FC2ブログ
非情なる運命  モーリス・ルヴェル『ルヴェル新発見傑作集 仮面』
55dd8a006ebd41b7401493400259618f.jpg
 モーリス・ルヴェル(1875-1926)は、残酷譚で知られるフランスの短篇作家。20世紀初頭には日本にも短篇が翻訳紹介され、江戸川乱歩を初めとした探偵作家たちにも人気がありました。
 『ルヴェル新発見傑作集 仮面』(中川潤訳 エニグマティカ叢書)は、そんなルヴェルの未紹介短篇を集めた作品集です。

 夫の死後、遺言書の内容を知り、妻の愛人が心変わりするという「足枷」、医者の男が愛人の夫を治療することになるという「視線」、友人の妻が狂気に陥ったことを知るというポオ風の「伴侶」 、列車事故で顔を押しつぶされてしまった瀕死の男を描く「変わり果てた顔」、ギャンブル狂の男が生家で体験する奇談「鏡」、仮面舞踏会で出会った奇怪な仮面の女を描く 「仮面」、徴兵された孫の手紙を読むために文盲の祖母が文字を習うという「最後の授業」、海岸沿いに建てられた古い屋敷で起こる会現象を描いた「誰が呼んでいる?」の8篇を収録しています。

 ルヴェル作品では、人間の「悪意」や「残酷さ」、または「運命の残酷さ」が描かれます。意図的に人間が人間に対して悪意を施すこともあれば、正直に生きる人間が運命の手によって残酷な目に合うこともあります。共通するのは悲劇的な結末なのですが、読後感が意外に悪くないのは不思議です。

 どれも面白く読んだのですが、お気に入りは「足枷」「変わり果てた顔」「仮面」でしょうか。
 「足枷」は妻とその愛人の関係が、夫が残した遺言書によって二転三転するという、上質なミステリ劇になっています。どちらを選んでも不幸になるというリドル・ストーリー的な結末も良いですね。
 「変わり果てた顔」では、列車事故で顔をめちゃくちゃにされ死を待つばかりの男が、結婚直前の婚約者を待ち続けるという掌編。男は、婚約者に会いたいという思いと、どうせ死んでしまう自分の醜い顔を見せたくないという思いに引き裂かれます。短い作品ながら、とてもドラマ性に満ちた作品です。
 「仮面」では、舞踏会上で出会った奇怪な仮面をつけた女性と一夜を共にした男が、女性の正体を知るというショッキングな作品。グロテスクながら鮮やかなイメージの作品です。

 解説にも、いろいろ興味深い新情報が載っています。ルヴェルの短篇は300篇以上あるらしく、未訳の作品がまだまだあるそうです。また、本国フランスでも再評価の機運があることなどが語られています。
 驚いたのは、ルヴェルの母親がマルセル・シュオッブの母親の妹であったということ。つまり、ルヴェルとシュオッブは従兄弟だというのですね。これは知りませんでした。
 今回の作品集は、訳文もこなれており、非常に上質な作品集です。続刊の予定もあるそうで、楽しみに待ちたいと思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
面白そうですね。
モーリス ルヴェルは以前、アンソロジー「嫌な物語」で確か「フェリシテ」というのを読んだと思います。短いので全文書き写しました。今回、kazuouさんの紹介のアンソロジーも読みたくて、ネットで探しましたがないですね。気長に探します。
【2018/07/19 19:15】 URL | ひとみ #- [ 編集]

> ひとみさん
ルヴェルは、残酷な話が多いのですが、時折しみじみと感情に訴える作品もあったりして、味わいのある面白い作家です。
この記事で取り上げている作品集は、私家版なので、ちょっと入手は難しいかもしれません。興味を持たれたようでしたら、以前に創元推理文庫から出た短篇集『夜鳥』をお薦めしておきたいと思います。
【2018/07/19 19:31】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/815-626fe3c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。
twitterアカウントは@kimyonasekai



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する