5月の気になる新刊と《ナイトランド》新創刊のこと
発売中 ヴィリ・ザイデル『世界最古のもの』(沖積社 2700円)
5月1日刊 ジーン・ウルフ『ジーン・ウルフの記念日の本』(国書刊行会 予価2592円)
5月7日刊 ホルヘ・ルイス・ボルヘス『幻獣辞典』(河出文庫 予価1188円)
5月8日刊 スタンリイ・エリン『特別料理』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価972円)
5月8日刊 パトリック・レドモンド『霊応ゲーム』(ハヤカワ文庫NV 予価1188円)
5月11日刊 バリー・ライガ『さよなら、シリアルキラー』(創元推理文庫 予価1296円)
5月12日刊 アルベルト・モラヴィア『薔薇とハナムグリ シュールレアリズム風刺短篇集』(光文社古典新訳文庫)
5月12日刊 《ナイトランド・クォータリー vol.01 吸血鬼変奏曲》 (アトリエサード 1836円)
5月15日刊 レオ・ペルッツ『スウェーデンの騎士』(国書刊行会 2592円)
5月20日予定 スタニスワフ・レム『短篇ベスト10』(国書刊行会 予価2592円
5月22日刊 ジェシー・バートン『ミニチュア作家』(早川書房 予価3240円)
5月22日刊 ジェニファー・アルビン『時を紡ぐ少女』(創元SF文庫 予価1404円)
5月22日刊 スタニスワフ・レム『泰平ヨンの未来学会議 改訳版』(ハヤカワ文庫SF 予価864円)
5月25日刊 パトリック・ネス『まだなにかある 上・下』(辰巳出版 予価1836円)
5月25日刊 『諸星大二郎 マッドメンの世界 文藝別冊 KAWADE夢ムック』(河出書房新社 予価1728円)
5月29日刊 ルネ・ナイト『夏の沈黙』(東京創元社 予価1836円)
5月29日刊 中村融編『街角の書店 18の奇妙な物語』(創元推理文庫 予価1015円)
5月予定 ハリー・スティーヴン・キーラー『ワシントン・スクエアの謎』(論創社)

 垂野創一郎さんの発行しておられる翻訳同人シリーズ≪ビブリオテカプヒプヒ≫の一冊、ヴィリ・ザイデル『世界最古のもの』が沖積社より商業出版として出ていました。値段は高めですが、オールド怪奇小説ファンには楽しめる作品ですので、オススメしておきます。
 ただ、同人版の方も、古書肆マルドロールさんで在庫があるようなので(こちらは1200円)、こちらの方がお求めやすいかと思います。

 5月は気になる新刊が多くて迷いますね。

 「ハヤカワ文庫補完計画」で、名作の復刊や新訳が相次いでいますが、5月の目玉はエリン『特別料理』とパトリック・レドモンド『霊応ゲーム』『泰平ヨンの未来学会議 改訳版』あたりでしょうか。
 『霊応ゲーム』はオカルト学園小説の名作なので復刊を喜びたいところです。レム『泰平ヨンの未来学会議』は絶版になって久しく、古書価もべらぼうな値段がついていたので、これも嬉しいところ。

 国書刊行会のジーン・ウルフとレム作品集は5月刊行になったようです。ほかにも国書からは、レオ・ペルッツの未訳作品『スウェーデンの騎士』が刊行。「波瀾万丈の冒険が展開されるピカレスク伝奇ロマン」とのことで、期待が膨らみます。邦訳されたペルッツ作品は、どれも色彩豊かで物語性も抜群なものばかりだったので、もっと邦訳が進むといいですね。今年はあと何冊かペルッツ作品が刊行されるようで、楽しみです。

 短篇集としては次の2冊が期待大です。

 まずは、光文社古典新訳文庫から刊行の、アルベルト・モラヴィア『薔薇とハナムグリ シュールレアリズム風刺短篇集』。文豪モラヴィアの幻想小説を集めた短篇集です。以前から、アンソロジーや雑誌などで、この短篇集からの邦訳が何篇が紹介されていますが、非常に風味豊かな作品ばかりで、短篇集の全訳を楽しみにしていました。ようやく邦訳が出版されるということで、感無量です。
 このブログでも以前に、この短篇集に収録された一篇『夢、うつつ』の紹介をしています。(『明日をも知れぬ身』)

 創元社からは、中村融編『街角の書店 18の奇妙な物語』が刊行です。〈奇妙な味〉の幻想小説を集めたというアンソロジーだそうです。創元社のホームページで既に収録作品も紹介されています。個人的には、ノスタルジックなファンタジーの名品『おもちゃ』(ハーヴェイ・ジェイコブス)の収録が嬉しいところです。

ジョン・アンソニー・ウェスト『肥満翼賛クラブ』
イヴリン・ウォー『ディケンズを愛した男』
シャーリイ・ジャクスン『お告げ』
ジャック・ヴァンス『アルフレッドの方舟』
ハーヴェイ・ジェイコブス『おもちゃ』
ミルドレッド・クリンガーマン『赤い心臓と青い薔薇』
ロナルド・ダンカン『姉の夫』
ケイト・ウィルヘルム『遭遇』
カート・クラーク『ナックルズ』
テリー・カー『試金石』
チャド・オリヴァー『お隣の男の子』
フレドリック・ブラウン『古屋敷』
ジョン・スタインベック『M街七番地の出来事』 
ロジャー・ゼラズニイ『ボルジアの手』
フリッツ・ライバー『アダムズ氏の邪悪の園』
ハリー・ハリスン『大瀑布』
ブリット・シュヴァイツァー『旅の途中で』 
ネルスン・ボンド『街角の書店』


 さて、ホラー・幻想文学ファンとしては、5月のいちばんのトピックは何といっても、ホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド》の新創刊。アトリエサードに版元を移し、商業出版として再出発です。アトリエサードのページにて、内容が公開されています。

《ナイトランド・クォータリー》新創刊によせて
  /エドワード・リプセット

キム・ニューマン「血の約束―ドラキュラ紀元1944」
  訳/植草昌実
スティーヴ・ラスニック・テム「家族の肖像」
  訳/牧原勝志
E・F・ベンスン「塔の中の部屋」
  訳/中野善夫 画/藤原ヨウコウ
エドワード・M・アーダラック「復讐の赤い斧」
  訳/植草昌実
レイフ・マグレガー「ホイットビー漂着船事件」
  訳/牧原勝志
ルーシー・A・スナイダー「太陽なんかクソくらえ」
  訳/中川聖
ウィリアム・ミークル「長い冬の来訪者」
  訳/甲斐禎二
セシル・カステルッチ「エイミーとジーナ」
  訳/小椋姿子

井上雅彦「闖入者」
朝松健「〈一休どくろ譚〉かはほり検校」
石神茉莉「In the gathering dusk」

Night Land Gallery 清水真理?吸血鬼への思い
  /沙月樹京
魔の図像学(1)エドヴァルド・ムンク《吸血鬼》
  /樋口ヒロユキ
キム・ニューマンと《ドラキュラ紀元》/牧原勝志
ヴァンパイア・カルト/柳下毅一郎
ヴァンパイアの情念、理性への叛逆/岡和田晃
吸血鬼をめぐる、人形と小説のコラボレーション
  /牧原勝志
名訳と新訳――二つの『吸血鬼ドラキュラ』/植草昌実
吸血鬼小説ブックガイド/牧原勝志
未邦訳・吸血鬼小説セレクション/植草昌実
翻訳作品解説
創作解説
【予告】《ナイトランド叢書》今夏創刊!

表紙=清水真理


 特集はオーソドックスに「吸血鬼」。翻訳も多く、コラムやガイドの量も以前より増えているようです。
 予告に見えるのは、「《ナイトランド叢書》今夏創刊!」の文字。これはまさか、昨年初頭に中止になった同名叢書が刊行されるということでしょうか。鶴首して待ちたいと思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

わあ、私も鶴首!
今度は大丈夫でしょうか、ナイトランド叢書。
朝松・一休シリーズのファンとしては本誌のラインナップも嬉しいです。
【2015/04/25 09:36】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
今度は商業出版なので、大丈夫のはず…だと思います。
本誌の方は、目次を見る限り、以前からの方向性にプラスアルファ的な感じなので、ひとまず安心しました。
やはり翻訳短篇の数が多いほうが嬉しいですね。
【2015/04/25 11:56】 URL | kazuou #- [ 編集]


「特別料理」と「霊応ゲーム」→遠い目。

異色作家短編集は文庫化計画とかあるのでしょうか。「虹をつかむ男」に続いて文庫化。
などとおもってしまいました。
【2015/04/27 22:01】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
昔、ランジュランの『蝿』が突然文庫化されたこともありましたが、とくべつ、文庫化の予定はないんじゃないでしょうか。
それにしても、最近、文庫って廃版になるの速いですよね。単行本の方が長く流通している感じがします。
【2015/04/28 22:45】 URL | kazuou #- [ 編集]

薔薇とハナムグリ
モラヴィアは「孤独な青年」しか読んだことがなく短篇集は初めてです。
官能的なもの、ブラックな笑いに引き攣るもの、幻想的なものと読み応え十分。
「蛸」の話が面白かった、どっちにしても美味しく食べられてしまうんですね。
療養に明け暮れ学校にも通えなかった分を取り戻すかのように、四大陸を股にかけ
アモーレも堪能し82歳まであっぱれに生きたなんて尊敬します。
【2015/05/16 12:26】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
まだ未読なのですが、面白そうです。

てっきり、短篇集の全訳かと思っていたんですけど、抄訳なんですね。原著は50篇以上収録のようなのでしょうがないんですが。好評なら、続刊もあるのかもしれません。
【2015/05/16 20:14】 URL | kazuou #- [ 編集]

スウェーデンの騎士
美しい装丁の騎士の顔のところが垂れ幕で見えないようになっているのが・・・。
粉屋は「クラバート」の親方みたいな地獄からの使者。主人公の泥棒が大変魅力的で
農園経営や養蜂牧畜の知識が凄い!今の時代に生れてたらベンチャー企業のCEOか
カリスマ農園主になって「スウェーデンの騎士」ブランドを売りまくっていそうです。
しかも最後は親子の情愛にもってくるなんてペルッツ先生!

「聖ペテロの雪」も国書刊行会近刊とあとがきにありました。待ち遠しい。
【2015/07/06 13:22】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


 生活力にあふれた泥棒の成り上がり物語と思いきや、そのあたりの過程をさくっと済ませてしまうところが、もったいないというか潔いというか。現代の作家だったら、そのあたりをじっくり描きそうです。
 序盤と結末がリンクする構成も見事でした。
【2015/07/06 20:05】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/599-c4fb07d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する