FC2ブログ
2月の気になる新刊
2月6日刊 シッゲ・エクランド『迷路の少女』(ハヤカワ文庫NV 予価1296円)
2月6日刊 エラン・マスタイ『時空のゆりかご』(ハヤカワ文庫SF 予価1188円)
2月7日刊 尾之上浩司編『ゴースト・ハンターズ完全読本 怪異を追う者たち『事件記者コルチャック』から『死霊館』まで』(洋泉社 予価2160円)
2月9日刊 長山靖生編『丘の上 豊島与志雄 メランコリー幻想集』(彩流社 予価2592円)
2月10日刊 山白朝子『私の頭が正常であったなら』(角川書店 予価1620円)
2月19日刊 イサベル・アジェンデ『日本人の恋びと』(河出書房新社 予価3024円)
2月20日刊 ケン・リュウ編『現代中国SFアンソロジー 折りたたみ北京』(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 予価2052円)
2月20日刊 トマス・ペリー『アベルVSホイト』(ハヤカワ文庫NV 予価994円)
2月21日刊 ピーター・スワンソン『そしてミランダを殺す』(創元推理文庫 予価1188円)
2月21日刊 日下三蔵編 小泉喜美子『月下の蘭/殺人はちょっと面倒』(創元推理文庫 予価1404円)
2月23日刊 岡本綺堂『異妖新篇 岡本綺堂読物集六』(中公文庫 予価799円)
2月26日刊 森瀬繚『All Over クトゥルー クトゥルー神話作品大全』(三才ブックス 予価2480円)
2月28日刊 西崎憲『蕃東国年代記』(創元推理文庫 予価756円)
2月予定 中野善夫訳『夢のウラド F・マクラウド/W・シャープ幻想小説集』(国書刊行会)

 エラン・マスタイ『時空のゆりかご』は時間ものSF作品だそう。「めざすは1965年!? 自分の時間旅行が原因で世界を変えてしまった男の獅子奮迅の活躍をユーモラスに描いた時間テーマSFの傑作!」。

 『現代中国SFアンソロジー 折りたたみ北京』は、ケン・リュウが選んだ中国SFのアンソロジーだそうで、これは面白そうです。

 最近、小泉喜美子作品の復刊が相次いでいますね。『月下の蘭/殺人はちょっと面倒』は、短篇集二冊の合本です。特に『月下の蘭』は、花・星・蟲・鳥を題材とした短編を収める幻想的な作品集でお勧めです。

 あと、具体的な刊行日はまだ出ていませんが、中野善夫訳『夢のウラド F・マクラウド/W・シャープ幻想小説集』(国書刊行会)が2月刊行予定だそうです。
 (2018年2月4日追記)国書刊行会のサイトに詳細情報が出ていましたので、転載しておきたいと思います。

フィオナ・マクラウド/ウィリアム・シャープ『夢のウラド F・マクラウド/W・シャープ幻想小説集』(中野善夫訳 予価4,968円)
死後に同一人物であることが明かされた二人の作家、フィオナ・マクラウドとウィリアム・シャープ。尾崎翠が思慕し三島由紀夫が讃美した、稀有な魂をもつ作家の作品を初めてひとつに集成する。いま百年の時を経て瑞々しく甦るスコットランドの幻想小説集。
「毎朝こんなふうに世界の美しさに向かって帽子を取ることにしている」
蘇生するケルトの息吹、悲哀と慈愛のロマンス、哲学的な思索の旅……神秘のヴェールに包まれた伝説の作家の知られざる名作幻想小説20篇。

目次
●フィオナ・マクラウド
鳥たちの祝祭
夢のウラド
アンガス・オーグの目覚め
暗く名もなき者
聖別された男
島々の聖ブリージ
射手
最後の晩餐
ルーエルの丘
聖なる冒険
風と沈黙と愛

●ウィリアム・シャープ
ジプシーのキリスト
ホセアの貴婦人
彫像
フレーケン・ベルグリオット
丘の風
涙の誕生と死、そして再生
臆病者
〈澱み〉のマッジ
ヴェネツィア舟歌


テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
折りたたみ北京
小泉女史の作品は現在の嫌ミスよりも品が良いですね。露悪的ではなく読後感が胃もたれしません。能や歌舞伎の素養がある女史ならでは。「折りたたみ北京」を読んで「荒潮」や「三体」も翻訳を熱望します。「鼠年」は中国版フルメタルジャケットみたいで読み応えがありました。作家達はケン・リュウと同じく高学歴でマルチな才能に恵まれた方が多いのですね。「円」も良かった。
【2018/03/23 12:31】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
小泉喜美子は、もともとミステリを「お洒落で知的な読み物」にしたいと思っていた人ですしね。最近はいろいろと作品が復活しているのは慶賀すべきことだと思います。

『折りたたみ北京』は積読になってしまっているのですが、なかなか面白そうですね。
【2018/03/24 08:33】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/777-35c970c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。
twitterアカウントは@kimyonasekai



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する