5月の気になる新刊
5月10日刊 岡本綺堂他『見た人の怪談集』(河出文庫 予価778円)
5月12日刊 エドガー・アラン・ポー『アッシャー家の崩壊/黄金虫』(光文社古典新訳文庫)
5月12日刊 ミステリー文学資料館編『電話ミステリー倶楽部』(光文社文庫)
5月19日刊 牧眞司『JUST IN SF』(本の雑誌社 予価1836円)
5月20日刊 『ポケットマスターピース8 スティーヴンソン』(集英社文庫 予価1404円)
5月21日刊 ハル・クレメント『20億の針 新訳版』(創元SF文庫 予価1058円)
5月24日刊 フィリップ・K・ディック『死の迷路』(ハヤカワ文庫SF 予価1015円)
5月25日刊 イェンス・ハルダー『アルファ』(国書刊行会 予価3996円)
5月28日刊 スティーヴン・ミルハウザー『魔法の夜』(白水社 予価2268円)
5月30日刊 カミ『ルーフォック・オルメスの冒険』(創元推理文庫 予価972円)
5月予定 L・P・デイヴィス『虚構の男』(国書刊行会)
5月予定 サーバン『人形つくり』(国書刊行会)
5月予定 アレクサンドル・デュマ『ボルジア家』(作品社 予価2592円)


 岡本綺堂他『見た人の怪談集』は、「怖い怪談」を集めた作品集だとのこと。岡本綺堂、小泉八雲、橘外男、池田彌三郎らの作品を収録。

 牧眞司『JUST IN SF』は、SFのガイドブック。これは面白そうですね。

 イェンス・ハルダー『アルファ』は、「ビッグバンから人類誕生までの140億年を2000枚におよぶ画で描いた」作品だそうで、これは気になります。

 『魔法の夜』は、スティーヴン・ミルハウザーの作品集。2008年の『ナイフ投げ師』以来の短篇集ですね。

 『ルーフォック・オルメスの冒険』は、フランスのユーモア作家カミの、ホームズパロディ作品集です。
 戦前から我が国では人気があり、邦訳もたびたびなされていますが、1970年代に出帆社から刊行されたのが最後でしょうか。近年、高野優さんの訳でカミの作品がいくつか邦訳されていたので、いつか出るかもとは思っていましたが、これは嬉しい驚き。
 ホームズのパロディは星の数ほどありますが、カミの作品はぶっとんだ発想とユーモアで、ホームズパロディというよりは、カミオリジナルのユーモア小説として楽しめます。

 共に小説の読み巧者として知られる、若島正・横山茂雄編になる叢書《ドーキー・アーカイヴ》(全10巻)が、国書刊行会から発刊されます。
 刊行書目を紹介しておきましょう。

L・P・デイヴィス『虚構の男』矢口誠訳
サーバン『人形つくり』館野浩美訳 
シャーリイ・ジャクスン『鳥の巣』北川依子訳 
ドナルド・E・ウェストレイク『さらば、シェヘラザード』矢口誠訳
ステファン・テメルソン『ニシンの缶詰の謎』大久保譲訳
ロバート・エイクマン『救出の試み』今本渉訳
アイリス・オーウェンズ『アフター・クロード』渡辺佐智江訳
チャールズ・ウィリアムズ『ライオンの場所』横山茂雄訳
ジョン・メトカーフ『煙をあげる脚』横山茂雄他訳
マイクル・ビショップ『誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?』小野田和子訳

*タイトルは仮題です

 この叢書、マニアックなタイトル・作家を並べていますが、特定のジャンルというよりは、既存のジャンルに当てはまらない作品を集めた、ごった煮的なラインナップのようですね。
 例えばウェストレイクのような有名作家でも、かなりの異色作が選ばれているようです。ロバート・エイクマンの作品に至っては、なんと自伝だそうです。
 個人的に気になるのは、メトカーフの怪奇小説集『煙をあげる脚』と、アメリカのSF作家マイクル・ビショップの『誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?』でしょうか。
 第1弾は、5月刊行の、L・P・デイヴィスのジャンル・ミックス作品『虚構の男』と、謎の覆面幻想作家サーバンの幻想小説集『人形つくり』です。これは完結まで応援していきたい叢書になりそうです。
 刊行告知パンフレットも書店に並び始めているようなので、興味のある方はぜひ。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
ドーキー・アーカイブ
シャーリィ・ジャクスンの鳥の巣とアンナ・カヴァンの鷲の巣を取り違えそうになりました。とても魅力的なラインナップですね。エイクマン作品も楽しみです。
【2016/04/29 01:07】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
横山茂雄さん肝入りのシリーズとしては、以前にも《20世紀イギリス小説個性派セレクション》なんてのがありましたが、今回はよりエンターテインメント寄りの作品を集めているところが嬉しいですね。
以前読んだ文章では、エイクマンの自伝はかなり面白いとの紹介でしたよ。
【2016/04/29 08:25】 URL | kazuou #- [ 編集]

見た人
綺堂作品、"見た人"といえばあれこれ思い浮かびますが、私的には長めですけど「白髪鬼」を採りたい。
収録作品を想像する楽しみがありますね。
【2016/04/30 14:43】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
『白髪鬼』もいいですね。綺堂作品は怪談でも味わいのある作品が多いので、選ぶとなると迷います。
【2016/04/30 19:02】 URL | kazuou #- [ 編集]

《ドーキー・アーカイヴ》叢書
やはりこの叢書が気になります
5月出版予定の2冊も楽しみです、サーバンはだいぶ前に読んだ「角笛の音の響くとき」の解説か何かで覆面作家というのを知り気になってました。
「異端の鳥」のコジンスキーや、ピンチョン、こまりましたの田島莉茉子等々、なんか覆面作家という語呂がかっこよくつい購入してしまいます。
『アフター・クロード』渡辺佐智江訳も楽しみです、渡辺さんの翻訳物は変なのが多いので面白いです。
しかしこの叢書で最も楽しみなのは、kazuouさんと同じく『誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?』です。
風間賢二さんや、もう何十年前のSFマガジンの書評で取り上げとても気になってました。

シリーズ完結まで長年かかる国書さんですが、本当に完結まで応援していきたいです。
【2016/05/01 16:59】 URL | つくばのガマ #17ClnxRY [ 編集]

>つくばのガマさん
『角笛の音の響くとき』は、妙に心に残る作品でした。他の作品が紹介されるのをずっと待ってましたが、結局『角笛…』邦訳から50年近く経ってしまいましたね。

《ドーキー・アーカイヴ》のタイトル、若島正・横山茂雄両氏のエッセイなどでも紹介されていた作品が混じっているようで、期待が膨らみます。確かに、国書刊行会以外では出すのは難しいだろうなあ、と思わせるラインナップですよね。
二期があるなら、どんな作品が入るのかな?と早くも想像してしまいますね。
【2016/05/01 20:09】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/652-07f352d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する