FC2ブログ
怪奇幻想読書倶楽部 第10回読書会 参加者募集です
 2017年11月19日(日曜日)に「怪奇幻想読書倶楽部 第10回読書会」を開催いたします。若干名の参加メンバーを募集しますので、参加したい方がおられたら、連絡をいただきたいと思います。
 連絡いただきましたら、改めて詳細をメールにてお送りいたします。

お問い合わせは、下記アドレスまでお願いいたします。
kimyonasekai@amail.plala.or.jp


開催日:2017年11月19日(日曜日)
開 始:午後13:30
終 了:午後17:30
場 所:JR巣鴨駅周辺のカフェ
参加費:1500円(予定)
テーマ
第1部:H・G・ウェルズの空想世界
第2部:第10回記念企画 本の交換会

※「怪奇幻想読書倶楽部」は、怪奇小説、幻想文学およびファンタスティックな作品(主に翻訳もの)についてのフリートークの読書会です。
※個人の発表やプレゼンなどはありません。話したい人が話してもらい、聴きたいだけの人は聴いているだけでも構いません。
※基本的には、オフ会のような雰囲気の会ですので、人見知りの方でも、安心して参加できると思います。


 第1部のテーマは「H・G・ウェルズの空想世界」。
 ジュール・ヴェルヌと並びSFの祖とされる作家、H・G・ウェルズの作品について話し合いたいと思います。
 代表作であり、この種のジャンルの開祖ともいうべき作品群、時を超える機械を生み出した『タイム・マシン』、透明になった男の悲喜劇を描く『透明人間』、生物改造テーマの嚆矢といえる『モロー博士の島』などだけでなく、ウェルズは、「マジック・ショップ」「塀についた扉」「故エルヴィシャム氏の物語」など、幻想小説を数多く残した幻想作家でもあります。
 現代のエンターテインメントの原型ともいうべき、ウェルズの作品世界について検討していきたいと思います。

※ウェルズに関しては、各社から作品集が出されていますが、一番入手しやすく、まとまっているのは岩波文庫版です。『タイム・マシン 他九篇』『モロー博士の島 他九篇』『透明人間』(3冊とも橋本槙矩他訳 岩波文庫)の収録作品をメインに話していきたいと思います。

 第2部は、第10回記念企画として「本の交換会」を行いたいと思います。
 いらなくなった本を持ち寄り、他の人の本と交換しようという趣旨の企画です。お持ちいただくのは何冊でも構いません。ジャンルは特に怪奇幻想にこだわらなくて結構ですので、ご自由にお持ちください。
 あわせて、お持ちいただいた本の紹介の時間も取りたいと考えています。

※お持ちいただく本がない場合、もらうだけでも構いません。
※本の紹介は強制ではありませんので、したい方だけで結構です。
※時間が余った場合、フリートークの時間としたいと思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/757-da38cf78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。
twitterアカウントは@kimyonasekai



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する