ラヴクラフト『文学と超自然的恐怖』邦訳リスト
4480430113幻想文学入門―世界幻想文学大全 (ちくま文庫)
東 雅夫
筑摩書房 2012-11-01

by G-Tools

 H・P・ラヴクラフトについての読書会用に作成した資料なのですが、せっかく作ったので公開したいと思います。
 H・P・ラヴクラフト『文学と超自然的恐怖』は、ラヴクラフトが実際に読んだ怪奇幻想小説を紹介してゆくという、ブックガイド的なエッセイです。その中から、邦訳があるもののみをリストアップして、邦訳文献を併記しました。

※テキストは、植松靖夫訳(東雅夫編『世界幻想文学大全 幻想文学入門』ちくま文庫収録)を使用しました。
※邦訳があるもののみのリストです。
※書名は、『文学と超自然的恐怖』の表記ではなく、邦訳されているタイトルを使用しています。


ダニエル・デフォー(1660-1731)
『ミセス・ヴィールの幽霊』(平井呈一訳 平井呈一編『恐怖の愉しみ』創元推理文庫収録)

ホーレス・ウォルポール(1717-1797)
『オトラント城奇譚』(平井呈一訳 荒俣宏/ 紀田順一郎編『怪奇幻想の文学3 戦慄の創造』新人物往来社収録)

クレアラ・リーヴ(1729-1807)
『イギリスの老男爵』(井出弘之訳 国書刊行会)

ヨーハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749-1832)
『コリントの許婚』(竹山道雄訳 須永朝彦編『書物の王国12 吸血鬼』国書刊行会収録)

ウイリアム・ゴドウィン(1756-1836)
『ケイレブ・ウイリアムズ』(岡照雄訳 白水U ブックス)

ウイリアム・ベックフォード(1760-1844)
『ヴァテック』(私市保彦訳 国書刊行会)

アン・ラドクリフ(1764-1823)
『イタリアの惨劇』(野畑多恵子訳 国書刊行会)

サー・ウォルター・スコット(1771-1832)
『老吟遊詩人ウィリーの物語』(鈴木英夫訳 小池滋/ 富山太佳夫編『悪魔の骰子』国書刊行会収録)

チャールズ・ブロックデン・ブラウン(1771-1810)
『ウィーランド』(志村正雄訳 国書刊行会)
『エドガー・ハントリー』(八木敏雄訳 国書刊行会)

マシュー・グレゴリー・ルイス(1775-1818)
『マンク』(井上一夫訳 国書刊行会)
『古城の亡霊』(上坪正徳訳『ゴシック演劇集』国書刊行会収録)

ジェーン・オースティン(1775-1817)
『ノーサンガー・アビー』(中野康司訳 ちくま文庫)

フリードリヒ・ド・ラ・モット・フーケ(1777-1843)
『水の精(ウンディーネ)』(識名章喜訳 光文社古典新訳文庫)

チャールズ・ロバート・マチューリン(1782-1824)
『放浪者メルモス』(富山太佳夫訳 国書刊行会)

フレデリック・マリヤット(1792-1848)
『人狼』(宇野利泰訳『怪奇小説傑作集2』創元推理文庫収録)

オノレ・ド・バルザック(1799-1850)
『神と和解したメルモス』(私市保彦/ 加藤尚宏編『バルザック幻想・怪奇小説選集3 呪われた子・他』水声社収録)
『あら皮 欲望の哲学』(小倉孝誠訳 藤原書店)
『セラフィタ』(沢崎浩平訳 国書刊行会)
『ルイ・ランベール』(私市保彦訳『神秘の書』水声社収録)

ワシントン・アーヴィング(1783-1859)
『ドイツ人学生の冒険』(志村正雄訳 志村正雄編『米国ゴシック作品集』国書刊行会収録)

メアリ・シェリー(1797-1851)
『フランケンシュタイン』(森下弓子訳 創元推理文庫)

ヴィルヘルム・マインホルト(1797-1851)
『琥珀の魔女』(前川道介/ 本岡五男訳 創土社)

ヴィクトル・ユゴー(1802-1885)
『氷島奇談』(島田尚一訳『世界の文学7』中央公論社収録)

エドワード・ブルワー=リットン(1803-1873)
『幽霊屋敷』(平井呈一訳 平井呈一編『怪奇小説傑作集1』創元推理文庫収録)
『不思議な物語』(中西敏一訳 国書刊行会)
『ザノーニ』(富山太佳夫/ 村田靖子訳 国書刊行会)

プロスペル・メリメ(1803-1870)
『イールのヴィーナス』(杉捷夫訳 東雅夫『世界幻想文学大全 怪奇小説精華』ちくま文庫収録)

エドガー・アラン・ポオ(1809-1849)
『壜のなかの手記』(阿部知二訳『ポオ小説全集1』創元推理文庫収録)
『ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語』(大西尹明訳『ポオ小説全集2』創元推理文庫収録)
『メッツェンガーシュタイン』(小泉一郎訳『ポオ小説全集1』創元推理文庫収録)
『群衆の人』(中野好夫訳『ポオ小説全集2』創元推理文庫収録)
『赤死病の仮面』(松村達雄訳『ポオ小説全集3』創元推理文庫収録)
『沈黙』(永川玲二訳『ポオ小説全集2』創元推理文庫収録)
『影』(河野一郎訳『ポオ小説全集1』創元推理文庫収録)
『リジイア』(阿部知二訳『ポオ小説全集1』創元推理文庫収録)
『アッシャー家の崩壊』(河野一郎訳『ポオ小説全集1』創元推理文庫収録)

ナサニエル・ホーソーン(1804-1864)
『大理石の牧神』(島田太郎/ 三宅卓雄/ 池田孝一訳 国書刊行会)
『牧師の黒のベール ある寓話』(坂下昇訳『ホーソーン短篇小説集』岩波文庫収録)
『野望に燃える客人』(国重純二『ナサニエル・ホーソーン短編全集1』南雲堂収録)
『七破風の屋敷』(大橋健三郎訳『世界文学大系81』筑摩書房収録)

トマス・プレスケット・プレスト(1810-1879)
『恐怖の来訪者』(『吸血鬼ヴァーニー』の抜粋)(武富義夫訳 矢野浩三郎編『怪奇と幻想1 吸血鬼と魔女』角川文庫収録)

テオフィル・ゴーチェ(1811-1872)
『化身』(小柳保義訳 店村新次/ 小柳保義編『ゴーチエ幻想作品集』創土社収録)
『ミイラの足』(小柳保義訳『変化 フランス幻想小説』現代教養文庫収録)
『死女の恋』(青柳瑞穂訳 澁澤龍彦編『怪奇小説傑作集4』創元推理文庫収録)
『クレオパトラの一夜』(小柳保義訳『魔眼 フランス幻想小説』現代教養文庫収録)

チャールズ・ディケンズ(1812-1870)
『信号手』(橋本福夫訳『怪奇小説傑作集3』創元推理文庫収録)

エミリー・ブロンテ(1818-1848)
『嵐が丘』(小野寺健訳 光文社古典新訳文庫)

ギュスターヴ・フローベール(1821-1880)
『聖アントワヌの誘惑』(渡辺一夫訳 岩波文庫)

ジョージ・マクドナルド(1824-1905)
『リリス』(荒俣宏訳 ちくま文庫)

エルクマン=シャトリアン(エミール・エルクマン(1822-1899)/ アレクサンドル・シャトリアン(1826-1890))
『見えない眼』(平井呈一訳 平井呈一編『恐怖の愉しみ』創元推理文庫収録)
『梟の耳』(小林晋訳『エルクマン- シャトリアン怪奇幻想短編集』ROM 叢書収録)

フィッツ=ジェイムズ・オブライエン(1828-1862)
『あれは何だったか?』(橋本福夫訳 平井呈一編『怪奇小説傑作集3』創元推理文庫収録)
『ダイヤモンドのレンズ』(南條竹則訳『不思議屋/ ダイヤモンドのレンズ』光文社古典新訳文庫収録)

ヴィリエ・ド・リラダン(1838-1889)
『希望』(釜山健訳『最後の宴の客』国書刊行会収録)

アンブローズ・ビアス(1842-1913?)
『ハルピン・フレーザーの死』(飯島淳秀訳 荒俣宏編『アメリカ怪談集』河出文庫収録)
『怪物』(大西尹明訳 平井呈一編『怪奇小説傑作集3』創元推理文庫収録)
『環境が肝心』(大津栄一郎訳『ビアス短篇集』岩波文庫収録)
『右足の中指』(飯島淳秀訳『完訳・ビアス怪異譚』創土社収録)
『幽霊屋敷』(飯島淳秀訳『完訳・ビアス怪異譚』創土社収録)

ヘンリー・ジェイムズ(1843-1916)
『ねじの回転』(蕗沢忠枝訳 新潮文庫)

ロバート・ルイス・スティーヴンスン(1850-1894)
『ジキル博士とハイド氏』(夏来健次訳 創元推理文庫)
『死骸盗人』(河田智雄訳『スティーヴンソン怪奇短篇集』福武文庫収録)
『マーカイム』(高松雄一/ 高松禎子訳『マーカイム/ 壜の小鬼 他五篇』岩波文庫収録)

ブラム・ストーカー(1847-1912)
『吸血鬼ドラキュラ』(平井呈一訳 創元推理文庫)
『七つ星の宝石』(森沢くみ子訳 アトリエサード)

ギイ・ド・モーパッサン(1850-1893)
『オルラ』(榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』福武文庫収録)
『だれが知ろう?』(榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』福武文庫収録)
『恐怖』(榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』福武文庫収録)
『水の上』(榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』福武文庫収録)
『幽霊』(榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』福武文庫収録)
『狼』(青柳瑞穂訳『モーパッサン短編集3』新潮文庫収録)

ラフカディオ・ハーン(1850-1904)
『怪談』(平井呈一訳 岩波文庫)

メアリ・E・ウイルキンズ=フリーマン(1852-1930)
『壁にうつる影』(梅田正彦編訳『ざくろの実』鳥影社収録)

オスカー・ワイルド(1854-1900)
『ドリアン・グレイの肖像』(仁木めぐみ 光文社古典新訳文庫)

フランシス・マリオン・クロフォード(1854-1909)
『上段寝台』(乾信一郎訳 ロアルド・ダール編『ロアルド・ダールの幽霊物語』ハヤカワ・ミステリ文庫収録)
『死骨の咲顔』(平井呈一訳 荒俣宏/ 紀田順一郎編『怪奇幻想の文学4 恐怖の探究』新人物往来社収録)

H・R・ハガード(1856-1925)
『洞窟の女王』(大久保康雄訳 創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル(1859-1930)
『北極星号の船長』(北原尚彦/ 西崎憲訳『北極星号の船長』創元推理文庫収録)
『競売ナンバー二四九』(北原尚彦/ 西崎憲訳『クルンバーの謎』創元推理文庫収録)

シャーロット・パーキンズ・ギルマン(1860-1935)
『黄色い壁紙』(西崎憲訳 倉阪鬼一郎/ 南條竹則/ 西崎憲編『淑やかな悪夢』創元推理文庫収録)

クレメンス・ハウスマン(1861-1955)
『人狼』(野村芳夫訳 荒俣宏編『怪奇文学大山脈 西洋近代名作選1 19 世紀再興篇』東京創元社収録)

M・R・ジェイムズ(1862-1936)
『好古家の怪談集』(紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集1』創元推理文庫収録)
 『マグナス伯爵』(紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集1』創元推理文庫収録)
 『笛吹かば現われん』(紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集1』創元推理文庫収録)
 『トマス僧院長の宝』(紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集1』創元推理文庫収録)
『続・好古家の怪談集』(紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集1』創元推理文庫収録)
 『バーチェスター聖堂の大助祭席』(紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集1』創元推理文庫収録)
『痩せこけた幽霊』(紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集2』創元推理文庫収録)
 『寺院史夜話』(紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集2』創元推理文庫収録)
『猟奇への戒め』(紀田順一郎訳『M・R・ジェイムズ怪談全集2』創元推理文庫収録)
『五つの壷』(紀田順一郎訳『五つの壷』ハヤカワ文庫FT 収録)

ラルフ・アダムス・クラム(1863-1942)
『死の谷』(関桂子訳『ミステリマガジン1984 年8 月号』早川書房収録)

アーサー・マッケン(1863-1947)
『夢の丘』(平井呈一訳 創元推理文庫)
『パンの大神』(平井呈一訳 平井呈一編『怪奇小説傑作集1』創元推理文庫収録)
『白魔』(南條竹則訳『白魔』光文社古典新訳文庫収録)
『怪奇クラブ』(平井呈一訳 創元推理文庫)
 『黒い石印』(平井呈一訳『怪奇クラブ』創元推理文庫収録)
 『白い粉薬のはなし』(平井呈一訳『怪奇クラブ』創元推理文庫収録)
 『大いなる来復』(平井呈一訳『怪奇クラブ』創元推理文庫収録)
『輝く金字塔』(南條竹則『輝く金字塔』国書刊行会収録)
『赤い手』(平井呈一訳『三人の詐欺師 アーサー・マッケン作品集成2』沖積舎収録)
『恐怖』(平井呈一訳『恐怖 アーサー・マッケン作品集成3』沖積舎収録)
『弓兵・戦争伝説』(平井呈一訳『恐怖 アーサー・マッケン作品集成3』沖積舎収録)

ウイリアム・ウイマーク・ジェイコブズ(1863-1943)
『猿の手』(平井呈一訳 平井呈一編『怪奇小説傑作集1』創元推理文庫収録)

R・W・チェンバース(1865-1933)
『黄衣の王』(大瀧啓裕訳 創元推理文庫)

ラドヤード・キプリング(1865-1936)
『イムレイの帰還』(橋本福夫訳 平井呈一編『怪奇小説傑作集3』創元推理文庫収録)
『獣の印』(橋本槇矩訳 東雅夫編『世界幻想文学大全 怪奇小説精華』ちくま文庫収録)
『幻の人力車』(岡本綺堂訳『世界怪談名作集』河出文庫収録)

エドワード・ルーカス・ホワイト(1866-1934)
『こびとの呪い』(中村能三訳 平井呈一編『怪奇小説傑作集2』創元推理文庫収録)
『セイレーンの歌』(森美樹和訳 荒俣宏/ 紀田順一郎編『怪奇幻想の文学5 怪物の時代』新人物往来社収録)
『鼻面』(西崎憲訳 荒俣宏編『怪奇文学大山脈 西洋近代名作選2 20 世紀革新篇』東京創元社収録)

M・P・シール(1865-1947)
『ゼリューシャ』(南條竹則『怪談の悦び』創元推理文庫収録)
『音のする家』(阿部主計訳 荒俣宏/ 紀田順一郎編『怪奇幻想の文学4 恐怖の探究』新人物往来社収録)

リチャード・マーシュ(1867-1915)
『黄金虫』( 榊優子 創元推理文庫)

E・F・ベンスン(1867-1940)
『遠くへ行き過ぎた男』(中野善夫訳『塔の中の部屋』アトリエサード収録)
『歩く疫病』(西崎憲訳 森英俊/ 野村宏平編『乱歩の選んだベスト・ホラー』ちくま文庫収録)
『恐怖の山』(鈴木克昌訳 東雅夫編『書物の王国18 妖怪』国書刊行会収録)
『顔』(八十島薫訳『ベンスン怪奇小説集』国書刊行会収録)

グスタフ・マイリンク(1868-1932)
『ゴーレム』(今村孝訳 白水U ブックス)

アルジャーノン・ブラックウッド(1869-1951)
『柳』(宇野利泰訳 早川書房編集部編『幻想と怪奇1』ハヤカワ・ミステリ収録)
『ウェンディゴ』(夏来健次訳『ウェンディゴ』アトリエサード)
『幻の下宿人』(樋口志津子訳『死を告げる白馬 』ソノラマ文庫海外シリーズ収録)
『心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿』(植松靖夫訳 創元推理文庫)
 『霊魂の侵略者』(植松靖夫訳『心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿』創元推理文庫収録)
 『古えの妖術』(植松靖夫訳『心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿』創元推理文庫収録)
 『炎魔』(植松靖夫訳『心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿』創元推理文庫収録)
 『秘密の崇拝』(植松靖夫訳『心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿』創元推理文庫収録)
 『犬のキャンプ』(植松靖夫訳『心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿』創元推理文庫収録)
『ジンボー』(北村太郎訳 月刊ペン社)
『ケンタウルス』(八十島薫訳 月刊ペン社)

アーヴィン・S・コッブ(1876-1944)
『魚頭 フィッシュヘッド』(曽田和子訳『別冊幻想文学 クトゥルー倶楽部』幻想文学会出版局収録)

H・H・エーヴェルス(1871-1943)
『アルラウネ』(麻井倫具/ 平田達治訳 国書刊行会)
『魔法使いの弟子』( 佐藤恵三訳 創土社)
『蜘蛛』(植田敏郎訳『怪奇小説傑作集5』創元推理文庫収録)

ウォルター・デ・ラ・メア(1873-1956)
『死者の誘(いざな)い』(田中西二郎訳 創元推理文庫)
『シートンのおばさん』(大西尹明訳 平井呈一編『怪奇小説傑作集3』創元推理文庫収録)
『樹』(脇明子訳 由良君美編『イギリス幻想小説傑作集』白水U ブックス収録)
『深淵より』(柿崎亮訳『デ・ラ・メア幻想短篇集』国書刊行会収録)
『世捨て人』(長井裕美子訳 シンシア・アスキス編『恐怖の分身』朝日ソノラマ文庫海外シリーズ収録)
『ケンプ氏』(柿崎亮訳『デ・ラ・メア幻想短篇集』国書刊行会収録)
『オール・ハロウズ大聖堂』(橋本槙矩訳『恋のお守り』ちくま文庫収録)

ウィリアム・ホープ・ホジスン(1877-1918)
『〈グレン・キャリグ号〉のボート』(野村芳夫訳 アトリエサード)
『異次元を覗く家』(荒俣宏訳 アトリエサード)
『幽霊海賊』(夏来健次訳 アトリエサード)
『ナイトランド』(荒俣宏訳 原書房)
『幽霊狩人カーナッキの事件簿』(夏来健次訳 創元推理文庫)

ロード・ダンセイニ(1878-1957)
『驚異の書』(中野善夫ほか訳『世界の涯(はて)の物語』河出文庫収録)
『夢見る人の物語』(中野善夫ほか訳『夢見る人の物語』河出文庫収録)
『山の神々』(松村みね子訳『ダンセイニ戯曲集』沖積舎収録)
『旅宿の一夜』(松村みね子訳『ダンセイニ戯曲集』沖積舎収録)
『神々の笑い』(松村みね子訳『ダンセイニ戯曲集』沖積舎収録)
『女王の敵』(松村みね子訳『ダンセイニ戯曲集』沖積舎収録)

E・M・フォースター(1879-1970)
『天国行きの乗合馬車』(小池滋訳『E・M・フォースター著作集5 短篇集1 天国行きの乗合馬車』みすず書房収録)

ヒュー・ウォルポール(1884-1941)
『ラント夫人』(平井呈一訳『恐怖の愉しみ』創元推理文庫収録)

H・R・ウェイクフィールド(1888-1964)
『赤い館』(鈴木克昌訳『ゴースト・ハント』創元推理文庫収録)
『ケルン』(鈴木克昌訳『ゴースト・ハント』創元推理文庫収録)
『彼の者現れて後去るべし』(鈴木克昌訳『ゴースト・ハント』創元推理文庫収録)
『彼の者、詩人なれば…』(鈴木克昌訳『ゴースト・ハント』創元推理文庫収録)
『目隠し遊び』(南條竹則訳『ゴースト・ハント』創元推理文庫収録)
『見上げてごらん』(鈴木克昌訳『ゴースト・ハント』創元推理文庫収録)
『ダンカスターの十七番ホール』(南條竹則訳 南條竹則編『怪談の悦び』創元推理文庫収録)

クラーク・アシュトン・スミス(1893-1961)
『大麻吸飲者』(蜂谷昭雄訳『魔術師の帝国』創土社収録)

L・P・ハートリー(1895-1972)
『豪州からの客』(小山太一訳 エドワード・ゴーリー編『憑かれた鏡』河出書房新社収録)


 18世紀のゴシック小説から、ラヴクラフトの同時代の作品まで、挙げられている作品はかなりの数に上ります。英米の作品だけでなく、バルザック、メリメ、リラダン、モーパッサンなどのフランス作家、マインホルト、エーヴェルス、マイリンクなどのドイツ作家にも目を通しているあたり、本当に読書家だったことがわかりますね。
 挙げられた作品数が多い作家ほど、ラヴクラフトの評価が高かったとするなら、とくに評価の高い作家は、エドガー・アラン・ポオ、ギイ・ド・モーパッサン、M・R・ジェイムズ、アルジャーノン・ブラックウッド、アーサー・マッケン、ロード・ダンセイニ、H・R・ウェイクフィールド、ウィリアム・ホープ・ホジスンあたりになるでしょうか。
 ちょっと意外だったのは、ウォルター・デ・ラ・メアの評価が高いこと。雰囲気小説の達人ともいうべきデ・ラ・メアと、ラヴクラフト自身の作風とはかなり異なりますが、それもまた興味深いところですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
知らなかったです
ただ厭世的なだけの人かと思ってました(失礼ですね~)。
本当に色々読んでたんだ。
これら全部読んでいたら「ああ、こういうとこ影響されたんだ」って読み方になるんですかね? 私はこの中の1/3も読めてないかな。

関係ないんですけど、大きな字で新版出して欲しいです。
昔の本は活字が小さくて…それだけで読む気がくじけてしまいます(笑。
歳とったな…(泣。
【2017/08/14 13:15】 URL | ゆきやまま #M8wPbJsk [ 編集]

>ゆきやままさん
シェイクスピアとかゲーテとか、いわゆる文豪の作品もちゃんと読んでいるようですし、怪奇幻想ジャンルに限っても、幅広く読んでいたみたいですね。
マッケン、ブラックウッド、ジェイムズ、ホジスン、ダンセイニあたりの影響は、なんとなく読んでいると感じます。個々の作品への影響というよりは、ラヴクラフトの世界観の元になっている…という感じなんでしょうか。
ラヴクラフトファンの人には、このリストを使って、怪奇小説の古典もちゃんと読んでほしい!という願いもこめて載せています。

活字の大きさは、やっぱり気になってきますよね。同じ作品の新しい版が出たら、訳文が同じはずなのに、倍近い厚さになってたりしますし。
【2017/08/14 15:36】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/740-e3c1a759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する