『マルセル・シュオッブ全集』到着と造本のこと
4336059098マルセル・シュオッブ全集
マルセル・シュオッブ 大濱 甫
国書刊行会 2015-06-26

by G-Tools

 予約注文していた『マルセル・シュオッブ全集』(国書刊行会)が到着しました。普段は、ジュンク堂やリブロで購入するのですが、今回は応援の意味を込めて、版元の国書刊行会に予約注文していました。
 本日それが到着したので、とりあえずパラパラとめくってみました。これは素晴らしいです。内容もさることながら、箱の色合いといい、本体の造本といい、本としての存在感が圧倒的です。定価が税込み16200円なのですが、実際の本を手にしてみると、正直高いとは思えません。
 電子書籍流行りの昨今ですが、この本のような質感は、電子書籍では出しようがありません。将来的に、本造りはこうした趣味的な分野に特化されていくのかもしれませんね。

 さて、現代で趣味的な本造りをしている出版社といえば、国書刊行会以外、ほとんど思い浮かびません。装丁の洗練という意味では、いいものは沢山あると思います。たとえば、文遊社の海外文学の一連の装丁なんか、素晴らしい。
 ただ、生涯の蔵書として持っておきたいという意味での造本は、あまり見なくなったように思います。
 もともと海外文学、さらにその中の幻想文学は、絶対的な読者数が少ないこともあって、少部数で趣味的な本造りをしていた小出版社がいくつもありました。個人的に思い出すのは、主に1970年代に活動していた牧神社や創土社です。
 牧神社は、すでにない出版社ですが、平井呈一と関係の深かった出版社ですね。《アーサー・マッケン作品集成》とか、趣味的な怪奇小説のアンソロジー《こわい話・気味のわるい話》なんてのがありました。《こわい話・気味のわるい話》の造本は、非常に瀟洒なものでした。
 一方、創土社は、当時は海外幻想文学作家の作品集などを出していました。幻想文学系の書目を挙げてみましょう。

サキ『サキ選集』
モーリス・ルヴェル『ルヴェル傑作集』
L・J・ビーストン『ビーストン傑作集』
アンブローズ・ビアス『生のさなかにも』
アンブローズ・ビアス『悪魔の寓話』
アンブローズ・ビアス『悪魔の辞典』
アンブローズ・ビアス『修道士と絞刑人の娘』
アンブローズ・ビアス『完訳・ビアス怪異譚』
H・P・ラヴクラフト『暗黒の秘儀』
H・P・ラヴクラフト『ラヴクラフト全集Ⅰ・Ⅳ』(未完 2冊で途絶)
E・T・A・ホフマン『ホフマン全集』(未完 最終巻のみ未刊行)
ロード・ダンセイニ『ダンセイニ幻想小説集』
ロード・ダンセイニ『ペガーナの神々』
アレッホ・カルペンティエール『この世の王国』
クラーク・アシュトン・スミス『魔術師の帝国』
ブラックウッド『ブラックウッド傑作集』
テオフィル・ゴーチェ『ゴーチエ幻想作品集』
シャルル・ノディエ『ノディエ幻想作品集』
H・H・エーヴェルス『蜘蛛・ミイラの花嫁他』
H・H・エーヴェルス『吸血鬼』
H・H・エーヴェルス『魔法使いの弟子』
M・R・ジェイムズ『M・R・ジェイムズ全集(上下)』
クロード・セニョール『黒い櫃』
K・H・シュトローブル『刺絡・死の舞踏他』
グスタフ・マイリンク『緑の顔』
R・L・スティーヴンソン『ねじけジャネット』
A・レルネット=ホレーニア『モナ・リーザ ・ バッゲ男爵他』
グスターボ・アドルフォ・ベッケル『スペイン伝奇作品集』
ジェイムズ・サーバー『ジェイムズ・サーバー傑作選1・2』
コナン・ドイル『コナン・ドイルのドクトル夜話』
J・S・レ・ファニュ『アンクル・サイラス (上下)』
ガブリエル・ガルシア・マルケス『ガルシーア=マルケス全短篇集』
ヴィルヘルム・マインホルト『琥珀の魔女』
ニコラ・エドム・レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ『飛行人間またはフランスのダイダロスによる南半球の発見』

 今見ても、非常にマニアライクなセレクションです。当時としても明らかに少数の読者のために作った本、という感じがします。実際かなりの少部数だったようですし。
 創土社の単行本は、どれも基本的に箱入り、クロス装や革装で、本に箔押しでタイトル、ときにはワンカットのシルエットが印字されていたりしました。シンプルながらも飽きのこない造本で、ずっと持っていたいと思わせる本がたくさんありました。
 個人的に好きだったのは、エーヴェルスの『蜘蛛・ミイラの花嫁他』です。蜘蛛をあしらった形の銀の箔押しがされていて、これぞ怪奇小説!と感じさせる、みごとなデザインでした。参考に画像を挙げておきます。

蜘蛛

 創土社は今でも活動していて、最近では、国内作家の《クトゥルー神話》ものなどを出して好評のようです。いずれ、かってのような海外作品を出してくれるかもしれないと、ひそかに期待しています。

 創土社の本は、30~40年前の単行本も未だに所持していますし、死ぬまで蔵書として大事にしたいと思っています。
 もちろん国書刊行会の本も、《世界幻想文学大系》《魔法の本棚》《ドイツ・ロマン派全集》《怪奇小説の世紀》『独逸怪奇小説集成』など、大事にしている本は数え切れません。最近の本では、ヴァーノン・リーの『教皇ヒュアキントス』(中野善夫訳 国書刊行会)とか。
 『教皇ヒュアキントス』『シュオッブ全集』ももったいなくて、しばらく読めそうにないのですが、実際、これらの本は、生涯の蔵書になる本だと思うので、ゆっくり読み進めていきたいと思います。

 国書刊行会には、「所有する喜びを感じさせてくれる」本をこれからも沢山作っていっていただきたいですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
愛書家の歓び
レオ・ペルッツ作品を訳しておられる垂野創一郎先生が「プヒプヒ日記」にて「マルセル・シュオッブ全集」の造本を褒めちぎっておられました。
牧神社と創土社のラインナップは愛書家ならウットリしてしまいますね。

宝くじの一等が当たったら耐震バッチリの書斎を造り、こんな本を並べてみたい。
【2015/06/30 12:51】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

本当にいい本です
この全集を買う人って、基本的に愛書家的な人だと思います。それだけに、造本の素晴らしさが期待以上だったときの感動がありますね。
ひと目見た瞬間から、一生の宝物になる本だ…という感じです。
箱入り本ってやっぱりいいなあと思いました。
【2015/07/02 16:11】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/608-7729a3d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する