H・G・ウエルズのSF・幻想短篇を読む
458529127X未来を覗く H・G・ウェルズ ディストピアの現代はいつ始まったか
小野俊太郎
勉誠出版 2016-07-08

by G-Tools

 先日、小野俊太郎『未来を覗くH・G・ウェルズ』(勉誠出版)という本を読みました。H・G・ウェルズのSF小説、『タイムマシン』『モロー博士の島』『透明人間』『宇宙戦争』など、代表作を中心に、それぞれの作品が含む問題提起について、丁寧に解説した良書です。
 代表作だけでなく、いくつかの短篇についても触れられています。読んだ後、ウェルズの作品が再読したくなり、手持ちの短篇集を引っ張り出してきて、いろいろ読み直してしまいました。

 改めて紹介すると、イギリスの作家、H・G・ウェルズ(1866-1946)は、フランスのジュール・ヴェルヌと並び、SFジャンルの開祖とされる作家です。ともに、未来の社会や技術をテーマとして取り上げた作家ですが、ヴェルヌがあくまで当時の技術の発展上の世界を描くのに対して、ウェルズはそれにこだわりません。
 「タイム・マシン」や「透明人間」など、ウェルズの作品では、今現在でも実現されていない技術、そもそも実現が可能なのかどうかもわからないアイディアが多く扱われています。そのアイディアの幅は広く、SFの基本となるテーマは、ウェルズがほぼ出しているといってもいいほどです。
 アイディアの先駆性を別にしても、ウェルズの作品は今読んでも、物語として面白いものが多いです。SFだけにとどまらず、ファンタジー・幻想小説としてみても、優れたものが多く見られます。


 ウェルズの短篇集は、各社からいくつも出ていたのですが、近年は品切れになっているものも多いようですね。いちばん手に入りやすいのは、岩波文庫の『タイム・マシン -他九篇』(橋本槇矩訳)と『モロー博士の島 -他九篇』(橋本槇矩、鈴木万里訳)でしょうか。
 岩波文庫では、他に中篇『透明人間』(橋本槙矩訳)も入手可能です。



4003227611タイム・マシン 他九篇 (岩波文庫)
H.G. ウエルズ 橋本 槇矩
岩波書店 1991-05-16

by G-Tools

 『タイム・マシン』は、時間旅行を扱った名作『タイム・マシン』のほか、地球外の惑星の光景が映る水晶球を描いた『水晶の卵』、常人の数千倍で動ける薬を扱った『新加速剤』、あらゆる奇跡を起こせるようになった男を描く『奇蹟を起こした男』、魔法のお店を描いた『マジック・ショップ』、別世界への扉が現れるという『塀についた扉』、盲人だけで構成された国に迷い込むという『盲人国』などを収録。



4003227638モロー博士の島 他九篇 (岩波文庫)
H.G.ウエルズ 橋本 槇矩
岩波書店 1993-11-16

by G-Tools

 『モロー博士の島』は、動物を人間に改造しようとするモロー博士の野望を描く表題作のほか、絶滅したはずのエピオルニスの雛を手に入れた男を描く『エピオルニス島』、蛾をめぐる二人の科学者の争いを描く『蛾』、体重がなくなってしまった男を描く『パイクラフトの真実』、人格交換を描いた『故エルヴィシャム氏の物語』、突然地球の反対側の情景が見えるようになるという『デイヴィドソンの不思議な目』などを収録しています。


 岩波文庫の次に入手しやすいのは、創元SF文庫の《ウェルズSF傑作集》2冊です。



B007TAKMS4タイム・マシン ウェルズSF傑作集
H・G ウェルズ 阿部 知二
東京創元社 1965-12-03

by G-Tools

 『タイム・マシン』(阿部知二訳)は、 『塀についたドア』『奇跡をおこさせる男』『ダイヤモンド製造家』『イーピヨルスの島』『水晶の卵』などを収録。『ダイヤモンド製造家』は、ダイヤモンドを製造する方法を見つけた男の悲喜劇を描く作品です。



B007TAKL8K世界最終戦争の夢 ウェルズSF傑作集
H・G ウェルズ 阿部 知二
東京創元社 1970-12-18

by G-Tools

 『世界最終戦争の夢』 (阿部知二訳)は、南米でのアリとの戦いを描く『アリの帝国』、吸血花を扱った『珍しい蘭の花が咲く』、深海の生物に襲われる『海からの襲撃者』、ダイヤモンドを飲み込んだダチョウをめぐるコミカルな小品『ダチョウの売買』、近未来の戦争を予告する『世界最終戦争の夢』などを収録。



4336025630白壁の緑の扉 (バベルの図書館 8)
H・G・ウェルズ ホルヘ・ルイス・ボルヘス
国書刊行会 1988-09-24

by G-Tools

 ボルヘス選の文学全集シリーズ《バベルの図書館》のウェルズの巻『白壁の緑の扉』(小野寺健訳 国書刊行会)には、5篇を収録しています。他の作品集で読める作品ばかりですが、中では『プラットナー先生綺譚』が珍しいでしょうか。化学の実験中の爆発により、異世界に飛ばされてしまった教師を描く作品です。



4042703062タイムマシン (角川文庫)
H.G. ウェルズ Herbert George Wells
角川書店 2002-06

by G-Tools

 『タイム・マシン 他六篇』(石川年訳 角川文庫)
 鉄の潜水艦で、深海世界を冒険する『深海潜航』、ネアンデルタール人を描く先史小説『みにくい原始人』の収録が貴重でしょうか。


 ハヤカワ文庫では、《H・G・ウェルズ傑作集》全4巻が出ていましたが、すべて品切れ中です。各巻のタイトルは『モロー博士の島』『タイム・マシン』『透明人間』『神々の糧』。短篇集は『モロー博士の島』『タイム・マシン』の2冊です。



4150103461神々の糧 (ハヤカワ文庫 SF 346)
H.G.ウェルズ 小倉 多加志
早川書房 1979-06

by G-Tools

 長編『神々の糧』(小倉多加志訳)は、発達促進剤ヘラクレフォービアにより、際限なく生物が巨大化していくという世界を描いた作品です。



415010266Xモロー博士の島 (ハヤカワ文庫 SF―H・G・ウエルズ傑作集 (266))
H・G・ウエルズ 宇野 利泰
早川書房 1977-11

by G-Tools

 『モロー博士の島 H・G・ウェルズ傑作集1』収録作では、発電機を神とあがめる未開人が生贄を捧げてしまうという『ダイナモの神』、妖精の女王によって妖精国に連れ去られた青年を描くファンタジー『妖精の国のスケルマーズデイル君』が面白いですね。



タイムマシンタイム・マシン (ハヤカワ文庫 SF 274)
H.G.ウェルズ 宇野 利泰
早川書房 1978-01

by G-Tools

 『タイム・マシン H・G・ウェルズ傑作集2』
 鋼鉄の戦艦が登場し、近代戦争を予言したとされる『陸の甲鉄艦』、細菌学者の家から盗まれた最近をめぐる『盗まれたバチルス』などを収録。



B000J7Y6A4ザ・ベスト・オブ・H・G・ウエルズ (1981年) (サンリオSF文庫)
H.G.ウェルズ 浜野 輝
サンリオ 1981-06

by G-Tools

 『ザ・ベスト・オブ・H・G・ウェルズ』(サンリオSF文庫 浜野輝訳)は、SF以外の作品も含めた作品集。意識が肉体を離れて遊離するという『手術を受けて』、22世紀の恋愛を描く『近い将来の物語』、亡き王妃のために作られた豪華な霊廟をめぐる寓話『愛の真珠』などを収録しています。



イカロスイカロスになりそこねた男
H.G. ウエルズ Herbert George Wells
ジャストシステム 1996-05

by G-Tools

 『イカロスになりそこねた男』(橋本槙矩訳 ジャストシステム)は、ウェルズの珍しい作品を集めた作品集ですが、全体にSF味は薄いです。
 『空中飛行家』『イカロスになりそこねた男』は、空中飛行への憧れと挫折を描いた作品。ほかに、怪奇小説『ウォルコート』など。



433475208X盗まれた細菌/初めての飛行機 (光文社古典新訳文庫)
ハーバート・ジョージ ウェルズ Herbert George Wells
光文社 2010-07-08

by G-Tools

 『盗まれた細菌/初めての飛行機』(南條竹則訳 光文社古典新訳文庫)は、ウェルズのユーモア要素のある作品を集めています。
 資産家の屋敷を狙う泥棒を描いた『ハマーポンド邸の夜盗』、飛行機で飛び立った青年が村に大騒動を巻き起こすという『初めての飛行機』など。
 ウェルズの多面性を知るにはいいと思いますが、最初に読むウェルズ作品集としては、あまりオススメできない感じではあります。


 他にアンソロジー収録作品としては、アフリカの呪術師に呪われるという怪奇小説『ポロ族の呪術師』(池央耿訳 アシモフほか編『クリスマス13の戦慄』新潮文庫収録)、成仏できずにさまよう幽霊をブラック・ユーモアたっぷりに描いた『不案内な幽霊』(南條竹則訳 『イギリス恐怖小説傑作選』ちくま文庫巣収録)、呪われた部屋をめぐる本格怪奇譚『赤の間』(斉藤兆史訳 由良君美編『イギリス怪談集』河出文庫収録)などが面白いですね。


 基本的に、岩波文庫と創元社の短篇集があれば、代表的な作品は読めます。ただ、ウェルズファンとしては、SF・幻想短篇を集成した決定版の短篇集が欲しいところです。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

手持ちって…ほぼ完璧じゃないですか(笑)
個人的に愛着があるのは創元推理文庫版。2冊で終わってつくづく残念です。
妙に印象深い作品は「盲人の国」(創元版ではこの邦題だったような)。今だったら人権的配慮で微妙な作品ではありますね。
【2016/10/01 11:15】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
ウェルズ作品集、岩波文庫版が出たのが1990年代前半なので、それまでは創元版がスタンダードでしたね。ハヤカワ版は品切れになったり、復刊したりの繰り返しだったような気がします。

『盲人の国』は、今でもインパクトのある作品ですよね。
【2016/10/01 12:39】 URL | kazuou #- [ 編集]

再読しよう
タイムマシン、小学生の頃なんども図書室で借りては読んだものです。ストーリーは
今でも鮮明に覚えている、つもりだったのです、が、今回の記事を読んでおどろいたのですが短編だったんですね!
子供の頃住んでいた街を訪れるとミニチュアの世界に訪れたように感じる的なショックを受けました。
色々な作家さんによる続編は大人になってから色々読んでいるのですが(特集リクエストします^_^)、そういえば本家は読んでいなかった(°_°)
ウェルズとベルヌは読み返さなくちゃと思いながらなかなか実行できずにいます。
【2016/10/04 23:39】 URL | ヤス #- [ 編集]

>ヤスさん
『タイム・マシン』、短篇というか中篇に近いんですが、それでも、他の短篇と一緒に収録できてしまう長さなんですよね。それでいて、内容の密度がすさまじい。
ウェルズの他の短篇作品もそうなんですが、数十年ぶりに再読しても、面白く読めるのに驚きます。「SF」として見ると、さすがに古いのかもしれませんが、「幻想小説」や「ファンタジー」として見ると、面白い作品がいっぱいありますよ。
【2016/10/05 08:22】 URL | kazuou #- [ 編集]

ウェルズとヴェルヌ
…というと、どういう訳だか対にしてライバルのように扱っていて、(決める必要もないのに)何となくウェルズ派だったりします。根拠も特にないのですが。

あと、どちらも子供時分に子供向け文学全集で読んだため、実は改めて原典に当たってはいない作品が結構ある作家の一つでもあります。
「透明人間」しかり、「宇宙戦争」しかり、「海底二万里」しかり、「十五少年漂流記」(←内容的には、結構「宝島」と混同していそうなのですが…。ただ、「蝿の王」や「漂流教室」の原型とも言える作品ですよね。)しかり…
中には「八十日間世界一周」のように、有名作品でも作品に当たったことはなく、パロディアニメくらいしか見たことがないようなものも。(タイム・マシンは読んだかな…)
その辺の作品に関して改めて原典に当たるかどうかは迷うところですね…重要な落ちや話の転換点については記憶してしまっているので、そこの楽しみはない訳ですし。
ただ、「宇宙戦争」のビジョンとオチにとても感銘を受けたのは覚えていて、"ウェルズ派" なのは多分そのためです。

そんな人間に語る資格があるのかは微妙ですが(ウェルズの短編は大人になってからもある程度は読みましたが)、個人的な感覚ではマンガに例えると、ヴェルヌ=少年漫画的、ウェルズ=青年誌的、という印象でしょうか。これは別にヴェルヌの世界が場当たり的・ご都合主義的だとか、単純だとかいうのではなく、作品の魅力の中に、冒険とか(悪玉との)競争・闘争だとか、ラスボスとの邂逅だとかいった要素を色濃く含んでいて、そこが何となく似ているかなと。
ウェルズの方はと言うと、悪玉や冒険が無くはないのですが、それは善玉との抗争であるよりはホラー的で、不可抗力的な「力」の前に人間が翻弄されたり、新たな物や力へ人間の業が影を落とすような話が多い印象です。
今読み返すとしたら、どちらのどの作品かなぁ… 案外読み落としている作品もありそうですが、これは結構穴場的に面白い作品だとか、これは原典に当たらなくては、という作品、ありますでしょうか?

* * *

直接的に関係ないのですが、SF的な魅力の作品と言うことでここに。
「南十字星共和国」、ご紹介の文を見ると、どれも何とも魅力的に感じるのですが(基本的にダークな話にも魅力を感じる方なので)、昔読んだ記憶はと言うと実はほとんど印象に残っていなくて、同時期に読んだクービンの「裏面」などとも印象がごっちゃになっていて、何となく暗くて晦渋、程度の印象しか残っておらず、そのギャップにあれれ…と。
嗜好の違いによる可能性もありますが、今読んだら印象が結構変わるような気がして、買って読み返そうという気になりつつあります…
【2016/10/10 23:27】 URL | Green #mQop/nM. [ 編集]

>Greenさん
ウェルズとヴェルヌって、並び称されてはいますが、かなりタイプの違う作家だと思います。子供向け作品のリライトや翻案などもたくさんあるので、原典をちゃんと読んでるかも、確かにわかりくいですね。

僕は子供の頃、子供向けの翻訳ものってほとんど読んでなかったので、ウェルズもヴェルヌも全部大人向けの翻訳で読んでます。

ヴェルヌの小説の骨格は、基本的に「冒険小説」だと思います。それに科学の衣をかぶせているというか。『海底二万里』とか『地底旅行』あたりは、そのバランスが上手くはまっている傑作だと思いますが、科学のレクチャーがやたらと出張ってきてしまって、読み物としては退屈になっている作品も結構ありますよ。

ウェルズの方が、小説として面白く読めるものが多いですね。『透明人間』を映画化した『インビジブル』ってホラー映画がありましたけど、ストーリーはともかく、意外と原作のテイストに近かったりするのを見ても、今でも通用するテーマを持っていると思います。

ヴェルヌでは、あまり一般には読まれていないと思いますが、幻想的要素の強い『カルパチアの城』『永遠のアダム』あたりがオススメでしょうか。
ウェルズは、やっぱり『タイムマシン』『透明人間』『モロー博士の島』あたりはきちんと読んでおいた方がいいかもしれませんね。短篇は、アンソロジー・ピースレベルの作品がごろごろしてるので、どれがいいとも言いにくいんですが。

『南十字星共和国』、「暗い」のは暗いのですが、晦渋ではなかったですよ。個人的にはSF的な作品というよりは、ゴシック小説を読むような感じで読んでました。
【2016/10/11 20:45】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/672-d95093b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する