11月の気になる新刊と10月の新刊補遺
10月25日発売 『ミステリマガジン12月号 特集 エドワード・ゴーリー』(早川書房 946円)
10月25日発売 『SFマガジン12月号 R・A・ラファティ生誕100年記念特集』(早川書房 967円)
10月29日刊 フラン・オブライエン『スウィム・トゥー・バーズにて』(白水Uブックス 1836円)
11月6日刊 アンリ・トロワイヤ『仮面の商人』(小学館文庫 予価616円)
11月7日刊 大森望編 フィリップ・K・ディック『人間以前』(ハヤカワ文庫SF 予価1166円)
11月7日刊 ニック・カッター『スカウト52』(ハヤカワ文庫NV 予価1188円)
11月12日刊 フィッツ=ジェイムズ・オブライエン『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』(光文社古典新訳文庫)
11月12日刊 エレナー・アップデール『最後の1分』(東京創元社 予価1944円)
11月21日刊 荒俣宏編『怪奇文学大山脈3 西洋近代名作選 諸雑誌氾濫篇』(東京創元社 予価2916円)
11月21日刊 ダフネ・デュ・モーリア『いま見てはいけない』(創元推理文庫 予価1296円)
11月21日刊 アンドリ・S・マグナソン『ラブスター博士の最後の発見』(創元SF文庫 予価1080円)
11月21日刊 ジェフ・ヴァンダミア『監視機構』(ハヤカワ文庫NV 予価1188円)
11月28日刊 平岡敦編訳『最初の舞踏会 ホラー短編集3』(岩波少年文庫 778円)
11月28日刊 中村融編『黒い破壊者 宇宙生命SF傑作選』(創元SF文庫 予価1080円)

11月下旬発売 ハヤカワ文庫復刊フェア
ロバート・L・フィッシュ『シュロック・ホームズの冒険』ハヤカワ・ミステリ文庫
クリスチアナ・ブランド『ジェゼベルの死』ハヤカワ・ミステリ文庫
アガサ・クリスティー他『漂う提督』ハヤカワ・ミステリ文庫
アーシュラ・K・ル・グィン『風の十二方位』ハヤカワ文庫SF
ジョージ・アレック・エフィンジャー『重力が衰えるとき』ハヤカワ文庫SF
マーガレット・アトウッド『侍女の物語』ハヤカワepi文庫
牧野修『MOUSE(マウス)』ハヤカワ文庫JA

 11月は気になる新刊が目白押しです。
 『人間以前』は、ディックの短篇を再集成する〈ディック短篇傑作選〉の最終巻です。毎回、初邦訳の作品を期待していたのですが、ディックの短篇はほとんど邦訳されてたんですね。ともあれ、ディックの短篇集が手に入りやすくなったのは慶賀すべきことだと思います。
 光文社古典新訳文庫からは、なんとフィッツ=ジェイムズ・オブライエンの短篇集が。以前創元文庫から出た、大瀧啓裕訳の『金剛石のレンズ』が決定版といってもいい作品集だったので、どうももったいない感じがします。と思ったら、『金剛石のレンズ』はすでに絶版! びっくりしました。その意味では時宜を得た企画なのかも。
 荒俣宏編『怪奇文学大山脈』の最終巻は11月刊行になったようですね。質に関しては言うことなしなので、ただただ楽しみです。
 『いま見てはいけない』は、ダフネ・デュ・モーリアの短篇集。表題作は、かって三笠書房から出ていた短篇集『真夜中すぎでなく』に収録されたものと同じ作品でしょうか。
 岩波少年文庫の少年向けホラー短篇集の3弾目は、なんとフランスものです。『最初の舞踏会 ホラー短編集3』は、フランスのホラー作品を集めたアンソロジー。紹介文には、シュペルヴィエルやエーメの作品が言及されていますが、本邦初訳作品も含まれているようです。
 下旬には、ハヤカワ文庫復刊フェアも行われます。正直、あんまり魅力的なラインナップではないのですが、なかでは、ル・グィン『風の十二方位』がオススメでしょうか。

『怪奇文学大山脈3 西洋近代名作選 諸雑誌氾濫篇』は、さらに刊行がずれて、12月になったようです。(12月22日刊行予定)
この記事に対するコメント

「いま見てはいけない」→「今みてはだめ」のはずですよね・・・。
デュ・モーリアが翻訳されるのはうれしいです。
【2014/10/25 21:51】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
『真夜中すぎでなく』はじつは読んでなくて、ずっと探してたんですけど、いまだに見つからないです。『今見てはだめ』は、読みたかった作品なので、短篇集刊行は嬉しいです。
【2014/10/25 23:18】 URL | kazuou #- [ 編集]


 ご無沙汰しています。
 来月は楽しみな本が目白押しですね。個人的には『黒い破壊者』! 表題作は初出バージョンの完全版と聞いています。ビーグル号の大ファンとしては楽しみすぎます。
 デュ・モーリア「今見てはだめ」ですが、私は先に映画化作品『赤い影』を観てしまいました。結末に驚いて原作を読んだところ、まさにそのまんまで、またびっくり。
 小説も映画も傑作と思います。
 読んでから観るか、観てから読むか。
【2014/10/26 00:07】 URL | 高井 信 #nOdkmSi2 [ 編集]

>高井さん
こんにちは。
中村融さんは、地道に良質なアンソロジーを編集しておられますね。
収録作品はもう公開されてるかなと、創元のページを見てみると、もう載ってますね。
ロバート・F・ヤングなんかも入ってるようで、楽しみです。

僕も『赤い影』を見ているので、原作も読んでみたいなと思っていました。『赤い影』は今DVDも手に入りやすくなっているみたいで、タイムリーな企画ですね。
【2014/10/26 07:41】 URL | kazuou #- [ 編集]

(以下、どれも蛇足ですが)
皆さんが「今月は凄く楽しみ」と仰っている中で、「そうなんだ・・・(馴染みの名前も少ないけれど)どの辺がだろう…」とか思っていた私はまだまだ未熟者ですね…

それでもあえて書きこんだのは、一つには妙な偶然というか、読んだばかりのコニー・ウィリスの短編集(の各作品)に著者が寄せている解説文の中に、一滴の血も出てこないのに心に焼き付いている恐怖の物語の一例としてデュ・モーリアの「見てはだめ」という作品名が出てきて、興味を引かれていたところだったためです。(注によると映画『赤い影』の原作とかで、これはつまり「いま見てはいけない」だということですよね?)
デュ・モーリアは短編の名手だ(でもある)と思うのですが、昔作品集的なシリーズ翻訳があったらしいのに今読める作品はあまり多くない気がします。勿体ないなぁという気がしていたので、今回作品が紹介されるのは嬉しいです。
(そういえば、『接吻して』なんかも何かのベストに挙がっていたのを見て、以前、古本屋を回ってその1篇のためだけにアンソロジーを買って読んだこともありましたっけ…)
5編というのは少ない気もしますが、これまでのところ、デュ・モーリア作品に失望させられたことはないので・・・

ディック作品がほぼ翻訳済み、の認識は何故かあって、新しく短編集が組まれても、特に期待するところはなかったりしますが、そう言いつつ、実は読んだ記憶がはっきりしているものはそれほど多くないんですよね。
「植民地」、「この卑しい地上に」、「探検隊帰る」…いずれも記憶に強烈に焼き付いているのですが・・・ でも何故かその他には何かあったか、そもそも読んでいたか思い出せないような状態。でも何回か短編集を買ったような記憶もおぼろげにあったり・・
短編集「地図にない町」があまり個人的に印象に残らなかった(なぜかその記憶はありました)ためか、長編の方が(「暗闇のスキャナー」など)印象が強いくらいなのですが、この辺は必読ですが、読みましたか?みたいな作品、ありますでしょうか・・

他、知っている範囲では「スウィム・トゥー・バーズにて」が、「第三の警官」の作者の作品だけに、これも面白いかなぁ・・という感じで気になったのと、ゴーリーの特集か…どんな感じなんだろうかといったところだったのですが…
(未訳のゴーリー作品で気になるのは、"The Iron Tonic" とか "The Osbic Bird" "The Eleventh Episode"とかなのですが、夢中になったころ取り寄せた "Amphigorey Too" という作品集にどれも載っていたりして、後は自力で訳すかどうかというくらい(内容は絵を見れば大体分かりますし…)。この作品集がお買い得だと言うだけの話ですが…)

しかし、その他リストアップされている作品も調べてみると、『仮面の商人』、『スカウト52』、『ラブスター博士の最後の発見』などなど、確かにどれも面白そうですね。買いためた本が結構たまっている感じですが、また本屋に出かけてしまいそうです(ご紹介に感謝)。
『監視機構』は紹介文だけ読むとちょっとディックを連想しますが、第2弾と言うことは前作があるようでしたが、もしかするとその作品も面白かったのでしょうか・・

(そう言えば、やはり思わせぶりな内容に惹かれて3月の「パインズ…」を読んだのですが、楽しめましたが予想通りクーンツの某作品みたいな感じでした… )

内容もなく長くなって失礼しました・・
【2014/10/26 08:08】 URL | Green #mQop/nM. [ 編集]

>Greenさん
 デュ・モーリアは昔、三笠書房から作品集が出てましたね。正直、長編はどれを読んでもいまいちだった記憶があるのですが、短篇はどれも面白かったです。創元文庫版の『鳥』もけっこう評判が良かったようですし、今回の作品集も期待しています。

 ディックは、僕も長編はほとんど読んでないです。逆に短篇は邦訳されたものはほとんど読んでいると思います。
 ディックは、人によって好きな作品、評価する作品がものすごく変わる作家じゃないでしょうか。初期の短篇が好きな人、中期の長編が好きな人、晩年の作品が好きな人、いろいろだと思います。
 僕はやっぱり短篇、とくに初期のサスペンスが強い作品が好みです。『植民地』とか『この卑しい地上に』は、僕も大好きです。あとは『にせもの』『変種第二号』『小さな町』『地図にない町』『ハンギング・ストレンジャー』とか。

 ゴーリーは言葉遊び的な要素が強いので、原文で読むのは個人的にはきついですね。日本でも『Amphigorey』みたいな感じで、ベスト作品集を出してくれるといいんですけど。

 ジェフ・ヴァンダミアの作品は、三部作のようです。第1巻が出たばかりで、僕も購入したばかりです。まだ未読なので、面白いかどうかは微妙なのですが、紹介文を見ると、ストルガツキーの『ストーカー』みたいな雰囲気だったので、ちょっと興味を惹かれました。

 『パインズ』は、結構面白かったです。ディックっぽいクーンツ、といった感じでしょうか。
【2014/10/26 16:06】 URL | kazuou #- [ 編集]


デュ・モーリアは、一応、図書館を駆使して、三笠書房から出ているシリーズを全部読みました。
1作毎に作風が違ってといっても過言ではないほどヴァラエティに富んでいました。

図書館でもなかなかそろっているところはないので、3館に渡って借りました。
当然ですが、所有はムリ。
アンソロジーにちょっとだけ収録されているのが現状だったりするので、ここで、復権してほしいです。
【2014/10/26 20:01】 URL | fontanka #- [ 編集]


 デュ・モーリアのあのシリーズを読破したんですか。すごいですね。
 デュ・モーリアは最近創元で少しづつ出ていますし、もう少し翻訳は出るんじゃないでしょうか。
 個人的には、ダフネではなく祖父のジョージ・デュ・モーリアの作品を読んでみたいです。
【2014/10/26 20:16】 URL | kazuou #- [ 編集]


kazuouさん>
ジョージ・デュ・モーリア→レオ・ブルースの「ミンコット荘に死す」の中に、彼の小説「トリルビー」がちょっとだけ言及されていました。(「スヴェンガリ」だったんですね→勉強になりました)

デュ・モーリアのあのシリーズは途中から「意地」になって読みました。

【2014/10/29 23:11】 URL | fontanka #- [ 編集]


 「トリルビー」は、欧米では古典的な名作のようで、よく小説なんかでも言及されますよね。「スヴェンガリ」に関しては、悪魔的な人物の比喩として使われたりとか。

 デュ・モーリアの長編はどうも肌合いが合わなくて、読み通せたのは『レベッカ』ぐらいです。
【2014/11/01 08:00】 URL | kazuou #- [ 編集]

ハヤカワ文庫復刊フェア
復刊フェアを実施する書店がHP上で発表されましたが、e-honや密林でも注文できるのでしょうか。なにせフェアをしてくれる書店への交通費だけで本が二冊買えます。創元文庫
を扱ってくれる数少ない県内の書店に行ったらデュ・モーリアの「今見てはだめ」は当分入らないと・・・。欲しい本が入手出来ないと読む気が削がれます。リュックを背負って近鉄特急に乗るしかないのかなあ。
【2014/11/23 21:38】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
 調べてみましたが、アマゾンもe-honも、今のところ注文できないみたいですね。アマゾンは、創元の復刊本はあるみたいなので、もう少ししたら買えるようになるのかもしれません。
 hontoは注文できるようですが、発送日が即日になっていないみたいですし。
 丸善&ジュンク堂ネットストアでは、在庫ありで注文できるようです。店舗にも並んでました。
【2014/11/24 11:35】 URL | kazuou #- [ 編集]

娘が勤め先の近くで買ってくれました。
ハヤカワ文庫復刊フェアの本がe-honで「お取り寄せ」可能になっていたので注文しましたが、注文取り消しのメールが来ました。トホホ。娘よ興味の欠片も無い本を買ってくれて
ありがとう。小笠原豊樹先生の訃報に「火星年代記」を本棚から引っ張り出しました。
御冥福をお祈りいたします。
【2014/12/05 11:26】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

小笠原豊樹
 何とか手に入れられたようで、幸いです。
 創元に比べて、ハヤカワのフェアって、扱ってない店が多いような印象がありますね。

 小笠原豊樹といえば、やっぱりブラッドベリ。『刺青の男』とか、『太陽の黄金の林檎』とか。『火星年代記』は名訳ですね。≪異色作家短篇集≫では、ボーモントとかブロックとかも訳していて、個人的には思い入れの深い翻訳者でした。
【2014/12/05 19:47】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/574-9adbee41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する