新人類を創生せよ!  エドモンド・ハミルトン『フェッセンデンの宇宙』
20060409135631.jpg

 スペースオペラの達人エドモンド・ハミルトンは、またセンス・オブ・ワンダーに満ちた短編の名手でもあります。最近のリバイバルブームで、三冊の短編集『フェッセンデンの宇宙』(河出書房新社)および『反対進化』『眠れる人の島』(創元SF文庫)が出ており、ハミルトンの主要な作品に触れることができるようになりました。しかし今回は、ハミルトン本邦初の短編集であるハヤカワSFシリーズ版の『フェッセンデンの宇宙』(小尾芙佐他訳)を取り上げたいと思います。この短編集は、最近出た三冊を含めて、そのバランスの良さ、ヴァラエティとどれをとっても一番の出来ではないかと思います。
 『フェッセンデンの宇宙』天才科学者フェッセンデンは、装置を使い、自分の研究室に小宇宙を作り出すことに成功します。そこでは時間は自分たちの世界よりも速く流れるのです。フェッセンデンは実験と称して、さまざまな惑星の文明に災害を引き起こしては、冷徹に観察していました。友人ブラッドレイはその行為を呆然と見つめますが、自分たちよりも純粋無垢で平和な世界に、遊び半分で破滅をもたらそうとするフェッセンデンに、怒りを爆発させます…。
 いわずと知れた小宇宙テーマの名作です。小宇宙の支配者として振る舞うフェッセンデンの傲慢さが罰を受けるという倫理的なテーマに加え、この世界もまた一つの小宇宙ではないかという示唆を残して終わる結末には、目が眩むような雄大な感覚があります。
 『反対進化』はあっと驚く怪作。地球に飛来した謎のゼリー状異星人。彼らによって明らかになる地球人の起源の秘密とは…。
 進化の頂点を極めたという人類の矜持を打ち砕く恐るべき真実。進化の観点をひっくり返す驚くべき結末。センス・オブ・ワンダーとしか呼ぶことのできない感動が得られます。
 『未来を見た男』は15世紀が舞台。魔術師として捕らえられた男は、未来の世界をかいま見たと語ります。20世紀の科学者の時間旅行の実験により男はタイムトラベルさせられます。そこで見た未来の文明とは…。
 タイムトラベルさえ可能な未来なのに、まだレコードを使っていたりと、かなりアナログな描写が微笑ましいです。結末は悲劇的ながら、人間の未来に対する希望が肯定的に描かれており、読後感のいい作品。
 『翼をもつ男』放射能の影響で翼を持って生まれてきた男。彼はやがて大空を飛ぶことができるようになります。しかし恋をした娘は、彼にふつうの人間になってほしいと懇願します。翼を切除してしまった男は、再び大空への郷愁に引き裂かれるのですが…。
 文字通り翼の生えた男のロマンあふれる物語です。大空に憧れる夫に対し、地上にとどまってほしいと願う妻。夫婦生活の寓意でもあるのでしょうか。
 『追放者』SF作家の集まりの場で、ふだんは寡黙なカリックは驚くべき話を始めます。小説を書く際に、別世界を創造し、その中にいる自分を想像した結果、自分の体がその世界に転移してしまったというのです。しかも創作された世界は、小説に都合のいいように作られた世界。文明は遅れており野蛮で殺伐とした世界だったのです。元の世界に戻れなくなったカリックは、自分にできる唯一の仕事、小説を書き始めるのですが…。
 想像した世界が実在化してしまうというテーマの作品。カリックの話が実話であったということがわかる結末には唖然としてしまうこと受けあいです。
 『虚空の死』は一見オーソドックスな作品。銀河系の星図作成に従事していた宇宙船が故障し、近くの惑星に不時着せざるを得なくなった探検隊。彼れがそこで発見したものは、既に滅んだ種族の残した超文明都市でした。彼らの偉大な遺産を目の当たりにした探検隊は感銘を受けるのですが…。
 過去の超文明に出会うというありふれた話かと思いきや、結末でひっくりかえすのは、さすがハミルトン。
 『ベムがいっぱい』はユーモアSF。ようやく火星に到着したホスキンズとレスターは、英語で話しかける奇怪な火星人に出会います。他にもどれ一つとして共通性のない様々な火星人が存在していることに、彼らは驚きを隠せません。火星人たちは、地球人がSF小説を読むことによってイメージを投影された思念体だというのですが…。
 これも思念が実体化するという作品ですが、スラップスティック風で愉しい作品。科学知識があるという想像をしても、想像している人間に科学知識がないと実際には知識が身に付かない、というところが笑えます。
 『時の廊下』戦火で混乱した母国を救うために戻ってきた政治家ギナールは、事態が自らの手にあまるため「彼ら」の手を借りなければならないとつぶやきます。その言葉に、護衛役のメリル中尉は不審に思いますが、ギナールが不思議な時計をいじる現場に行き会わせ、別次元の空間に移動させられてしまいます。そこは過去や未来の偉大な人物が集まる「時の廊下」。ソクラテスやベーコンが集まるその場所で、ギナールは自分たちより未来の人物から祖国を救う手段を聞こうというのですが…。
 古今東西の偉人が集まる世界、という一見馬鹿らしい設定なのですが、そのテーマは意外にシリアス。人間は未来を知ってはいけないという原則と、滅亡を知りつつも努力することをやめるべきではない、というテーマが示されます。
 『世界のたそがれに』超未来、人類最後の一人となった史上最高の頭脳を持つ科学者ガロス・ガンは、人類を復活させるべく様々な手段を講じます。まず死者の肉体を蘇らせ、都市に住まわせるのですが、彼らには生気を蘇らせることができません。次に現在が無理なら過去から人類を連れてくればいいと考えた彼は、過去から転送機を使い人々を呼び寄せます。しかし時間を超える際に、人間の精神は発狂してしまうのです。失望したガロス・ガンは究極の手を思いつきます。それは生命発生の手順を踏み直し、再び人類に進化させようとする雄大な計画でした。生命発生の徴候を見て取った彼は、数億年にわたる眠りにつくのですが…。
 まさに黙示録的な傑作。現在が駄目なら過去から連れてくればいい、再生できないなら初めから作ればいい。まさに超論理的な展開です。大した科学的根拠もなく、ありとあらゆる超技術がほいほいと出てくるのには、ちょっと疑問が残るのですが、そのすさまじいばかりの壮大なヴィジョンには心震えるものがあります。
 現在では、本書の大部分は他の作品集で読めるのですが、この質の高さは驚異的です。さすがに古くなってしまっている作品もありますが、そのセンス・オブ・ワンダーは健在です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

『時の廊下』!
 創元推理の『世界の外のはたごや』の方の訳で読みましたが、当然のようにベーコンとかが登場して吃驚。このような話があるのかとうなったSF読み始めの頃がなつかしいです。
『フェッセンデンの宇宙』!
銀河の創造はいいとして、その住人の姿を拡大鏡(?)で見ることはいくらなんでも無理があるだろうと思った初読の頃がなつかしいです。ご紹介の作品集は読んだ記憶がないので、おそらく同じハヤカワ・ポケットの「SFマガジン・ベスト」で読んだのだと思います。
【2006/04/11 12:29】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

ハミルトンらしさ
『時の廊下』は、なかなか味のある作品ですね。これを読んだとき一瞬「スーパーヒーロー大集合!」みたいな感じを受けてしまいました。そういう意味では馬鹿らしいのですが、登場人物の中に人類最後の一人を入れるあたりハミルトンらしさが出ているような気がします。この作品に限らず、一見楽天的な雰囲気の中にも、かすかに諦観にも似た感性が見られるところが、ハミルトンの魅力ですね。
拡大鏡! まあこれも無理があると思いますが、ハミルトンの作品はたいてい無理がありますしね。細かいところを気にしないのが、ハミルトンの正しい読み方かと。
「SFマガジン・ベスト」は、すごく充実したアンソロジーでした。僕も初ハミルトンはこのシリーズに収録されてた『世界のたそがれに』だったと思います。
【2006/04/11 18:51】 URL | kazuou #- [ 編集]


『不思議な国のラプソディ』を読んでいたら『反対進化』が収録されていました、それで河出書房新社の『フェッセンデンの宇宙』のなかの『向こうはどんなところだい?』を思い出して再読したらやはり泣けてしまいました。
【2006/04/11 21:15】 URL | てん一 #- [ 編集]

SFマガジン・ベスト余話
私も早速トラックバックさせていただきました。
さて、高校時代、SF仲間を増やそうと友人に「SFマガジン・ベスト」1~3を貸しました。作戦としては適切だったのですが、貸した本は戻ってこないという人生の真実を忘れていました。
人生の痛恨事です。
【2006/04/11 21:30】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>てん一さん
『向こうはどんなところだい?』は、ブラッドベリやスタージョンでなく、他ならぬハミルトンがこの作品を書いたところに、説得力が感じられますね。たしかに名作です。単なる娯楽作家に終わらないハミルトンの魅力…。同じころ活躍した似たタイプの作家、例えばマレイ・ラインスターなどと比べるとその違いがはっきりすると思います。とはいえ「単なる娯楽作家」も個人的には大好きなのですが。
【2006/04/11 22:50】 URL | kazuou #- [ 編集]

>迷跡さん
あのアンソロジーを三冊も!
あのシリーズを一通り読むとSFの魅力に開眼してしまいますね。たしかに返したくなくなるかも。
そう、貸した本は返ってこない…。僕も以前、ディクスン・カーの本をまとめて貸したら、戻ってきませんでした。今では、まあカーでよかったなあ…という気分ですが(笑)。
【2006/04/11 22:55】 URL | kazuou #- [ 編集]


kazuouさん、こんにちはー。私もこの作品は大好きです。
表題作は、多分アンソロジーか何かで子供の頃にも読んだんですが、
その時の印象をすごく鮮やかに覚えてます。
そしてこの本は2年ぐらい前に読んだんですけど、
大人になってから読んでも全然古くなってないのに驚いちゃいました。
こういう上質な短編は時間が経っても古くならないんですね、きっと。
【2006/04/14 16:52】 URL | 四季 #Mo0CQuQg [ 編集]

ヴィンテージ
四季さんも『フェッセンデン…』お好きでしたか。
今でもぜんぜん古くなってないですよね。まさにヴィンテージ!
SFの醍醐味は、日常的な認識をひっくり返してくれる「センス・オブ・ワンダー」にあるといいますが、その点ハミルトンはまさに「センス・オブ・ワンダー」の作家です。それに「知」だけでなく「情」が感じられる点も好ましいですね。SFファン以外の人にも読んでもらいたい作品です。
【2006/04/14 17:44】 URL | kazuou #- [ 編集]


ブログで書く際、このサイトのリンクを勝手に貼らせて頂きましたが、いいでしょうか?事後的ですが了承してもらえたら幸いです。
まだ表題作(河出書房新社バージョン)しか読んでいませんが、興味深い内容です。
紹介がなければ、おそらく一生手に取ることがなかったであろう作品に出会えたことを感謝しています。
【2006/04/16 11:50】 URL | 加納ソルト #- [ 編集]

どうぞ
>加納ソルトさん
そうですか、そういってもらえると冥利につきます。基本的にこのブログのスタンスはマイナー指向で、絶版本がやたらと多いのが欠点です。読みたくなっても本が手に入らない、というパターンが多いので申し訳ないんですが。
べつに了承をとらなくても結構ですよ。これからもリンクしたいときは、ご自由にどうぞ。
【2006/04/16 14:26】 URL | kazuou #- [ 編集]

短編集も面白そうですね~
こんばんは、kazuouさん。

『機械のある世界』に収録されてる「フェッセンデンの宇宙」を読みました。結末を読むと、自分がいる世界も実は小宇宙ではないかという気になってしまった・・・^^;
恥ずかしながらエドモンド・ハミルトンを読んだのは初めてだったのですが、SFを普段はあまり読まない私でも十分楽しめました♪

こちらの短篇集も面白そうですね。ひっくり返す驚くべき結末、読後感のいい作品、唖然とするような結末と書かれてますが、ハミルトンは結末まで読者に退屈させない作家と思っていいのかな?
この短編集、いつかは読んでみたいですね。
【2008/03/13 21:39】 URL | TKAT #- [ 編集]

>TKATさん
ハミルトンの短篇は、「センス・オブ・ワンダー」に満ちた傑作がいっぱいあるので、SF慣れしていない人のほうが、素直に楽しめる面もあるかもしれません。
『反対進化』とか『追放者』なんか、はじめて読んだとき、すごく驚きましたから。

短編集はぜんぶオススメなんですが、とりあえず文庫版の『反対進化』『眠れる人の島』をお読みになるのをオススメしておきます。
【2008/03/14 20:24】 URL | kazuou #- [ 編集]


はじめましてアキオと申します。エドモンドハミルトンを検索してここに辿り着きました。
古本のsfマガジンに収録されている、世界のたそがれに、このダークでぶっ飛んだ物悲しい作品に感動しました、ハミルトンは小学校の図書館で百万年後の世界で虜になったのですが、この手の暗く物悲しいそして心に残る作品こそもっと評価されて良いと思います

ココロトレール、http://kuboyan814.blog.fc2.com/、という写真blogをやってます是非ともリンクさせてください
【2015/10/22 20:26】 URL | アキオ #- [ 編集]

>アキオさん
アキオさん、はじめまして。
ハミルトンはB級作家的な評価をされがちですが、短篇は傑作ぞろいですよね。
『世界のたそがれに』も忘れられない作品です。
ちょうど、今年の創元社の復刊キャンペーンで短篇集が復刊されていますが、今でも根強いファンがいる証拠だと思います。

もちろん、リンクしていただいて結構ですよ。
【2015/10/22 21:10】 URL | kazuou #- [ 編集]

NASAのTRAPPIST Ⅰ
初めまして、猫好き本好きバーサンです。
NASAのTRAPPIST Ⅰに7つの惑星がという発表から、
ハミルトンの「世界のたそがれに」を想起し、FBで知人に紹介されてここに辿り着きました。
この短編集、いいですよね。
ハミルトンファンなので、ハミルトンの良さを広めて下さる方に感謝です。
ほかにも素敵な本をたくさん紹介されているので、
今後はたびたび訪問させていただきます。
よろしくお願いいたします。
【2017/02/24 08:01】 URL | 檜原まり子 #AIyb0DUs [ 編集]

>檜原まり子さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

ハミルトンの短篇はいいものが沢山ありますが、中でも『世界のたそがれに』は、お気に入りの一篇です。
近年、ハミルトンの短篇集が何冊か出ましたが、今でもこのハヤカワSFシリーズ版『フェッセンデンの宇宙』がいちばんの傑作集だと思っています。
【2017/02/24 21:42】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/65-e4f31d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私の好きなハミルトン

『フェッセンデンの宇宙』(エドモンド・ハミルトン2004河出書房新社)読了。☆☆☆+SF作家が集まってグラスを傾けながら与太話に興じていたところ‥ショート・ショート「追放者」が秀逸。最後にクスリと笑わせて、センス・オブ・ワンダーにも満ちている。... 迷跡日録【2006/04/11 21:22】

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する