移りゆく物語  ミハル・アイヴァス『黄金時代』
4309206654黄金時代
ミハル アイヴァス 阿部 賢一
河出書房新社 2014-11-26

by G-Tools

 小説作品の内部に、さらに別の「本」が登場する…。それが実在の本であれ、架空の本であれ、本好きの読者にとっては、何とも魅力的なテーマです。
 ただ、この種のテーマの本を読んでいて、いつも不満に思っていたことがありました。それは作中に登場する「本」の魅力が、あまり感じられないこと。作中で「読み始めたら止めることができないほどの魅力を持つ本」であるとか「魔性の本」などと描写されていても、その「本」の中身が実際に語られると、それほど魅力的には感じられないことが多いのです。
 考えると、それも無理からぬ話です。そんなにも魅力的な「本」が語れるなら、作中の「本」にせずに、その内容そのものを物語として書いてしまえばいいのですから。その意味で、魅力的な「本」を描くのは、魅力的な物語を描くよりも難しいような気がします。
 そんなことを考えたのも、チェコの作家、ミハル・アイヴァスの小説『黄金時代』(阿部賢一訳 河出書房新社)を読んだからです。ここまで、厚みのある「本」の造形を成し遂げた作品には出会ったことがありません。
 
 ある架空の島に滞在した旅行者が、その島の独特の風習や奇妙な住人たちについて語ってゆく、断章形式の博物誌的物語。要約すると、そんな作品なのですが、これが何とも一筋縄ではいきません。
 島民の不思議な性質や風習が次々と語られていきますが、そのひとつひとつが魅力的なエピソードになっています。例えば、島民の性質について描写される、次のような文章があります。

 すでに触れたように住民たちは島に名をつけていなかった。固定した名前を嫌っていたため、自分の名前もしばしば変え、生涯のあいだに何十もの名前を持っていた。

 金や権力に興味はなく、人間関係にさえも絶対的なものを認めない、不思議な島民たち。彼らの上に君臨するはずの王でさえ、例外ではありません。王は選挙で選ばれますが、そもそも名前がころころ変わるので、誰が話題になっているかもはっきりしないのです。

 このように間違いだらけであったため、王の候補としてある時期話題になっていたのは、じつは存在しない人物だったというようなこともあった。けれども、島民たちはそんなことをまったく気にしていなかった。

 王という人物はある一定の尊厳を島で集めていたが、その尊敬は同情と結びついていて、そればかりかある種の侮蔑も混ざっているようにも思えた。

 転倒した価値観を持つ島民たち、彼らの間で読まれる「本」もまた、常識的な価値観では計ることができません。島には本がそれしか存在しないため、彼らの間では「本」とだけ呼ばれています。蛇腹状になったその「本」は、島民の間で回し読みされますが、誰がどのぐらいの期間持っていて、誰に渡すかなどのルールも全くありません。
 「本」のいちばんの特徴は、島民が自分たちで加筆をするところにあります。加筆を繰り返していくうちに、「本」の内容はどんどん変わっていってしまうのです。

 つまり、読者は受け取った本とは別物の本を次の読者に手渡していた。「本」が人の手から人の手に渡っている間に、島民は加筆に加筆を重ね、読者が何年かあとに「本」にふたたび遭遇するときには、以前手にしていたものとはまったく別の作品になっていた。

 最初は、島の不思議な風習の一つとして登場したかに見えた「本」が、だんだんと物語の中心にシフトしていきます。「本」自体の奇妙な性質だけではなく、変容する中身の物語もやがて語られ始めるのです。それは王族や英雄たちの胸躍る神話的な冒険物語。ギリシャ神話、あるいはアラビアン・ナイトを思わせるような香気あふれるエピソードです。
 「本」が登場するのが、だいたい中盤、それまでの淡々とした紀行文風の部分がかなり長いので、合わない人はそこで読むのをやめてしまいそうな気がしますが、「本」が登場してからの後半が圧倒的な素晴らしさです。
 この作品での「本」は、作中でのアイテムといった扱いを超えて、それ自体がテーマとなっています。ここまで「本」について語りつくした作品は今までなかったのではないでしょうか。「書物」や「物語」に興味を持つ方に薦めたい、知的なエンターテインメントになっています。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
こんにちは
こんにちは、いつも楽しく拝見させてもらってます。
>作中に登場する「本」の魅力が、あまり感じられないこと、
同意見です。
評判の高い、「冬の夜ひとりの旅人が」や「青白い炎」などは私には難解で面白味が味わえませんでした。
ただ同じ、小説作品の内に、さらに別の「本」が登場する…テーマの「プリンセス・ブライド」というファンタジーはとても面白かったです。
まだ未読でしたら、ぜひ一読おすすめします。

kazuouさんは、ジョン・トレントはご存じでしょうか?
マウス・オブ・マッドネスの主役の名前です、この映画も確か映画内小説がテーマでした。




【2015/05/11 18:22】 URL | ジョン・トレント(もちろん仮名) #17ClnxRY [ 編集]

>ジョン・トレントさん
ジョン・トレントさん、コメントありがとうございます。

『マウス・オブ・マッドネス』は、僕も大好きな映画で、何度も観ています。映画でメタフィクションを使った成功例はあまりないと思うのですが、これは傑作ですね。あとは、映画版『プリンセス・ブライド』(映画も原作も大好きな作品です)とか。

文学方面では、メタフィクション的な作品はたくさんあると思うのですが、僕が読んだものでは、作中作が魅力的なものって、あんまり思い浮かびません。技巧的だったり知的だったりはするんだけれども、「夢中になる」ような要素は少ないんですよね。
その点、小説の『プリンセス・ブライド』は、作中作がすばらしく面白いですよね。あとは、ちょっと弱いけど、トマス・ウォートン『サラマンダー 無限の書』とか。今回取り上げている『黄金時代』は、個人的には『プリンセス・ブライド』に匹敵するぐらい面白く読みました。
【2015/05/11 23:42】 URL | kazuou #- [ 編集]


はじめまして、こんにちは。
こちらのやりとりを拝見して気になったため、『プリンセス・ブライド』を読んでみたのですが、予想以上の面白さでした!乙女度高めのタイトルのため、自分からは絶対手にすることはなかったと思いますので、教えていただけて本当によかったです。ありがとうございました!映画もみてみます。
そんな『プリンセス・ブライド』ばりに面白かったと仰るこちらの本も気になります。
取り急ぎ、お礼まで。
【2015/06/11 20:04】 URL | 靄 #- [ 編集]

>靄さん
靄さん、はじめまして。


『プリンセス・ブライド』、タイトルからはわかりにくいですけど、遊び心のあふれたファンタジーなんですよね。枠になる物語は、ファンタジーを皮肉っていると思うんですけど、ちゃんと本の中のお話がファンタジーとして面白いところがすごいと思います。映画版も、また違った面白さがありますよ。
【2015/06/11 22:02】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/601-85b36f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する