9月の気になる新刊
9月4日刊 ミュリエル・スパーク『死を忘れるな』(白水社 1836円)
9月8日刊 ランドル・ギャレット『魔術師を探せ! 新訳版』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価907円)
9月8日刊 フランチェスカ・ヘイグ『アルファ/オメガ』(ハヤカワ文庫SF 予価1015円
9月9日刊 ヘレン・マクロイ『あなたは誰?』(ちくま文庫 予価972円)
9月9日刊 ハーマン・メルヴィル『書記バートルビー/ベニート・セレーノ』(光文社古典新訳文庫)
9月12日刊 武藤浩史編訳『D・H・ロレンス幻視譚集』(平凡社ライブラリー 予価1404円)
9月16日刊 ミュリエル・スパーク『ミス・ブロウディの青春』(白水社 1404円)
9月17日刊 カーステン・ストラウド『ナイスヴィル 影が消える町 上下』(ハヤカワ文庫NV 予価各950円)
9月25日刊 T・S・エリオット/エドワード・ゴーリー『キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科』(河出書房新社 予価1404円)
9月25日刊 カチュール・マンデス『童貞王』(国書刊行会 予価3024円)
9月25日刊 スティーヴン・ミルハウザー『ある夢想者の肖像』(白水社 予価3456円)
9月25日刊 ミュリエル・スパーク『ブロディ先生の青春』(河出書房新社 予価2052円
9月30日刊 山川方夫『親しい友人たち』(創元推理文庫 予価1080円)
9月刊 フィル・ホーガン『見張る男』(角川文庫 予価864円)


9月下旬発売 東京創元社2015年復刊フェア

F・W・クロフツ『船から消えた男』(創元推理文庫)
アントニイ・バークリー『ピカデリーの殺人』(創元推理文庫)
フレドリック・ブラウン『手斧が首を切りにきた』(創元推理文庫)
クリスチアナ・ブランド『暗闇の薔薇』(創元推理文庫)
シャーロット・マクラウド『納骨堂の奥に』(創元推理文庫)
アン・マキャフリー『だれも猫には気づかない』(創元推理文庫)
チャールズ・シェフィールド『マッカンドルー航宙記』(創元SF文庫)
フィリップ・K・ディック『フロリクス8から来た友人』(創元SF文庫)
エドモンド・ハミルトン『反対進化』(創元SF文庫)
スチュアート・D・シフ編『マッド・サイエンティスト』(創元SF文庫)


 『あなたは誰?』は、ヘレン・マクロイの未邦訳作品。ちくま文庫から翻訳ミステリというのは珍しいですね。

 これは面白い企画です、平凡社の『D・H・ロレンス幻視譚集』。ロレンスの幻想小説って、なかなか面白いんですよね。『木馬を駆る少年』とか。

 カーステン・ストラウド『ナイスヴィル 影が消える町』は、三部作のホラー小説だそうですが、面白そうです。「全米平均の5倍の頻度で失踪事件が発生する町、ナイスヴィル。今また、一人の少年が忽然と消えた。」

 山川方夫『親しい友人たち』は、短篇集 〈親しい友人たち〉とEQMMに掲載されたエッセイ 〈トコという男〉 を収録した短篇集です。山川方夫は、以前に出版芸術社の<ふしぎ文学館>シリーズで、短篇集『歪んだ窓』が出ていますが、その際は〈トコという男〉は収録されていなかったので、これは嬉しい企画ですね。

 今年度の創元社の復刊の目玉は、エドモンド・ハミルトン『反対進化』(創元SF文庫)とスチュアート・D・シフ編『マッド・サイエンティスト』あたりでしょうか。

 『マッド・サイエンティスト』に関しては、以前にも一度復刊されていますが、すでに手に入らなくなっていたんですね。これは、タイトル通り、マッド・サイエンティストの登場するSF・ホラー・ファンタジー作品を集めたアンソロジーです。娯楽性の高い作品が集められているので、オススメしておきたいと思います。
 収録作品は以下の通り。

レイ・ラッセル『サルドニクス』
ラムジー・キャンベル『自分を捜して』
カール・エドワード・ワグナー『エリート』
J・P・ブレナン『スティルクロフト街の家』
ロバート・ブロック『ノーク博士の謎の島』
リチャード・クリスチャン・マシスン『あるインタビュー』
C・ホール・トンプソン『粘土』
H・P・ラヴクラフト『冷気』
アーサー・C・クラーク『ビッグ・ゲーム・ハント』
ヴィリエ・ド・リラダン『ハルリドンヒル博士の英雄的行為』
ヴァンス・アーンダール『シルヴェスターの復讐』
リー・ワインシュタイン『箱』
ゲイアン・ウィルスン『アーニス博士の手記』
フランク・ベルナップ・ロング『ティンダロスの猟犬』
デニス・エチスン『最後の一線』
デーヴィッド・キャンプトン『庭の窪みで』
レイ・ブラッドベリ『サルサパリラのにおい』
この記事に対するコメント
今年の秋は大豊作。
東京創元社の近刊予定を見ると欲しい本ばかりで楽しみです。復刊はマッドサイエンティストと暗闇の薔薇が欲しい。
【2015/08/31 09:06】 URL | 奈良の亀母 #ff.uBqoo [ 編集]


マクロイは期待しています。
創元でないのにはちょっと驚きました。
「反対進化」なつかしい・・・・
など思っています。
【2015/09/03 22:00】 URL | fontanka #- [ 編集]


創元の復刊って、以前は、数十年前のほんとうに珍しい作品を復刊していたと思うのですが、ここ最近はせいぜい10年前ぐらいのものとかが多いような…。
それだけ、品切れになるのが早くなったということなんでしょうけど。
【2015/09/03 22:14】 URL | kazuou #- [ 編集]

リストを見て思うこと
ミルハウザーのファンとしては『ある夢想者の肖像』が特に嬉しいのですが、これまで紹介があった折には「ある浪漫主義者の肖像」として紹介されることが多かったような・・・
確か原題も "portrait of a romaitic" なので浪漫主義者で良いような気もしますが、内容に合わせたのでしょうか。
「ナイフ投げ師」以降も幾つも作品を出している割に紹介されず、こちらを訳してきたというのは、こちらの方が初期衝動と言うか、この作家らしい味わいが濃厚だと判断されたのか…

山川方夫さんという方については初めて知りましたが、ネット上で見た紹介文では、カリフォルニアのような乾いた夏の雰囲気で、かなり短く、ラストに軽い衝撃を受けるような話、という感じでした。あと、江国香織さんとか村上春樹さんを思わせる、とも。
kazuouさんとしてはどのように紹介されますか? あと、エッセイも特に面白い方ということなんですね。
(江国香織さんといえば、ゴーリーの紹介本に登場していたので、その時に一度読んでみようかと思ったことはありますが、結局その時読まずにそのままになっています。)

メルヴィルの「書記バートルビー」を取り上げておられますが、つまりはそれだけの魅力があるということですよね。
表題作自体はボルヘス編の「バベルの図書館」で読んでいるのですが、個人的にはその魅力が良く分からなかったというか、その時は単純に「白鯨」の作家を紹介したかったというだけのことかなどと考えていました。
(「白鯨」自体も斜め読みしただけなのであまり魅力は分かっておらず、ポーの大渦の話を長編化したような直線的な感じと迫力を持った作品だという印象があるくらいでしたが。あと何だか読みにくさと・・)。
後から考えると、どちらも人間存在の不思議を描いているのかなとも思うので、深読みすればそれだけ楽しめるのかも知れないなとも。

ナイスヴィルは面白そうですが、3部作で開幕編として紹介されているということは、この作品単独では閉じておらず、"続く"という感じなんでしょうかね… 面白ければそれでもいいのですが。
モラヴィアの「薔薇とハナムグリ」が読み中ですが大変面白かったので、ロレンスの短編集というのも何だか面白そうな気がしてきました(昔のヨーロッパの作家というだけのつながりですが・・・)。
「アルファ/オメガ」も設定がSFらしく面白そう。「見張る男」はストーカーものっぽいですね・・
「童貞王」って何じゃそれとおもったら、奇談ではなくルードヴィヒ2世の話なんですね。有名な作品なんでしょうか。

スパークが3冊出ていますが、どれも復刊ですよね。
2冊は同じものっぽいですし… 「ミス・ブロウディ~」は未読ではありますが、それなりに作品数のある作家なので未訳作品を紹介してほしかった気も…
「死を忘れるな」は傑作だと思いますし、復刊は嬉しいのですが。

創元のリストを見て思うのは、マキャフリーとかマクラウドとか(バークリーやハミルトンも!)読まずに済ませて来た往時の人気作家って結構いるなぁということ。
ブラウンにしても、短編集は幾らか読んでいますが、ミステリ方面の長編なんかは全く読んでいませんし・・・
これを機に手を出してみたら結構面白かったりするんだろうなとも思いますが、他に読むものがあるとなかなか・・・

コメントの出ていた「窓」は何通りもの結末を思い描いてしまいましたが、用意されている結末は読者の想像を上回ってくる感じなんでしょうか・・・
そこまででも、そういった空想を掻き立てるだけの魅力を持ったストーリーということだと思いますが。
【2015/09/06 14:50】 URL | Green #mQop/nM. [ 編集]


邦訳書の解説でも『ある夢想者の肖像』は、傑作と書かれていた覚えがありますが、なかなか翻訳がされなかったのは、難物ということなんでしょうか。

山川方夫は、もともと純文学寄りの作家なので、はっきりとジャンル小説として分類されるような感じではないかも。村上春樹というよりは、薄味の城昌幸といった感じでしょうか。ミステリやサスペンスの軽い味付けがされたショート・ショートの作家、といった印象ですね。
薄味だけれども、何度読んでも飽きがこないタイプの作品だと思います。

短篇では『バートルビー』は傑作だと思います。ただ、メルヴィルは個人的につかみどころのない作家だと思っていて、『白鯨』も正直、全然理解できず序盤で挫折してしまいました。

ハヤカワはNV文庫で最近紹介されている、ホラー風味の作品群がなかなか面白いものが多いので、『ナイスヴィル』も期待しています。

ロレンスは、岩波から昔出ていた短編集も面白いものが多かったですよ。わりとストーリー・テラーなんですよね。

スパークは復刊ですね。もともと白水Uブックスの企画って、ほとんど復刊ですし。

フレドリック・ブラウンも20~30年前までは、どこの本屋でもあった作家という印象が強いので、今現在SF系の短篇集数冊以外は全滅…というのも時代を感じますね。
シャーロット・マクラウドも創元がけっこう推してた作家ですよね。

『窓』の結末は、ものすごい斜め上だと思います。びっくりしましたよ。
ぜひアンソロジーなどで収録してほしい作品です。
【2015/09/06 16:21】 URL | kazuou #- [ 編集]

ミスブロディとブロディ先生
先日出た白水社のミスブロディの青春と、25日刊行予定の河出書房新社のブロディ先生の青春は同じ原書を訳したものなんでしょうか?値段も翻訳者の方も異なるので。
【2015/09/18 15:52】 URL | 奈良の亀母 #ff.uBqoo [ 編集]

新訳のようですね
河出書房の方は、新訳のようです。発売月が同じなのは意図的なのかはわかりませんが…。
【2015/09/18 19:43】 URL | kazuou #- [ 編集]

夏の葬列
国語の教科書に載っていた夏の葬列は野坂先生の火垂るの墓、三浦先生の礁
湖と並んでトラウマ戦争文学です。
幼い子供が犠牲になるのは耐えられない。山川先生が交通事故で早逝なさらず、もっと活躍して下さっていたらなあ。
【2015/09/30 13:35】 URL | 奈良の亀母 #ff.uBqoo [ 編集]

山川方夫
本当に才能のあった作家だなあ、と思います。
山川方夫の名前を意識しだしたのが、『エラリイ・クイーンズ・ミステリマガジン』の連載だったので、今回出る創元社の作品集は嬉しいですね。
【2015/09/30 20:02】 URL | kazuou #- [ 編集]

親しい友人たち
文庫のあとがきに三人の方が寄稿しておられますが、山川先生が愛され惜しまれた作家
だったことがよく分かります。全体的に寂しい印象でしたが「蒐集」だけは毛色が違っていました。主人公は幸せだったと思います。稀覯本や切手の蒐集でも変わらないでしょうが、下品にならないのは流石です。
【2015/10/12 17:10】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


ほんとうに「夭折」の作家だと思うのですが、未だに評価が高いのはすごいですよね。
【2015/10/17 19:25】 URL | kazuou #- [ 編集]

あなたは誰?
読了しました。チョコレートが猛烈に食べたくなる作品でした。男性より女性が精神的に上位で強かなのは女性作家だからでしょうか?
【2015/10/18 18:56】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


まだ未読なのですが、ネットの評などを見ると、かなり緻密な作品みたいですね。楽しみです。
【2015/10/22 18:20】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/617-5e4fc6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する