが伝えたかったものは? つけを払ってもらえたかっただけ?
・幽霊になったのは、作品を再び書きたいため?
・自分の名前を残したいという欲望が描かれている。
・長篇『マリオンの壁』との共通点。道半ばで死んでしまった芸術家の執念。


■「もう一人の大統領候補」
 語り手の「私」は友人チャーリイを大統領候補になってもおかしくないと男だと断言する。チャーリイの少年時代のエピソードの中でも最大の事件は、脱走した虎に催眠術をかけるというものだった…。

・あんまりフィニィっぽくない作品?
・作中の少年は「ハックルベリー・フィン」を思わせる。ホラ話風?
・連作のはじめっぽい雰囲気がある。いくつものエピソードが続くようなイメージ。
・思い出話と見せかけて「演説原稿」というのがポイント。


■「独房ファンタジア」
 死刑執行が近づいた若いメキシコ人の死刑囚ペレスは、絵を描くための道具と、独房の壁に壁画を描きたいという請願書を典獄に提出していた。ペレスはさっそく壁に絵を描き始めるが、時間が経つにつれ、その絵がドアを描いたものだということが判明する。

・フィニィ作品のイメージから、壁に描かれるドアから脱出する光景を想像してしまう。
・ホラー好きとしては、ドアから逆に何かが出てくると思った。
・壁のドアから見える女性は奥さん?
・現象は一回限りの奇跡なのか、それともペレスが持っていた能力なのか?
・絵を描く行為そのものによって、現実が変容する話。
・もしかしたら、家にいる奥さんの側からもペレスが見えていたのではないか?そうすると、ペレスの行為は自分が見たいというより、相手に見せたいという意思の方が強いという解釈もできる。
・典獄が不安を抱きつつ、絵を描く行為を黙認するのが、雰囲気を高めている。


■「時に境界なし」
 物理学の助教授ウェイガンは警察のイリーン警部に呼び出される。捜査の手伝いをしてほしいというイリーンはいくつかの事件を語り始める。どの事件でも、容疑者は消えたきり行方が杳として知れない。彼らは「過去」へ逃亡したのではないか…。

・警部自身を語り手にしないところが上手い。他の作品でも当事者からずらしたキャラクターを語り手に設定することが多いように思う。警部自身を語り手にすると「感じが悪い」というのもあるかも。
・警部が歴史を変えてしまう…という可能性が高いのだが、そこらへんがぼかされている。
・過去へ行った人が自分の存在を知らせるために、未来に対して報告するところが律儀。


■「大胆不敵な気球乗り」
 チャーリイは妻子が留守の間、ふと空を飛びたいという衝動にかられる。百科事典の気球の項目を読み、さっそく気球を自作し完成にこぎつけたチャーリイは、夜になるのを待って気球で空に上がる。
 飛行している姿を、近所に住むレニダス夫人に目撃されたチャーリイは、次の夜、彼女から一緒に気球に乗せてほしいと懇願される。やがて二人は、気球で夜の冒険に出かけることになるが…。

・ブラッドベリっぽい雰囲気がある。ロマンチックなおとぎ話。
・恋愛に発展しないところがポイント。二人の仲が「同士」に近い。
・作中に使われる歌が良い。You tubeで実際に聞ける。『タイタニック』の甲板で演奏されていたのと同じ曲らしい。
・レニダス夫人のストッキングの色が気になる。フェティッシュな面を感じる。夫人がサーカスの空中ブランコ乗りでも演じているような心境を表わしている?


■「コイン・コレクション」
 結婚して四年になる「私」は、妻マリオンへの態度が原因で彼女を怒らせてしまう。ある日「私」はズボンのポケットに、見たことのない十セント銀貨が紛れ込んでいるのに気がつく。その銀貨で新聞を買った「私」は別世界に来てしまう。その世界の自宅で「私」を出迎えたのは妻である「ヴェラ」だった…。

・コインで別世界に行ける話。ガジェットとしては魅力的。
・男性にとって都合がいい話? 長篇版『夢の10セント銀貨』はさらに都合が良くなっている。
・第二の世界だけでなく、他の世界にも行ける可能性を示唆している。
・ニューススタンドがきっかけなのは、いろんな世界のコインが混ざってくるから?
・リチャード・マシスンの『ある日どこかで』でコインが出てくるのは、この作品の影響?

※長篇『夢の10セント銀貨』
・女性に対する扱いが雑な気がする。
・元妻に執着するようになって以降、現妻がほとんど描かれなくなってしまう。
・パラレルワールドに転移しているということは、別世界の自分も別の世界に移行しているのではないか? そのあたりの設定は厳密でない。
・パラレルワールドの描写は楽しい。商品の名前が違っていたり、実在の俳優が一般人として登場したりする。


■「愛の手紙」
 「ぼく」は、古道具屋で時代ものの机を手に入れる。机は取り壊し中のヴィクトリア朝風の大きな邸から出たもので、三段の小抽斗がついていた。ある夜抽斗を触っていた「ぼく」は、奥に隠し抽斗があることに気付く。
 抽斗に隠されていたのは手紙だった。ヘレンという結婚間近の娘が、空想上の恋人に向かって書いた手紙らしい。ふと手紙に返事を書くことを思いついた「ぼく」は、返事をしたためると、当時の切手を貼り、古い郵便局のポストに投函する。
 その後二番目の隠し抽斗に隠されていた古びた手紙を見て「ぼく」は驚く。自分が出した手紙に対し、1880年代にいるはずのヘレンの返事が入っていたのだ…。

・三通しか手紙をやり取りできないという設定が秀逸。
・一通の手紙で人生を変えられてしまった女性は幸福だったのか?
・当時の女性として、ヘレンに対する結婚への圧力があったのではないか?
・ヘレンの家は、兄が跡継ぎ、家もそれなりの資産家らしいという描写があるので、独身でも生きることができた?
・ヘレンは、若死にではなく長生きしている。その時間の経過を考えると、切なさを感じる。若死しているという話であれば美しい話になったろうが、そうしないところが名作たる所以。
・ヘレンは結婚相手がよっぽと嫌だったのか? もしかしたら語り手の手紙が結婚したくないという意志を後押ししてくれたのかもしれない。
・手紙の相手は語り手でなくても良かった?
・福島正実訳では重要なところで訳に問題がある部分がある。


●第2部「参加者が選ぶ!自分だけのベスト10」

 内容を全て取り上げると膨大になってしまうので、当日挙げられた、参加者それぞれのリストを紹介する形で代えさせてもらいたいと思います。

■ユーモア幻想小説ベスト10
ジョン・コリア「恋人たちの夜」
クロード・クロッツ『パリ吸血鬼
アルベルト・モラヴィア「夢に生きる島」
マイクル・Z・リューイン『神さまがぼやく夜』
アルジャーノン・ブラックウッド『人間和声』
トニー・デュヴェール『小鳥の園芸師』
H・F・セイント『透明人間の告白』
マルセル・エーメ「サビーヌたち」
アンリ・トロワイヤ「恋のカメレオン」
ジョン・ケンドリック・バングズ「ハロウビー館のぬれごと」

■海外SF・幻想文学短編集ベスト
ヒュー・ウォルポール「銀の仮面」
イタロ・カルヴィーノ「レ・コスミコミケ」
トルーマン・カポーティ「夜の樹」
レオ・ぺルッツ「アンチクリストの誕生」
ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」
トマス・M・ディッシュ「アジアの岸辺」
サミュエル・R・ディレイニー「ドリフトグラス」
ジーン・ウルフ「デス博士の島その他の物語」
バリントン・J・ベイリー「シティ5 からの脱出」
コードウェイナー・スミス「シェイヨルという名の星」

■日本SF・幻想系短編集ベスト
山尾悠子「夢の棲む街」
荒巻義雄「柔らかい時計」
石川宗生「半分世界」
津原泰水「11 eleven」
水見稜「マインド・イーター」
山野浩一「鳥はいまどこを飛ぶか」
飛浩隆「自生の夢」
伊藤計劃「The Indiff erence Engine」
瀬名秀明「希望」
宮内悠介「盤上の夜」

■超絶SF短編(よくわからないところがあるけどとにかく凄いと思わせる作品)
デイヴィッド・I・マッスン「旅人の憩い」
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「愛はさだめ、さだめは死」
テッド・チャン「息吹」
グレッグ・イーガン「ルミナス」
スタニスワフ・レム「仮面」
ハーラン・エリスン「世界の中心で愛を叫んだけもの」
シオドア・スタージョン「海を失った男」
荒巻義雄「大いなる正午」
石原藤夫「宇宙船オロモルフ号の冒険」
酉島伝法「皆勤の徒」

■びっくりした小説(主にミステリ中心)
T・S・ストリブリング「カリブ諸島の手がかり」
ビル・プロンジーニ&バリー・N・マルツバーグ「嘲笑う闇夜」
ダニー・Z・ダニエレブスキー「紙葉の家」
フェルディナント・フォン・シーラッハ「犯罪」
マイクル・ビショップ「誰がスティーヴ・クライを造ったか」
殊能将之「ハサミ男」
島田荘司「斜め屋敷の犯罪」
円城塔「パリンプセストあるいは重ね書きされた八つの物語」(年刊日本SF 傑作選『虚構機関』収録)
麻耶雄嵩「神様ゲーム」
法月綸太郎「ノックス・マシン」

■家に関する短篇ベスト10
1.ブライアン・エヴンソン「ウインドアイ」
2.スティーヴン・ミルハウザー「屋根裏部屋」
3.カリール・ジブラン「柘榴」
4.トーマス・マン「衣裳戸棚」
5.リサ・タトル「クローゼットの夢」
6.マグナス・ミルズ「からっぽの家」
7.トーマス・オーウェン「売り別荘」
8.アルベルト・モラヴィア「二重生活」
9.ウォルター・デ・ラ・メア「謎」
10.フィッツ= ジェイムズ・オブライエン「なくした部屋」

■繰り返し読みたい短編小説(or シリーズ) ベスト10
1.ピーター・トレメイン『アイルランド幻想』 or こちらは光文社文庫からですが、光文社古典新訳文庫の数冊を含む(ブラックウッドやマッケン、コッパード、ブッツァーティ、コルタサルなどの短編集)
2.ロバート・ブロック『血は冷たく流れる』 or 異色作家短編集all
3.デヴィット・イーリイ『ヨットクラブ』 or 晶文社ミステリの中の数冊
4.ロバート・トゥーイ『物しか書けなかった物書き』 or KAWADE MYSTERY 3 長編を除く10 冊
5.リチャード・ミドルトン『幽霊船』 or 魔法の本棚 all
6.オーガスト・ダーレス『ジョージおじさん~十七人の奇怪な人々』 or ナイトランド叢書 10冊程
7.ウイリアム・トレヴァー『聖母の贈り物』 or 短編小説の快楽all
8.ヒュー・ウォルポール『銀の仮面』 or ミステリーの本棚 の中の2冊
9.エドモンド・ハミルトン『フェッセンデンの宇宙』 or 奇想コレクションall
10.C・L ムーア『シャンブロウ』 or ダークファンタジー・コレクション の中の6冊程

■読んでみたら期待以上に面白かった長編小説ベスト10
1.アルベール・サンチェス・ビニョル『冷たい肌』
2.ジョゼ・サラマーゴ『白の闇』
3.ロバート・ブロック『ザ・スカーフ』
4.ニコール・クラウス『ヒストリー・オブ・ラブ』
5.スーザン・ヴリーランド『ヒヤシンスブルーの少女』
6.ドナルド・タイスン『アルハザード(上下2冊)』
7.ロード・ダンセイニ『エルフランドの王女』
8.J・R・R・トールキン『ホビットの冒険~指輪物語(全10冊)』
9.C・S・ルイス『ナルニア国物語(全7 冊)』
10.アーシュラ・K・ル・グウィン『ゲド戦記(全6冊)』

■特にファンという意識なく集まってしまった女性探偵シリーズものベスト
スー・グラフトン《キンジー・ミルホーン》『アリバイのA』~『ロマンスのR』までの中の10冊ちょっと 
サラ・パレッキー《V・I ウォーショースキー》『サマータイムブルーズ』~『ハードタイム』まで中の6冊
パトリシア・コーンウェル《ケイ・スカーペッタ》『検視官』~初期のシリーズで6冊
アレグザンダー・マコーレ・スミス《マ・ラモツエ》『№ 1 レディーズ探偵社』の計4 冊
ジャネット・イヴァノビッチ《ステファニー・ミルズ》『私が愛したリボルバー』~の4 冊
ローラ・ダラム《アナベル》『ウエディングプランナーは眠れない』計3冊
アリス・キンバリ《ペネロピー》『幽霊探偵からのメッセージ』計3冊
C・C・ベニスン《ジェインビー》『バッキンガム宮殿の殺人』計3冊
ジル・チャーチル《ジェーン》『ゴミと罰』と『死の拙文』の2冊
P・D・ジェイムズ《コーネリア・グレイ》『女には向かない職業』計2冊

■ハヤカワ文庫SFの10冊(順不同)
コニー・ウィリス『ドゥームズデイ・ブック』
グレッグ・イーガン『ディアスポラ』
ジョン・ヴァーリィ『残像』
シオドア・スタージョン『人間以上』
アルカジイ・ストルガツキ ー/ボリス・ストルガツキー『ストーカー』
テッド・チャン『あなたの人生の物語』
J・ティプトリー・ジュニア『星々の荒野から』
チャイナ・ミエヴィル『都市と都市』
アーシュラ・K・ル=グウィン『闇の左手』
アレクセイ・パンシン『成長の儀式』

■好きなSF小説ベスト10
バリントン・J・ベイリー『ゴッドガン』
グレッグ・イーガン『ディアスポラ』
アーサー・C・クラーク『幼年期の終わり』
ピーター・トライアス『メカ・サムライ・エンパイア』
アルフレッド・ベスター『ゴーレム100』
ロバート・L・フォワード『竜の卵』
H・G・ウェルズ『タイムマシン』
ケン・リュウ『母の記憶に』
ジェイムズ・ティプトリー・Jr『愛はさだめ、さだめは死』
ウラジーミル・ソローキン『テルリア』
番外:ハーラン・エリスン『火の鳥』

■ジャック・ケッチャム ベスト10
1.『オフシーズン』グロ度★★★
2.『オンリーチャイルド』グロ度★★
3.「川を渡って」(中編集『閉店時間』収録)グロ度★★★
4.『老人と犬』グロ度★
5.『森の惨劇』グロ度★★★
6.「閉店時間」(中編集『閉店時間』収録)グロ度★
7.『隣の家の少女』グロ度★★
8.「ヒッチハイク」(中編集『閉店時間』収録)グロ度★★
9.『黒い夏』グロ度★★
10.『ザ・ウーマン』グロ度★★★

■ゴシック叢書プラス
海外篇 全10巻13冊
トルーマン・カポーティ/ カーソン・マッカラーズ「遠い声遠い部屋/ 悲しき酒場の唄」マルキ・ド・サド「悪徳の栄え」(Ⅰ、Ⅱ)
ジュリアン・グラッグ/ ジョルジュ・ローデンバック「アルゴールの城にて/ 死都ブリュージュ」
シャーリイ・ジャクスン「丘の屋敷」
スティーヴ・エリクソン「彷徨う日々」
ガルシア・マルケス「百年の孤独」
ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」(Ⅰ、Ⅱ)
デュ・モーリア「レベッカ」
マーヴィン・ピーク「タイタス・グローン」
短編集(Ⅰ、Ⅱ)
 シャーロット・パーキンス・ギルマン「黄色い壁紙」
 ウィリアム・フォークナー「エミリーに薔薇を」
 カルロス・フェンテス「アウラ」
 アンナ・カヴァン「母斑」
 コルタサル「占拠された屋敷」
 エッサ・デ・ケイロース「縛り首の丘」
 M・R・ジェイムズ「秦皮の樹」
 マルキ・ド・サド「ロドリグあるいは呪縛の塔」
 デュ・モーリア「モンテ・ヴェリタ」
 ヴァージニア・ウルフ「憑かれた家」
 エリザベス・ボウエン「猫は跳ぶ」
 イサク・ディネセン「ノルデルナイの大洪水」
 アンデルセン「赤い靴」
 アンリ・ボスコ「シルヴィス」

日本篇 全10巻
夢野久作「ドグラ・マグラ」
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
江戸川乱歩「孤島の鬼」
山尾悠子「ラピスラズリ」
澁澤龍彦「高丘親王航海記」
中井英夫「虚無への供物」
桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」
小野不由美「残穢」
野阿梓「凶天使」
短編集
 上田秋成 雨月物語より「浅茅ケ宿」「蛇性の婬」
 筒井康隆「遠い座敷」
 星新一「門のある家」
 野坂昭如「骨餓身峠死人葛」
 平井呈一「真夜中の檻」
 小川未明「赤い蝋燭と人魚」
 小川未明「火を点ず」
 小松左京「くだんのはは」
 半村良「箪笥」
 内田百閒「サラサーテの盤」
 吉村昭「少女架刑」

※「ゴシック叢書プラス」に関しては、shigeyukiさんのブログにも公開されていますので、詳細はそちらもご参照ください。
漂着の浜辺から

■海外文学ベスト10
アンナ・カヴァン『アサイラム・ピース』
マルセル・ブリヨン『砂の都』
ロレンス・ダレル『アレクサンドリア四重奏』
パスカル・キニャール『アマリアの別荘』
クロード・シモン『三枚つづきの絵』
イスマイル・カダレ『砕かれた四月』
ダニロ・キシュ『砂時計』
パオロ・ジョルダーノ『素数たちの孤独』
ウィリアム・ギャディス 『カーペンターズ・ゴシック』
ヴォルフガング・ヒルビヒ『私』

■復刊してうれしかったリスト
「37 の短篇」
「異色作家短編集」
「殺人者と恐喝者」(カーター・ディクスン)
マクロイ「殺す者と殺される者」「暗い鏡の中に」「幽霊の2/3」
デュ・モーリア「レイチェル」(「愛と死の記録」)

■恋愛に主眼を置いたミステリ
クリスティ「パーカー・パインの事件簿」
クリスティ「ナイル殺人事件」
ディクスン・カー「眠れるスフィンクス」
※番外編 ポピー・Z・ブライト「絢爛たる屍」

■ミステリの内容よりも主人公の人生が気になる
ジェーン・デンティンガー「別れのシナリオ」の「ジョスリン」シリーズ(3冊)
デヴィット・ハンドラーの「ホーギー」シリーズ
ドロシー・キャネル「未亡人クラブ」の「エリー」シリーズ(早川)
マーサ・グライムズ「パブ」シリーズ
エリザベス・ジョージの「リンリー」シリーズ
ハイスミス「リプリー」シリーズ

■自分だけのベスト10(2018夏)
1.『レベッカ』(新潮文庫)
2.『モレルの発明』(水声社)
3.『ドン・キホーテ後編(一)』(岩波文庫)
4.『火の書』(国書刊行会)
5.『火刑法廷』(ハヤカワ文庫)
6.『こちらゆかいな窓ふき会社』(評論社)R・ダール
7.『それから』(岩波文庫)
8.『宇宙戦争』(ハヤカワ文庫)
8.『定本 映画術』(晶文社)ヒッチコック、トリュフォー
10.『錯乱のニューヨーク』(ちくま学芸文庫)

■本棚にあった荒俣宏ベスト
1.『決戦下のユートピア』
2.『開化国助っ人奮戦記』(小学館ライブラリー)
3.『パラノイア想像史』(ちくま文庫)
4.『大東亞科學綺譚』(ちくま文庫)
5.『広告図像の伝説』(平凡社ライブラリー)
6.『奇想の二十世紀』(NHKライブラリー)
7.『アラマタ図像館5エジプト』(小学館文庫)
8.『黄金伝説』(集英社)

■思い出に残る怖い話10
「石子詰めの三作」(奈良の昔話)
ゴーゴリ「ヴィイ」
上田秋成「吉備津の釜」(『雨月物語』)
レイ・ブラッドベリ「十月のゲーム」(『とうに夜半を過ぎて』)
シャーリイ・ジャクスン「くじ」
スタンリイ・エリン「特別料理」
ラフカディオ・ハーン「鳥取の布団」
田中貢太郎「竃の中の顔」
「柏槙(びゃくしん)の話」(『グリム童話』)
スティーヴン・キング「ミスト」

■オールタイムベスト海外編
1.ロバート・F・ヤング『時が新しかったころ』
2.アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ『星の王子さま』
3.ジョー・ウォルトン『図書室の魔法』
4.ジャック・フィニイ『ゲイルズバーグの春を愛す』
5.シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』
6.フレドリック・ブラウン『天の光はすべて星』
7.アンディ・ウィアー『火星の人』
8.エレノア・ホジマン・ポーター『少女パレアナ』
9.トム・ゴドウィン他『冷たい方程式』
10.ニール・シャスタマン『僕には世界がふたつある』

■「動物」テーマのホラー(極私的)ベスト10
1.スティ-ブ・オルテン「メガロドン」
2.吉村昭「羆嵐(くまあらし)」
3.エドガー・アラン・ポー「黒猫」
4.篠田節子「神鳥 -イビス-」
5.ダフネ・デュ・モーリア「鳥」
6.西村寿行「滅びの笛/滅びの宴」
7.スティーヴン・キング「魔性の猫」
8.ショーン・ハトスン「スラッグス」
9.ジェームズ・ハーバート「鼠」
10.ピーター・ベンチリー「ビースト」

その他、
パトリシア・ハイスミス「すっぽん」
サキ「スレドニ・ヴァシュター」


「第16回読書会」は、8月26日(日)に開催予定です。テーマは、

第一部:スティーヴンスンの怪奇と冒険
課題図書
ロバート・ルイス・スティーヴンスン『新アラビア夜話』(南條竹則/坂本あおい訳 光文社古典新訳文庫)
ロバート・ルイス・スティーヴンスン『マーカイム・壜の小鬼 他五篇』(高松雄一/高松禎子訳 岩波文庫)

第二部:〈奇妙な味〉について考える

詳細は後日あらためて公開したいと思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

昨日はありがとうございました。
早速のまとめ、ご苦労さまでした。

今日の帰り、書店で大森さん訳の「机の中のラブレター」が掲載されている「不思議の扉」で、きちんと訳し分けていることを確認しました。読者の想定年齢が若めのせいか、全体的に易しい感じになってましたね。あの部分で、かなり印象が変わりますから、もしかしたら大森さんは、この部分をどうしても訂正したくて、あの本に収録したのかもしれませんね。

あと、昨日別の人が話していたのでつい言い忘れたのですが、「独房のファンタジア」、あれは多分、本当に絵が家に通じていたのだと思います。で、その気になればあの扉から家に帰ることもできた。だけど、その直前に濡れ衣が発覚して恩赦が下ったので、脱獄囚にならないで済んだ、ということだと思います。だから、最後のシーンで扉の向こうに彼の家が見えたんです。つまり、使われなかったどこでもドア、というわけですね。
【2018/07/30 19:51】 URL | shigeyuki #- [ 編集]

>shigeyukiさん
昨日は、遅くまでおつきあいいだき、ありがとうございます。

なるほど、「愛の手紙」新訳版では、ちゃんと直ってるんですね。確かに微妙なニュアンスが感じられる部分ではあったので、重要なところかもしれません。

「独房ファンタジア」、実際に出れるタイプのドアという解釈ですね。考えたら、あの作品の主人公は、終始落ち着いているんですよね。自分が恩赦されることがわかっていた…というような解釈ができそうな気もします。
【2018/07/30 20:04】 URL | kazuou #- [ 編集]


昨日はありがとうございました。
翻訳の「時制」という事を知り、確かにそれであれば「結果としてヘレンは独身を通した」のかと
ちょっとだけ、ヘレンのために安心しました。

あと、おちゃらけで考えましたが、「あの手紙と写真」は「僕」あてではなく。
100年くらい前に、あの引き出しに隠されていたのが、(ヘレンのラブレター)、たまたま、「僕が買っていじくりました」ために、手紙が落ちてきちゃった。というマジック系のおちを思いついてしまい。
フィニィファンに殺されるんじゃないかとおもっております。
【2018/07/30 20:16】 URL | iku #- [ 編集]

フィニィの多面的な魅力
フィニィ作品が甘くノスタルディックなだけでは無い事が分かり勉強になりました。
第二部のベスト10に選出された作品、SFが多くて嬉しい!未読の作品を読みたくなります。
いつも読書会の概要を分かり易く作品へのリスペクトを込めてアップして下さるので参加不可能な身には大変ありがたいです。
【2018/07/30 20:58】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>ikuさん
ご参加ありがとうございました。

翻訳で問題になっているのは、結構重要な箇所かもしれないですね。
新訳版は、僕も近く調べてみたいと思います。

手紙が語り手宛じゃなかった…というのは、斬新な解釈ですね…。さすがにファンは怒るかも。ダールとかコリアならやりそうな気もしますが。
【2018/07/30 21:09】 URL | kazuou #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
フィニィにも、結構ビターな作品があるんですよね。長篇だと、何の心配もないハッピーエンドというのはほとんどないし、短篇でもそれは同様です。そこがまた魅力でもあるのですが。

ベスト企画は、参加者にSFファンが多かった、というのもありますね。一人で複数挙げてくれた人もいたので、結構な数のベストになりました。テーマ不定というのが幸いして、なかなかバラエティ豊かになったと思います。
【2018/07/30 21:16】 URL | kazuou #- [ 編集]


昨日はありがとうございました&遅くまでお疲れさまでした。
早速のレポートUp、いつもながらお見事です。

前々回のグラビンスキに今回のフィニィと、ここでテーマに上がらなかったら
恐らく手が伸びなかったであろう本なので、新鮮な読書体験をさせていただいています。
「夢の10セント硬貨」もですが、「レベル3」も手を出してみようかと思えてきました。

でもその前に、まずはスティーヴンソンですね(^_^;

ikuさんの解釈、サキもやりかねないと思います……。
あぁ、やっぱり自分はひねくれ者だわ。
【2018/07/30 21:53】 URL | るね #n4S5OeYg [ 編集]

>るねさん
今回もご参加ありがとうございました。

よい機会だったといってもらえると嬉しいです。僕個人も、今回フィニィの未読作品を読めたということもあり、いい収穫になったと思います。
フィニィは、『レベル3』の方が『ゲイルズバーグ』よりも異色度は高いと思うので、るねさん的にはこちらの方が楽しめるかもしれません。

ikuさんの解釈で書かれた話は、これはこれで面白そうですけどね…。


【2018/07/30 22:56】 URL | kazuou #- [ 編集]

ありがとうございました。
いつもながら早いまとめ、感服します。今回もご準備・司会ありがとうございました。ベスト選びも皆さんのが並ぶとなかなか壮観なものがありますね!いやいやこれは興味深い作品がまたどっさり増えてしまい・・(笑)
【2018/07/31 00:20】 URL | さあのうず #- [ 編集]

>さあのうずさん
今回もご参加ありがとうございました。

皆さんのベスト、全くノーマークの分野の作品だったりするものがあったりして、関心を広げるのにはいい機会ですよね。僕も日本作品は弱いので、そのあたりも参考になりました。
【2018/07/31 06:42】 URL | kazuou #- [ 編集]


ああ、なんて楽しそうな。私はすっかりご無沙汰ですが、いずれ巻き返したいので、
ぜひがんばって続けてください。

ちなみにベストテン、ミステリ系を出してくれた人がいたのは嬉しいですね。
動物テーマもいいです。個人的には『スクワーム』とか入れてほしかったかも(笑)。

私だったら文学との境界線ミステリとか誤った日本観の海外ミステリでベストテン組んでみたいです。
ではでは。
【2018/07/31 23:26】 URL | sugata #8Y4d93Uo [ 編集]

>sugataさん
ミステリ系のベストを出してくれた人も何人かいましたね。ふだん馴染みのないジャンルの話は参考になります。

動物テーマは、もうちょっと話したいところだったのですが、時間が迫ってしまって、あんまり話せませんでした。違った形になるかもしれませんが、またベスト企画はやりたいと思います。

またご都合がつくときにでも、おいでください。
【2018/08/01 18:56】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/819-4a59dc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。
twitterアカウントは@kimyonasekai



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する