追悼フジモトマサル
夢みごこち いきもののすべて 二週間の休暇 (MouRa) スコットくん (中公文庫―てのひら絵本 (Pふ2-2))
 漫画家、イラストレーターのフジモトマサルさんが亡くなったそうです。知る人ぞ知るといった存在だったのが、じわじわと人気が出てきて、最近では村上春樹の挿絵を手がけるなど、まさに油の乗り切ったところでした。非常にショックです。
 僕がこの方の作品に最初に触れたのは、クラフト・エヴィング商會の吉田浩美さんの『a piece of cake』(筑摩書房)にゲスト参加したイラストだったと思います。
 このイラスト(というよりマンガに近い?)作品で、興味を持ち、他の作品を探して読み始めました。『長めのいい部屋』(中公文庫)、『スコットくん』(中公文庫)、『ウール100%』と続編『ウール101%』『こぐまのガドガド』(中公文庫)など。
 フジモトさんの作品の特徴は、登場人物が主に動物であるところ。といっても、人間と同じように話し、仕事をし、日常生活を営んでいます。彼らが暮らす世界には、実際の人間も一緒に生活しているのです。擬人化された動物キャラを使った寓話、といった感じでしょうか。
 動物をメインキャラクターにしていることから、ほんわかした作風を思い浮かべると思いますが、実態はちょっと違います。確かにほんわかとしてはいるのですが、どこかしら冷めた視線が感じられるのです。インテリを気取りつつも実は俗物というペンギンを主人公にした『スコットくん』あたりから、その冷めた視線は感じていたのですが、後期作品になるにしたがって、皮肉なユーモアが増えてきます。
 四コママンガ集『いきもののすべて』(文藝春秋)あたりでは、かなりシニカルな印象が強くなっています。単純なギャグ作品ではなく、読んだ後に少し考えさせられる、余韻のある作品が増えているのです。
 そして長編作品『二週間の休暇』(講談社)と『夢みごこち』(平凡社)、この2作がフジモトマサルの最高傑作ではないかと思っています。記憶を失った女性のアイデンティティーをめぐる物語『二週間の休暇』、「夢」をテーマにした連作短篇集『夢みごこち』。どちらの作品も、寓話としても物語としても素晴らしい完成度に達しています。
 アメリカのコミックでは、文学の領域にマンガを近づけようとした「グラフィックノベル」というジャンルがありますが、フジモトマサルの近作は、形式こそ違え「グラフィックノベル」の領域に近づいていたように思います。それだけに、早過ぎる死が惜しまれます。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/629-5f5ee416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する