『ナイトランド』復活!
4883751821ナイトランド・クォータリー新創刊準備号 幻獣
アトリエサード
書苑新社 2014-11-28

by G-Tools

 本邦唯一のホラー専門誌『ナイトランド』が休刊してから約1年になります。また、今年春に提案された新企画≪ナイトランド叢書≫も、予約者が規定数に満たずに企画倒れになってしまいました。
 そして、その直後に本誌『ナイトランド』の無期限休刊のお知らせ。海外ホラー出版の難しさを感じさせられる出来事でした。

 ところが、ここにきて、何と『ナイトランド』の復刊の予定が持ち上がっています!
 発行はアトリエサード。2015年5月より再開予定とのことです。また、11月下旬にはプレ復活号が発売されるとのことで、なんとも嬉しいニュースです。
 正式に出版社から刊行されるため、全国書店の流通ルートに乗ることになるようです。また編集長の植草さんはアトリエサードの編集スタッフになるそうで、もしかしたら、≪ナイトランド叢書≫の企画復活もあるのかもしれません。

 来年5月発売号の特集は「吸血鬼」、11月下旬発売のプレ復活号の特集は「幻獣神話(仮題)」。内容はアート半分、作家4名の作品と植草さんのラヴクラフト新訳1編とのことです。
 ただ、少し心配なのは、発行元がアトリエサードということで、雑誌のカラーが変わってしまうのではないかということです。もともとビジュアルに強い出版元だと思うのですが、変にサブカルアートっぽい雑誌になってしまわないか心配です。現にプレ復活号のメインはアートのようですし。
 そういえば、1970年代に出ていた伝説の怪奇文学専門誌『幻想と怪奇』でも、アート特集のページがありました。アーサー・ラッカムとかハリー・クラークとか、アルフレート・クービンなど、幻想的な絵画や画家の特集でした。そういう感じならいいんですけどね。
 全く同じ編集方針を貫くのは難しいとは思いますが、以前の水準での復活を強く希望したいところです。とりあえず、形はどうあれ『ナイトランド』復活、心から喜びたいと思います。

※追記
 プレ復活号である『ナイトランド・クォータリー新創刊準備号 幻獣』(アトリエサード)は、11月28日発売になったようです。内容は以下のようなもの。

藤原ヨウコウ幻想絵巻
  /H・P・ラヴクラフト「ダゴン」訳=植草昌実
ラヴクラフト「ダゴン」の翻訳をめぐって/植草昌実

井上雅彦「聖アントワーヌの変奏」
立原透耶「白澤の死」
石神茉莉「驚異の部屋」
間瀬純子「血の城」

幻獣ブックガイド/植草昌実
幻獣的オブジェたち〜マンタム、太田翔、林美登利
  /沙月樹京
アメリカの「幻獣」たち〜恐竜、インディアン、海賊
  /徳岡正肇

《ナイトランド》の誕生と休眠、そして復活までの軌跡

表紙装画=Daniele Serra

版元のページのリンクを貼っておきます。(http://athird.cart.fc2.com/ca8/108/p-r2-s/)

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

朗報ですね。
もっとくだけてもいいから、ホラー専門誌の看板を掲げて続いてほしいものです。SFやミステリでは拾いきれない、雑誌ならではの、翻訳短篇が読みたい。
しかし、大手出版社は手を出さない。ホラー市場は広いようですけど。
【2014/10/18 11:30】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
 ホラー作品自体の需要はあると思うんですけどね。
 翻訳ものだけだと難しいと思いますが、国内作家の作品を載せるとか、連載するとか、企画の立てようはあるんじゃないでしょうか。創元社の『ミステリーズ』みたいな雑誌のホラー版というか(あの雑誌自体は、かなり薄味な気はしていますが)。
 とにかく、まずは雑誌自体が軌道に乗ることを願ってます。
【2014/10/18 14:18】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/573-398e83d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する