FC2ブログ
9月の気になる新刊と8月の新刊補遺
8月24日刊 シャーリイ・ジャクスン『絞首人』(文遊社 予価1944円)
8月25日刊 『新編・日本幻想文学集成 第2巻』(国書刊行会 6264円)
8月26日発売 《ナイトランド・クォータリーvol.6》 (アトリエサード 1836円)
9月7日刊 アンドレ・ド・ロルド『ロルドの恐怖劇場』(ちくま文庫 予価907円)
9月12日刊 石塚久郎編『病短編小説集』(仮題)(平凡社ライブラリー 予価1512円)
9月20日刊 ステファン・グラビンスキ『狂気の巡礼』(国書刊行会 予価2916円)
9月26日刊 バリントン・J・ベイリー『時間衝突 新版』(創元SF文庫 予価1123円)
9月27日刊 アンナ・スタロビネツ『むずかしい年頃』(河出書房新社 予価2160円)
9月27日刊 ローダ・レヴァイン/エドワード・ゴーリー『ぼくたちが越してきた日から、そいつはそこにいた』(河出書房新社 予価1404円)
9月27日刊 大森望 『SFマニア超入門』(河出書房新社 予価2052円)
9月30日刊 J・G・バラード『J・G・バラード短編全集1 時の声』(東京創元社 予価3888円)
9月30日刊 エドワード・ケアリー『堆塵館 アイアマンガー三部作1』(東京創元社 予価3240円)

東京創元社復刊フェア(9月下旬)
F・W・クロフツ『二つの密室』
イーデン・フィルポッツ『灰色の部屋』
シオドー・マシスン『名探偵群像』
マーガレット・ミラー『狙った獣』
クレイトン・ロースン『棺のない死体』
ヤン・ヴァイス『迷宮1000』
アイザック・アシモフ『暗黒星雲のかなたに』
マンリー・W・ウェルマン&ウェイド・ウェルマン『シャーロック・ホームズの宇宙戦争』
アーサー・C・クラーク『イルカの島』
アレクサンドル・ベリャーエフ『ドウエル教授の首』


 文遊社から、シャーリイ・ジャクスンの未訳長編『絞首人』が刊行です。東京創元社からも、同一作品の翻訳『処刑人』(仮題)の刊行が秋に予定されており、どちらを購入するか迷いますね。

 《ナイトランド・クォータリーvol.6》 の特集は、〈奇妙な味の物語〉 です。 ケン・リュウ、ニール・ゲイマン、ジョン・コリア、サキ、ロバート・ブロック、チャールズ・ボーモント等の翻訳短篇を掲載。これは楽しみです。

 『ロルドの恐怖劇場』(ちくま文庫)は、残酷劇で有名なグラン=ギニョルの大立者アンドレ・ド・ロルドの作品を集めた作品集。怪奇小説ファンは要チェックです。

 9月のイチオシはこれ、ポーランドの怪奇小説作家、ステファン・グラビンスキの邦訳作品集の第2弾『狂気の巡礼』です。14の短篇を収録とのこと。
 グラビンスキの邦訳が出ると聞いたときは、一冊で終わりだろうな、と思っていただけに、まさか、二冊目が出るとは、驚きと同時に非常に嬉しくもあります。『東欧怪談集』でグラビンスキの名を知ってから、ずっと待ち続けていた甲斐がありました。

 アンナ・スタロビネツ『むずかしい年頃』は、現代ロシアのホラー作品集だとのこと。

 J・G・バラード『J・G・バラード短編全集1 時の声』は、8月刊行予定が変更になったようですね。

 エドワード・ケアリーといえば、『望楼館追想』『アルヴァとイルヴァ』などの邦訳で知られる作家。独特の味を持つファンタジー作家です。『堆塵館』は、《アイアマンガー三部作》と呼ばれる三部作の1作目だそうですが、あらすじを読むだけでも、不思議な魅力が感じられますね。
 「ロンドンにある〈堆塵館〉は、ゴミで材をなしたアイアマンガー一族の広大な屋敷だ。屋敷の裏手には百年以上にわたって集められたロンドンじゅうのゴミが山となって広大な敷地を占領している。屋敷では、一族数百人がひとつ屋根の下で暮らしている。屋敷の地上階に暮らしているアイアマンガーたちは屋敷から出ることをゆるされず、彼らに使える召使いたちもみな一族の遠い縁戚にあたる。アイアマンガー一族は生まれるとすぐに何か品物をひとつ与えられ、生涯持ち続けるのだ。バースオブジェクトという。そんなアイアマンガーのひとり、クロッドには、品物の声が聞こえるという特殊な力があった……。」

 今年度の東京創元社復刊フェアの目玉は、ヤン・ヴァイス『迷宮1000』でしょうか。迷宮をテーマにした幻想小説です。エンタテインメントとして見ると弱いのですが、不思議なイメージにあふれたファンタジーとして、一読の価値はある作品だと思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
謎…
ジャクスンの邦訳が続いているのは引き続き驚きなのですが、更に2社が同時邦訳って…今そんなにジャクスンは魅力的なコンテンツなんでしょうかね(もちろんジャクスンは魅力的な作家だと思うんですが)……いったい何故…

ケアリー、面白そうなんですが3部作の第1部なんですね。作品トータルでの魅力しか記憶にないので、途中まででも面白いのかなという疑問はちょっとあります・・
スタロビネツ、女性作・東欧モノ、のホラーだと、日常的な視点をちょっと幻想的にゆがめて終わる感じの作品か、などという偏見が抜けないのですが、もし読まれて面白かったら改めてご紹介を…
「迷宮1000」は、期待して買って、その時はさほど面白く読めなかったような記憶がありますが、これは読者のイメージ喚起力が試されるということか…

ナイトランド・クォータリー、メンツを見ると魅力的な一方で、ほとんど紹介されつくした作家ばかりで落ち穂拾いに終わるのでは?という心配も… オーソドックスな「異色作家」の面々の中、ケン・リュウだけ唐突に新しいメンツな感じですね…(ゲイマンも一応新しい??)

ベイリーの「時間衝突」が挙がっていますが、ちょっと伺いたいのがどんな魅力・面白さの作品なのかということ。SFの人気の有名作品だということは一応分かっているのですが・・
【2016/08/21 09:06】 URL | Green #mQop/nM. [ 編集]


バラードの短編、昔はニューウェーブ様ぞよ! と構えて読んでいましたが、肩の力を抜いて再読するのもいいかもしれませんね。
【2016/08/21 11:42】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>Greenさん
ジャクスンは、このところ邦訳が続いてますね。国書の方からも予定がありますし。ある種のブームなら、これを機に、どんどん訳してもらいたいものです。

ケアリーは、クセがあるので、合わない人には合わないかもしれませんね。
スタロビネツは、読んでみないと分からないのですが、面白かったらレビューを挙げたいと思います。

『迷宮1000』は、ある意味「夢」みたいな小説なので、ちゃんとしたストーリーを求めると、あんまり面白くない作品じゃないでしょうか。僕は、舞台になる世界観のイメージだけでも好きな作品です。

新しい世代の《奇妙な味》の作家って、あんまり進んでいないような気がします。
純文学系の作家は紹介されてきてますが、エンタテインメント畑の短編作家って、あんまり見ないような気が…。
随分前に、尾之上浩司さんだったと思うんですけど、新しい世代の《異色作家》の特集をやっていましたが、それらの作家もほとんど未邦訳だと思います。例えば、アダム=トロイ・カストロの短篇なんか、もっと紹介してほしいです。

ベイリーは、大真面目に馬鹿話をするタイプの作家ですね。SF的なアイディアやガジェットをやたらと詰め込むので、話のバランスとしてはいびつなんですが、読んでいて先の読めない面白さがあります。ミステリでは《バカミス》というジャンルがありますが、あれのSF版だと思っていただければいいかと思います。
大体、基本はスペースオペラなので、このジャンルが苦手だとちょっときついかもしれませんが。
【2016/08/21 12:56】 URL | kazuou #- [ 編集]

>迷跡さん
バラード、昔は難解な作家だと思って敬遠してましたが、今改めて読むと、意外にリーダビリティが高かったりして驚きます。
特に初期の作品は、ちゃんとしたアイディアSFだったりするので、今回の短篇全集で新たな読者も増えるんじゃないでしょうか。
【2016/08/21 12:58】 URL | kazuou #- [ 編集]


シャーリー・ジャクスンの翻訳はうれしいのですが、このようにダブルと、「もったいない」(共倒れにならないと良いのだが)と思ってしまいます。

まあ、商売といえばそれまでなんですが、このダブりってなんとかならないかなといつも思います。
【2016/08/25 21:07】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankさん
長年温めていた企画なのかもしれないし、難しいところですよね。国書みたいに、何年も前に、とりあえず予告だけしてしまうとかすれば、ぶつからないような気もしますが。
ファンとしては、せっかくの邦訳機会がつぶれてしまったようで、もったいないです。
【2016/08/25 21:20】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/667-a8b0ce39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する