11月の気になる新刊
11月上旬刊 『ロシアSF短編集』(アルトアーツ 1188円)
11月8日刊 『谷崎万華鏡 谷崎潤一郎マンガアンソロジー』(中央公論新社 予価1080円)
11月9日刊 『伊藤典夫翻訳SF傑作選 ボロゴーヴはミムジイ』(ハヤカワ文庫SF 予価1058円)
11月10日刊 『定本 夢野久作全集 第1巻』(国書刊行会 10,260円)
11月11日刊 ジョナサン・オージエ『夜の庭師』(創元推理文庫 予価1253円)
11月11日刊 アンドリュー・カウフマン『奇妙という名の五人兄妹』(東京創元社 予価2160円)
11月15日刊 戸川安宣『ぼくのミステリ・クロニクル』(国書刊行会 予価3240円)
11月18日刊 ジュール・ヴェルヌ『名を捨てた家族 1837-38年 ケベックの叛乱』(彩流社 予価3024円)
11月19日刊 G・K・チェスタトン『詩人と狂人たち 新訳版』(創元推理文庫 予価864円)
11月22日刊 ロード・ダンセイニ『二壜の調味料』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価972円)
11月22日刊 バリントン・J・ベイリー『ゴッド・ガン』(ハヤカワ文庫SF 予価1080円)
11月25日刊 シャーリイ・ジャクスン『鳥の巣』(国書刊行会 予価2592円)
11月30日刊 ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』(新潮社 予価2160円)
11月30日刊 シャーリイ・ジャクスン『処刑人』(創元推理文庫 予価994円)
11月刊 フランシス・M・ネヴィンズ『エラリー・クイーン 推理の芸術』(国書刊行会 予価3888円)

 アルトアーツの『ロシアSF短編集』は、本邦初訳の作品ばかりを集めたロシアの古典SFアンソロジー。オドエフスキー、ボグダーノフ、ステーチキン、クプリーン、ズゾーリャ、アレリスキーらの作品を収録。ちなみに、こちらの作品集は、基本的にアルトアーツのサイトからの受注生産になります。

 『伊藤典夫翻訳SF傑作選 ボロゴーヴはミムジイ』は、伊藤典夫翻訳のSF短篇を集めたアンソロジーのようです。表題作は、ルイス・パジェット(ヘンリー・カットナー)の名作短篇。他の収録作品は不明ですが、表題作だけでも買いのアンソロジーだと思います。

 寓意に満ちたファンタジー『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』の作者アンドリュー・カウフマンによる邦訳2作目『奇妙という名の五人兄妹』は、これまた奇妙な味の作品のようです。「13日後に死ぬと予言した祖母の指示で、ウィアード家の末娘は兄と姉二人、弟を探す旅に出る。」

 チェスタトン『詩人と狂人たち 新訳版』は、ミステリと幻想小説の境目にあるような味わいの作品ですが、難解な面もあったので、新訳は歓迎したいところですね。

 ダンセイニの奇妙な味のミステリ『二壜の調味料』が文庫化。詳しい紹介は過去の記事を参照ください。
→ 「黄昏のミステリ   ロード・ダンセイニ『二壜の調味料』」

 バリントン・J・ベイリー『ゴッド・ガン』は、単行本未収録のベイリーの短篇を集めた傑作集。これは楽しみです。

 シャーリイ・ジャクスンの作品がなんと2冊刊行です。国書刊行会の『鳥の巣』と、創元推理文庫の『処刑人』『処刑人』の方は、すでに邦訳が出ている『絞首人』と同じ作品ですね。〈ドーキー・アーカイヴ〉の『鳥の巣』は、多重人格を扱った作品だそうです。




テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

読書の秋
といった感じですね。
【2016/10/31 21:19】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
毎年、11、12月は、いい本がまとめて出ているような気がします。
【2016/10/31 22:00】 URL | kazuou #- [ 編集]

大豊作。
「ボロゴーブはミムジイ」と「ハッピーエンド」だけが同じ作者で伊藤先生の翻訳作品集なんですね。銀背の文庫化ではなく。フリッツ・ライバーの「若くならない男」が良かったです。ライバーの短編集の復刊も切望しております。河出の「跳躍者の時空」から何年も経ったし、もっともっと読みたい!
【2016/11/14 13:11】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
伊藤典夫さんや浅倉久志さんの翻訳した作品はいっぱいあると思うので、もっとまとめてほしいですね。カットナー単体の短篇集も欲しいですし、ライバーも未訳の作品がまだまだいっぱいあると思います。
【2016/11/14 22:38】 URL | kazuou #- [ 編集]

ジャクスンの初期作品
個人的には、前回挿絵も愉しい、素敵な寓話を楽しませてくれたカウフマンにちょっと期待しています。
寓話だろうと思ってしまって読むので、前回読んだ時とはちょっと感触が違ってしまうかもしれませんが・・・
「ボロゴーヴはミムジイ」は、タイトルしか知らなかったので、これを機に読んでみようかなと。
"知る人ぞ知る"ある種の有名作品っぽいのですが、それにしてもこれがどんな作品なのか、中身を全然知らないんですが・・・
ベイリーは、(実は未だどれも読んでいないんですが、)創元のイメージだったんですが今回ハヤカワから出るんですね。
個人的にはエヴンソンの前作は面白く読んだので(ホラーやサスペンス、スパイものなどのシチュエーションを切り取って、文学的に掘り下げ・描出した感じ?)今回も読んでみようかなという気持ちはあるのですが、何度も追体験したくなるというよりは1冊の経験でちょっと満足(おなかいっぱい?)という感もあって・・・

ジャクスン、遂に同月2冊刊行ですか!「くじ」も文庫化されましたし、本当に今年はジャクスン・イヤーだなぁと思います。初期作品ほど普通小説に近くなる感じのようなので、どんな魅力を持った作品なのか買って確かめようとしています。意地悪な視点で普通小説に近くなるというと、マーガレット・ミラーとかミュリエル・スパークとかを連想しますが、ジャクスンの世界は彼女たちともまたちょっと違いますよね・・
「日時計」、別項の記事を愉しく読ませていただきましたが、買ってはあるものの、まだ読めていないのでこちらに…
異様な状況下における群像劇というと、名作「くじ」「ずっとお城で暮らしてる」を想起するので楽しみなのですが、強烈な個性の持ち主たちが、一つの館に…というと、個人的にはゴーメンガースト3部作(のうち、はじめの2作)を連想してしまいますね・・・ジャクスンの場合は奇人変人(単に人目を気にしない?)というよりも、意識せずに個人主義というか身勝手さをあらわにして生きる人々(思いやりがない?)という感じになるのかな、とも思いますが。
ただ、「山荘奇談(丘の屋敷/たたり)」「ずっとお城で暮らしてる」の主人公たちが、精神的に自分の中に閉じて周りからの介入を受け付けないような感じを受けるのに対して、こちらの主人公たちは周囲とやり合うような感じになるんでしょうかね
【2016/11/19 15:27】 URL | Green #mQop/nM. [ 編集]

ジャクスン
カウフマン、既に積読になってしまっているんですが、早めに読もうかと思ってます。この作家、寓意性が強くて、ジャンル小説プロパーではないと思いますが、魅力を感じる作家ですね。

『ボロゴーヴはミムジイ』はカットナーの短篇集の復刊だと思ってたので、手にとってみて、ああ、普通のアンソロジーなのか、と。これはこれで嬉しいのですが、カットナー作品集はやっぱり別の形でも欲しいですね。

ベイリーの短篇は、SFほら話といった感じで面白いものが多いですよ。個人的には、長編より短篇の方がずっと面白いと思います。

エヴンソンは正直、微妙な読後感ではあったのですが、今回の作品集はかなりホラー寄りだという前情報を聞いて、期待しています。

ジャクスンは、今年ほんとうにたくさん出た印象ですね。普通小説に近い作品だと言っても、もともとジャクスンのジャンル小説自体が普通小説に近いわけですし、ジャクスン節とでもいうべきカラーが強いか弱いか、といった感じですね。
なるほど。たしかに『日時計』は「館もの」の一種といっていいのかもしれません。ただ屋敷に囚われる、といった感じではないのですが。『山荘奇談』が内向き、陰のジャクスンだとすると、『日時計』は外向き、陽のジャクスンだと言えるかも。
【2016/11/19 17:05】 URL | kazuou #- [ 編集]

ゴッド・ガン
装丁も内容も素晴らしくて早川書房様ありがとうございます。魅力的なガジェット、あと1ページなのにどうやってオチをつけるのか心配になる盛り込みよう、初っぱなからハートを鷲掴みにされる展開などは漫画家の板橋しゅうほう先生を思い出させます。はちゃめちゃSFも良いですが、唯一のファンタジーである「災厄の船」のエルフの王が印象に残りました。「シティ5からの脱出」も復刊して欲しい!
【2016/11/25 13:50】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

ベイリー
『ゴッド・ガン』面白かったですね。基本はアイディア・ストーリーだと思うのですが、ハッタリのつけ方がかっこいいんですよね。
巻頭の表題作からして、とんでもない設定の話で、どうオチをつけるんだと思っていたら、これまた唖然とするような結末でビックリしました。
【2016/11/26 13:17】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/676-c702dc26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する