異世界のオムニバス  ラジオ・サイレンス他監督『サウスバウンド』
B06XZQHMJ2サウスバウンド [DVD]
キングレコード 2017-07-05

by G-Tools

 『サウスバウンド』(2015年 アメリカ)は、砂漠に面した街道を舞台に、それぞれゆるくつながった5つのエピソードを描く、オムニバス・ホラー映画です。それぞれのエピソードは、突然始まり突然終わる…といった感じの不条理感が溢れており、独特の味わいがあります。

ラジオ・サイレンス監督『The Way Out』
 街道を走る車の中の二人の男は血まみれでした。車の後ろからは、謎の怪物が空に浮かんだまま、追いかけてきます。
 立ち寄ったドライブインを出て、再び街道を走っていると、再び同じドライブインの前に来てしまいます。何度行っても同じ場所に戻ってしまうのです。その間にも怪物が近づいてきますが…。

ロクサーヌ・ベンジャミン監督『Siren』
 ガールズバンドを組んでいる3人の若い女性は、乗っている車が街道でパンクしてしまいます。通りかかった夫婦の家に一泊することになった3人でしたが、セイディ以外の2人は、食事に出された異様な肉を食べ、気分を悪くしてしまいます。2人は謎の薬を飲まされた直後、セイディを置いて姿を消してしまいます…。

デビッド・ブルックナー監督『The Accident』
 よそ見運転をしていたルーカスは、道に飛び出してきた女性を轢いてしまいます。救急車を呼ぶものの、場所がわからず呼ぶことができません。救命士から自ら病院へ患者を運ぶように言われたルーカスは、車で病院を探すことになります。
 やがて見つけた病院でしたが、なぜか誰も人がおらず、治療をすることができません。電話の主は、指示をするから、ルーカス自身に治療をして欲しいと話しますが…。

パトリック・ホーバス監督『Jailbreak』
 バーに銃を構えて入ってきた男は、自分は強盗ではない、妹を捜しているだけだと話します。突如、客の一人の手がかぎ爪に変化し、男の背中を襲います。銃で客の手を吹き飛ばした男は、妹を知っているという店主に案内をさせることになりますが…。

ラジオ・サイレンス監督『The Way In』
 夫、妻、娘の家族は、別荘で一家団欒をしていました。ドアを叩く音がしたかと思うと、仮面をかぶった3人の男が押し入ってき、夫妻は拘束されてしまいます。目的は何だと叫ぶ夫ですが、やがて理由に思い至り謝罪を始めます。娘だけは助けてくれと言う夫でしたが…。

 それぞれのエピソードは、ゆるくつながっています。例えば1話の登場人物が入ったモーテルの別の部屋に泊まっていたのが、2話目の主人公たちだったり、という感じです。
 内容はバラエティに富んでいて、1話は謎の怪物、2話はカルト教団、3話は不条理スリラー、4話は怪物の町、5話は集団殺人鬼がテーマとなっています。
 1話に登場する怪物の造形がなかなかユニークで、インパクトがあります。宙を飛ぶ骸骨といった感じの造形なのですが、他のエピソードにもちょこっとずつ顔を出します。5話目で再び怪物の由来にスポットが当たるという構成も見事です。
 5話全てがつながっているといっても、演出上ゆるやかにつながっているというだけです。直接、話がつながっているのは1話と5話だけで、他のエピソードは直接的な世界観はつながっていないようですね。

 一番面白かったのは3話目の『The Accident』。よそ見運転で人を轢いてしまった男が、自分で治療をする羽目になるという不条理スリラーです。
 事故を起こした現場の周りに何もなかったり、たどり着いた病院が無人だったりと、その時点で不条理感が満載なのですが、病院についてからの展開がさらに不条理で強烈です。
 電話でつながった救命士と医者(らしき人物)の指示の通りに、患者の治療を進めることになるのですが、指示通りにするたびに、患者の容態が悪化していくというブラック・ユーモアあふれる作品です。

 他のエピソードにも共通するのですが、起こっている現象や事件に対して説明があまり加えられないのが特徴です。例えば、4話目の怪物のいる世界は何なのか? とか、5話目の夫が過去に犯した罪は何なのか? など、わからないままのことが多く、それがまた不条理感を高めています。
 ただそれゆえに、明快な起承転結を求めるタイプの人には、もやもやした感じを与えがちな作品ではありますね。
 全体の整合性とかバランスなどを考えると「傑作」とは言いにくいのですが、妙な魅力がある作品です。曖昧な点が多いせいもあり、物語の「深読み」が可能であり、その意味で作品世界に広がりがあります。鑑賞した後、誰かと話し合いたくなるような面白さがありますね。

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

クリーチャーは、どの話にも微妙に存在していましたね。
以前Thomas Ottを紹介していたかと思いますが、映画を観ていた時、彼の作品を思い出しました。

登場者らは一見、罪の贖罪を受けているかに見えるのですが、その為に作り上げられるのは新たな罪悪であり、街全体が災厄のジレンマを引き起こす存在の様。

設定や事の経過は不条理そのものなのに、仰る通り説明のない演出が、妙なリアリティを感じさせます。後味も悪い割には、心惹かれるものもあり、きっぱり否みきれない映画でした。純粋なホラー映画とは言い難い。

やはり、文章も映像も、こういった作風の本領は短編に有り、ですね。
【2017/08/13 20:41】 URL | ぽんぽこ狸 #tWQJhIXk [ 編集]

>ぽんぽこ狸さん
それぞれ提示されたエピソードが、ぶつ切りにされて出されているような妙なリアリティがあるんですよね。独特の空気感があるというか。
説明は意図的に省いている感じですね。クリーチャーの正体もはっきりしないし。まあ、これは逆に明確にしないほうがいいのかもしれませんが。
心にひっかかるという意味では、問題作なんでしょうね。将来的に、カルト化しそうな作品ではありました。
【2017/08/13 21:08】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/736-c56916ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する