6月の気になる新刊と5月の新刊補遺
発売中 『ナイトランド・クォータリーvol.05 闇の探索者たち』(アトリエサード 1836円)
発売中 エイミー・ベンダー『レモンケーキの独特なさびしさ』(角川書店 2376円)
6月2日刊 デイヴィッド・パンター『恐怖の文学 その社会的・心理的考察 1765年から1872年までの英米ゴシック文学の歴史』(松柏社 予価4320円)
6月7日刊 スティーヴン・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス』(河出文庫 予価1620円)
6月7日刊 グレッグ・イーガン『TAP』(河出文庫 予価972円)
6月10日刊 コードウェイナー・スミス『アルファ・ラルファ大通り 人類補完機構全短篇2』(ハヤカワ文庫SF 予価1296円)
6月10日刊 ジョン・コラピント『無実』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価1188円)
6月11日刊 アレクサンドル・デュマ『ボルジア家』(作品社 予価2592円)
6月17日刊 ディーノ・ブッツァーティ『古森のひみつ』(岩波少年文庫 予価756円)
6月22日刊ハル・クレメント 『一千億の針 新版』(創元SF文庫 予価1058円)
6月23日刊 『ポケットマスターピース9 E・A・ポー』(集英社文庫 予価1404円)
6月23日刊 『新編 日本幻想文学集成 第1巻』(国書刊行会 予価5400円)
6月24日刊 ヴォルテール『カンディード』(晶文社 予価1944円)
6月24日刊 スティーヴン・ロイド・ジョーンズ『白夜の一族 上・下』(ハヤカワ文庫NV 予価各950円)
6月28日刊 コリン・ウィルソン『宇宙ヴァンパイアー』(新潮文庫)
6月30日刊 ハビエル・マリアス 『執着』(東京創元社 予価2700円)


 デイヴィッド・パンター『恐怖の文学』は、ゴシック小説の研究書。原書は2巻本で、その前半部分の訳、1872年までの作品を扱っているようです。2巻は、現代よりの時代を扱っているそうですが、こちらの邦訳もいずれ出るのでしょうか。

 ディーノ・ブッツァーティ『古森のひみつ』は、岩波少年文庫からの刊行。児童文学的な作品なんでしょうか。ちなみに挿絵はブッツァーティ本人ではないようです。

 刊行が話題になっている、 《新編 日本幻想文学集成》の1巻は、旧シリーズにはなかった増補巻。安部公房、倉橋由美子、中井英夫、日影丈吉の作品を収めます。
 改めて説明しておくと、《新編 日本幻想文学集成》は、旧シリーズ《日本幻想文学集成》全33冊を再編集して、4人の作家を新しく増補した1巻を加え、全9巻で刊行されます。
 このシリーズ、バラ買いはしにくいので、全部揃えるか、揃えないか、の二択になりそうです。

 集英社の《ポケットマスターピース》は、文豪の名作を集めた厚手のシリーズ。すでに何巻か刊行されています。長編の抜粋ばかりとか、ちょっと編集的に気になる面もあるのですが、手に入りにくい作品が入っていたりするので、その作家のファンなら手に入れる価値があるかと思います。
 出たばかりのスティーヴンソンの巻では、珍しい短篇がいくつも入っていて、お得な巻でした。ポーは、文庫で全集が手に入るので、大体の作品が読めると思いますが、新訳で読むのもまた一興かと思います。

 スティーヴン・ロイド・ジョーンズ『白夜の一族』は、「呪われた一族を描く壮大な歴史ホラー」だそうで、これは面白そうですね。

 村上春樹と柴田元幸が組んで刊行中の、《村上柴田翻訳堂》。翻訳小説の名作を刊行するというシリーズなのですが、純文学作品に混じって、エンタテインメント路線もいくつか入っているのが特徴。
 コリン・ウィルソン『宇宙ヴァンパイアー』もその一つなのですが、随分思い切ったセレクションですね。今後の予定で気になるのは、リング・ラードナー『アリバイ・アイク ラードナー傑作選』でしょうか。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
あれこれ
本日『ナイトランド・クォータリーvol.05 』購入。
『一千億の針 新版』と『宇宙ヴァンパイアー』は懐かしいなあ。いずれもお気に入りです。
《ポケットマスターピース》は意味無しと思いつつ、セレクションが気になって、出るごとに店頭でチェックしちゃいますね。
イーガンの翻訳権はハヤカワ独占というわけではなかったのか!

【2016/05/29 14:26】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
『ナイトランド・クォータリーvol.05』は、僕も今日購入しました。「オカルト探偵」に引き寄せて、ナイトランド叢書の『エイルマー・ヴァンス』の評論を載せるなど、旧シリーズよりも「商売上手」になっているような気がします。

名作の新訳は嬉しいですが、逆にこの作品が絶版になっていたのか、という驚きもありますね。

《ポケットマスターピース》は、ただの文学全集かと思って、気に留めていなかったです。スティーヴンソンは、あまり文学全集でも取り上げないことが多いですよね。せいぜい『宝島』とかが入るぐらいで。

イーガンは、河出書房の《奇想コレクション》の1冊として出たものの文庫化ですね。なので、ハヤカワ独占というわけでもないと思いますよ。
【2016/05/29 16:22】 URL | kazuou #- [ 編集]


あまり注目を引かないデュマの「ボルジア家」 古い本で読んだ記憶が・・
出るのはうれしいような気もしますが、ニーズがあるのだろうか?と思ってしまいました。
【2016/05/31 21:18】 URL | fontanka #- [ 編集]

ボルジア家
三年前にデュマの『ボルジア家風雲録』というのが出てるんですよね。今回のものも、これと同じ作品なんでしょうか。
【2016/05/31 22:27】 URL | kazuou #- [ 編集]

ジャングルブック
映画化のせいか文春、角川、新潮文庫で出るんですね。訳は木島始先生の文章が好きですが、挿絵は岩波少年文庫の五十嵐大介画伯が素晴らしい。ディズニーと違い、原作の動物たちはジャングルの神秘と魔性を体現した存在で中でも大蛇カーと黒豹バギーラが大好きです。人間界に帰ってゆくモーグリを送る仲間たちの歌は感動します。
【2016/06/10 15:46】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/657-f6976dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する