3月の気になる新刊と2月の新刊補遺
2月24日刊 ヴァーノン・リー『教皇ヒュアキントス ヴァーノン・リー幻想小説集』(国書刊行会 予価4968円)
2月27日刊 エトガル・ケレット『突然ノックの音が』(新潮社 予価2052円)
3月6日刊 ブレイク・クラウチ『ウェイワード 逸脱者たち』(ハヤカワ文庫NV 予価1058円)
3月9日刊 アルフレート・クビーン『裏面 ある幻想的な物語』(白水Uブックス 1620円)
3月12日刊 イーデン・フィルポッツ『だれがコマドリを殺したのか?』(創元推理文庫 予価994円)
3月18日刊 『橘小夢画集 日本の妖美』(河出書房新社 予価3888円)
3月18日刊 ブラッド・ハニーカット『錯視芸術図鑑2 古典から最新作まで191点』(創元社 予価3456円)
3月20日刊 ピーター・ヘラー『いつかぼくが帰る場所』(早川書房 予価2484円)
3月20日刊 ピーター・メイ『忘れゆく男』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価1080円)
3月27日刊 加藤宏明監修・中村圭子編『橘小夢 幻の画家 謎の生涯を解く』(河出書房新社 予価1944円)
3月刊 野村宏平『乱歩ワールド大百科』(洋泉社 予価1620円)

 以前から予告されていた、ヴァーノン・リー幻想小説集ですが、突然刊行予告がなされてビックリです。お値段が張りますが、幻想小説ファンは買いでしょう。
 エトガル・ケレットはイスラエルの作家。奇妙な味の掌編集のようで、気になりますね。
 『ウェイワード 逸脱者たち』は、以前出た『パインズ』の続編のようです。前作がなかなか面白かったので、続編も読んでみようかと思います。

 橘小夢(たちばなさゆめ)は、幻の画家と言われる人です。幻想的かつ妖しい画風の人で、発禁になったという作品『水魔』や、『玉藻の前』という作品は実にすばらしいと思います。僕はこの2作品でファンになりました。画集も出ておらず、現在見られるのは、先年出た『魔性の女挿絵集』(河出書房新社らんぷの本)にいくつか収められた作品ぐらいではないでしょうか。
 弥生美術館で展覧会が行われるらしく、それに合わせて画集が2冊刊行になります。幻想小説ファンの方には親和性のある画家だと思うので、興味のある方は見てみてください。
 展覧会のお知らせはこちら(日本の妖美 橘小夢展
 
この記事に対するコメント
橘小夢!
「怪」で荒俣宏が紹介していたこともあり、昨年春の上京の折に弥生美術館に足を運んで、橘小夢のニ品を観ました。
耽美、妖美、幻想!
ご紹介の展覧会は必見ですね。
【2015/02/22 11:10】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
特別、怪奇幻想をテーマにしていない絵でも、妖しさの際立つ画家ですよね。「幻想画家」といっていい人だと思います。
数十年前から個人的に幻の画家だったので、これが復権のきっかけになれば、うれしいです。
【2015/02/22 12:47】 URL | kazuou #- [ 編集]


「だれがコマドリを殺したか」→これ本当に都内の図書館にもなくて、読むのが大変だったのが、
出たんでちょっと、待てば良かったですが、
他にも復刊されるのを希望しています。
【2015/02/22 20:09】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
フィルポッツは、日本人には根強い人気がありますよね。僕も『赤毛のレドメイン家』とか好きですし。
そういえば、『コマドリ』って、ハリントン・ヘクスト名義ですよね。フィルポッツの名前で出すのか…。ヘクスト名義では、あと、『怪物』とか『医者よ自分を癒せ』あたりも出そうですね。
【2015/02/22 20:49】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/590-e3d87523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する