波との暮らし方  パス『波と暮らして』とその絵本化作品
400110864Xぼくのうちに波がきた (大型絵本)
オクタビオ・パス キャサリン・コーワン マーク・ブエナー
岩波書店 2003-06-20

by G-Tools

 メキシコの詩人オクタビオ・パスに、『波と暮らして』(井上義一訳 木村榮一編『美しい水死人 ラテン文学アンソロジー』福武文庫収録)という、幻想的な短篇小説があります。
 海に出かけた男性が、「波」を見初めて家に連れ帰り、一緒に暮らし始めます。最初は楽しかった生活ですが、気まぐれな「波」は、物を壊したりと自分勝手を始めます。逃げ出した男性が、冬に家に戻ってみると…という物語。
 「波」を「女性」の擬人化として描いた、ファンタスティックな作品です。男性をからかったり、嫉妬させたりと、現実の女性のアナロジーとして描かれており、官能的な要素も強くなっています。

 かなりエロティックな作品といえるのですが、なんとこの作品を絵本化した作品があります。それがこれ、『ぼくのうちに波がきた』 (キャサリン・コーワン文、マーク・ブエナー絵 岩波書店)。
 子供向けのアレンジのため、エロティックな要素はなくなっています。そのため、こちらの作品では、主人公は少年で、「波」は少女として描かれています(といっても、ヴィジュアル的にはただの「波」なのですが)。「波」が少女(子供)のように描かれているため、後半に波が荒れ狂う場面も、子供のわがままとして解釈できるところは、見事な換骨奪胎ですね。
 お話の流れは、原作とほぼ同じです。原作では「波」を連れ帰ろうと、飲料水タンクに「波」を入れた主人公が、毒を入れた容疑をかけられ、刑務所に1年間入れられてしまうという部分があるのですが、さすがにそれはカットされています。
 画面いっぱいにヴィジュアル化された「波」が非常にユーモラスに描かれており、見応えがあります。これは絵本ならではの表現ですね。
 絵本だけで読んでも、充分魅力的ですが、原作と絵本を読み比べると、いっそう楽しめると思いますので、気になった方はぜひ。
paz03.jpg paz02.jpg paz01.jpg

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

あのアンソロジー、アレーの様な突拍子のない短編がずらりでしたね。
ラテンアメリカのアンソロジーには、あれが初見だったせいか、ラテンアメリカの傾向はこれなのか、と当時思いました。

話は変わりますが、近年不思議と各社でサキが刊行されましたが、
2016年で死後百年経つのですね。
【2017/02/19 05:12】 URL | ぽんぽこ狸 #- [ 編集]

>ぽんぽこ狸さん
『波と暮らして』は、『ラテンアメリカ怪談集』にも入ってましたね。『美しい水死人』と『ラテンアメリカ怪談集』、僕のラテンアメリカ作品のイメージは、だいたいこの2冊で出来ています。
ラテンアメリカ作品はみんなこんな面白いのか、と思って他の作品に手を出してみたら、普通のリアリズム作品でがっかりしたりとか。

没後百年でしたか。サキは、白水社から続刊の予定もあるみたいです。全作品が訳されてもおかしくない勢いですね。
【2017/02/19 11:51】 URL | kazuou #- [ 編集]


河出の怪談集でも、『ラテンアメリカ怪談集』と『東欧怪談集』は、実はまだ未入手なんですよ。ネットでもたまに見かけますが、その他怪談集に比べて上記、特に東欧は出回りが少なく感じます。

三冊目になるのかな?楽しみです。サキは作品も短いし、文章も卒がないのですぐ読んでしまいますが、もったいないので一夜に一編辺りにしたいですね。ただ夢には余り見たくないなあ(笑)

風濤社でもサキ・コレクションが出ていますが割高に感じ、もう少し安ければ良いのにと思いつつ、サキだから応援としても新刊で買わねば…と月日が経ちましたが、白水社を待っても良さそうですね(^^;
【2017/02/19 13:42】 URL | ぽんぽこ狸 #- [ 編集]


そうでしたか。そもそも『ラテンアメリカ怪談集』には、『美しい水死人』(というか旧タイトルの『エバは猫の中』でしょうか)からの収録もいくつかあったように思います。この2冊、収録作品はもちろん違うんですが、味わいが非常に近いんですよね。
『東欧怪談集』は、怪談集シリーズの最後に刊行された巻で、刊行時期も3~4年ぐらい後だったように記憶しています。部数も少なかったんでしょうか。今考えると、このシリーズの『ラテンアメリカ』と『東欧』は、非常にマニアックな巻だったと思います。

サキは、イギリス本国では、お客が来たら置いておくべき本、みたいなことも言われてましたね。確かに、一気に読むより、少しづつ読むほうが楽しい作家かもしれません。
風濤社の方のサキは、独自のセレクションのようなので、白水社の単行本単位の作品集と、内容がかぶってしまうような気が…。ただ、風濤社版の訳は、結構読みやすかったので、こちらはこちらでサキ入門編としては良いのかな、という気もします。
【2017/02/19 14:20】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/700-ee0b930e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する