『ミステリーゾーン』完結
ミステリー・ゾーンDVDコレクション (54) 2015年 9/30 号 [雑誌]  ミステリー・ゾーンDVDコレクション(55) 2015年 10/14 号 [雑誌]ミステリー・ゾーンDVDコレクション(56) 2015年 10/28 号 [雑誌]
 DVDマガジンが刊行中の『ミステリーゾーン』(アシェット・コレクションズ・ジャパン)ですが、旧『ミステリーゾーン』は56巻で完結になりました。ただ、本来、全エピソードを収録するはずが、『ふくろうの河』『対決』という2つのエピソードが未収録となっています。
 後の巻にいずれ収録するとの情報もあるようですが、本当に収録されるかどうか、ちょっと微妙な感じですね。まあ欠番があるとはいえ、今まで何度も、日本版DVDシリーズが途絶してきているので、とりあえずは完結を喜びたいと思います。

 刊行スタート当初の収録エピソードは毎号面白かった覚えがあるのですが、中盤はあまり楽しめないエピソードも多かったというのが正直な感想です。とくに1時間もののエピソードは冗長なものが多い印象がありますね。
 ただ、後半の号のエピソードは非常に面白いものが多く、個人的には盛り返した感じがします。後半、印象に残ったエピソードについて、少し触れておきたいと思います。

『指輪の中の顔』
 スター女優バニーのもとに、故郷から届いた贈り物は指輪でした。その指輪を見つめると、彼女に帰ってきてほしいと話す姉の顔が映ったのです。ふるさとに帰ったバニーが、再び指輪を見ると、また別の男の顔が映り始めます…。
 予想のつく結末ながら、心に残る作品ですね。

『太陽が二つ輝く』
 沈まない太陽が二つある惑星で生きる人々。よりよい生活を求めて植民したものの、過酷な環境にあえいでいました。指導者のカリスマ性で生き延びてきた人々でしたが、数十年を経てやってきた地球からの救助船をめぐって、彼らの間で軋轢が起き始めます…。
 過酷な環境だからこそ団結していた人々が、散り散りになっていく過程をじっくりと描いた作品です。そしてそれを認められない指導者の悲しさが心に残ります。

『ある改造』
 その社会では、物心ついた人間は全て美しくなるための改造手術を受けていました。母親や友達に手術を勧められながらも、マリリンは手術をしたくないと突っぱねますが…。
 画一的な社会に溶け込めない女性を描く寓話です。洗脳の恐ろしさを描いた作品とも言えましょうか。

『帰ってきた宇宙船』
 宇宙の果ての探検のため、宇宙船で冷凍睡眠に入ったスタンフィールド中佐。出発直前に恋に落ちた女性と、数十年後に再会した中佐は…?
 時をへだてた恋の物語です。ハッピーエンドになるかと思いきや、皮肉な結末が待ち構えています。

『百万ドルの変身』
 粗暴で利己的そのものの男サルバドル・ロス。恋焦がれる女性に相手にされない彼は、ある日入院した先で、自分に性質を交換する能力があることを発見します。次々と金や教養を手に入れた彼に足りないものは「やさしさ」だけでした…。
 野望を実現するために、次々と欲しいものを手に入れた男が最後に手にしたものとは…? 非常に密度の濃いショート・ストーリー。

『連れて来たのはだれ?』
 酔いから覚めた若夫婦は、突然自分たちが、見知らぬ部屋の中で寝ていることに気がつきます。部屋を出た夫婦は、町の中に他の人間が全く見当たらないことに驚きます。やがて、町の中の木や車が張りぼてであることに気づきますが…。
 自分たちはいったいどこにいるのか? 結末までのサスペンスは比類がありません。

『狂った映像』
 運転手のジョーは、妻と、ことある毎に喧嘩を繰り返していました。修理屋の帰った後にテレビに映るようになったのは、なんと過去の自分と妻との喧嘩のシーンでした。やがて未来に起こるであろう映像までもが映し出されるようになりますが…。
 未来の映像を見た男が、自分の行動を振り返り後悔すると思いきや、とんでもなくブラックな結末になるという作品。現実とテレビ内の未来がだんだんと近づいてくるという構成が見事です。

『生きている仮面』
 富豪のフォスターのもとに集まった娘夫婦とその子供。死を間近にしたフォスターは、財産目当ての家族へのあてつけに、夜の12時まで、それぞれ醜い仮面をかぶれと命令しますが…。
 醜悪な人間性が見える形で現れる…。寓話としても優れた一篇。

『人形はささやく』
 売れない腹話術師ジョナサンは、日々の食事にも事欠くありさまでした。そんなある日、相棒の人形シーザーは、ジョナサンに向かって話をし始めます。人形の言うことを聞くようになったジョナサンは、やがて盗みにまで手を染めますが…。
 人形が悪への誘惑をささやくというサイコ・スリラー。張り詰めた空気の感じられるサスペンス作品です。

『夢の世界』
 殺人罪で死刑の判決を受けた男グラント。彼はこの世界は夢であり、自分の死刑執行もずっと繰り返されているというのです。自分が死ねば世界は消えると、周りの人間に話しますが、誰も話を信じようとしません…。
 男の話は妄想なのか? 結末には唖然とさせられる傑作エピソード。

『すべては彼の意のままに』
 劇作家ウェストの妻は、夫が浮気相手と過ごしているのを目撃し、家を出ていこうとします。しかし夫は、女性は自分が創造した人物に過ぎず、消し去るのも容易だと言うのです。信じない妻の前で、ウェストは女性を消してみせますが…。
 自らの存在さえ確かなものではない…。アイデンティティーの不確かさを描く作品です。

『沈黙の世界』
 おしゃべりで皆から疎まれる男テニソン。裕福な人間が集まるクラブで大佐は、テニソンが1年間全く話さなければ、大金を与えると彼に約束しますが…。
 人間性は実際の見た目とは、必ずしも一致しない点。 超自然的な要素の全くないエピソードですが、人間性について深い洞察を示した作品です。

『陳列された目』
 蝋人形博物館に勤めるマーティンは、担当である殺人鬼たちの蝋人形を愛していました。博物館が閉鎖されることを知ったマーティンは、自らの家の地下室を改造し、蝋人形たちを保管することにします。しかし、人形を保存するためには莫大な費用がかかります。やがて、妻との間に軋轢が持ち上がります…。
 蝋人形に執着する男のサイコ・スリラー。人形に起こった超自然現象は事実なのか、妄想なのか。シリーズ屈指の恐怖エピソード。

『敗北者』
 広告会社の重役を務めるガートは、日々上司や妻からストレスを受け続けていました。ある日列車の中で寝入った彼は、ウィロービーという不思議な町に到着します。しかし町に入ろうとしたところで目が覚めてしまいます。それからも、たびたび寝入るたびにウィロービーに到着しますが、町に入ることはできないのです…。
 現実から逃げ出した男の行く先は理想郷だったのか? 序盤からほぼ結末がわかっていながら、見るものの目を離しません。傑作です。

『人形の家で』
 内気な男チャーリーは、人付き合いが苦手で会社もクビになってしまいます。ある日訪れた博物館で、チャーリーはドールハウスの中の女性の人形に心を奪われます。ずっと見ているうちに、人形は生あるもののように動き始めのです…。
 社会に適応できない夢想家と人形の恋を描くファンタジーです。題材とは裏腹に、主人公の男の繊細さが実にリアルで痛々しいだけに、結末の素晴らしさが際立ちます。

『ある泉からの一杯』
 裕福な老人ハーモンは、派手好きで若さにあふれた妻の期待に応えられず、馬鹿にされつつも、妻にかしずくような生活をしていました。弟が若返りの薬を研究していることを知ったハーモンは、その薬を自分に投与してくれるように頼みますが…。
 若返った男の人生の皮肉とは? 若返った後の展開よりも、それ以前の夫婦の軋轢、初老の男の後悔などをじっくり描いた、味わいのある作品。

 さて、次号からはいよいよ『新トワイライトゾーン』が収録されます。個人的にはこちらの方のシリーズに思い入れがあるので、実に楽しみ。完結まで応援していきたいと思います。
 ただ、考えてみると「トワイライトゾーン」と冠されたシリーズを完全収録するという方針ならば、2002年版『トワイライトゾーン』『トワイライトゾーン 最終章』が入っていないのが気になります。『最終章』の方はビデオ時代に見ているのですが、2002年版の方は未見なので、見てみたいですね。

テーマ:海外ドラマ(欧米・イギリスetc) - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

すごいですね・・・
「ある改造」については原作の短編を読んだ記憶がありますが、
シリーズ未見です。
短編集として読みたいです。
【2015/10/24 08:22】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
 2話残してはいますが、とりあえず、『ミステリーゾーン』全話を観終わりました。陳腐になってしまっている話もありますが、50年以上前のテレビシリーズで、これだけ面白いエピソードがあったというのは、驚くべき高打率だと思います。
 脚本が、サーリング、ボーモント、マシスンと、ほんとうに「観る短篇集」といってもいいぐらいなんですよね。文春文庫で「ミステリーゾーン」の原作を集めたアンソロジーが出ていましたが、あの本で読んでいたサーリングのエピソードを、実際に映像で見れたのは嬉しかったです。
【2015/10/24 08:44】 URL | kazuou #- [ 編集]

感無量です
過去DVDコレクションが組まれる度に購入しておりました。
その度期待を裏切られていましたが、まさかの完結!!
オリジナルシリーズの完結に涙しております。
二つ落しはありますが、どちらも観れているので気長に待ちます。
「トワイライトゾーン」の小説もゲットし、スカパー等で放送不可能なエピソードについてはimportまで取り寄せました。
本当にあの苦労が報われた気がします。
一生ものの宝物です!!
アシェット・コレクションズ・ジャパン様、ありがとうー!!と叫びたい\(^o^)/
【2015/10/31 16:55】 URL | みん #- [ 編集]

>みんさん
異色短篇や<奇妙な味>の小説ファンにとっては、垂涎のシリーズだったので、本当に感無量ですよね。予想以上に古びていなくて、今観ても面白かったです。
価格も高めだなとは思いつつも、購読していて良かったです。

『ふくろうの河』に関しては、単体のDVDでも観れるみたいですが、『対決』は難しそうです。シリーズの後の方でもいいので、収録をお願いしたいですね。
【2015/10/31 18:50】 URL | kazuou #- [ 編集]

収録不可能
やはり、残された2話の収録が出来なかったことが報告されましたね。残念です。これでコンプリートは絶望です。
【2016/07/21 13:25】 URL | ろーかる #- [ 編集]

>ろーかるさん
やっぱり駄目でしたか…。
【2016/07/21 20:11】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/625-31ea6346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する