電子書籍について考える
 昨今、電子書籍流行りのようですが、僕は今まで、電子書籍を購入したことがありません。専用端末ももちろん持っていません。興味はあるものの、手を出しかねていました。
 そんなところに、前回の記事でも紹介した、グラビンスキの翻訳が電子書籍で発売されたことを知り、電子書籍購入にチャレンジすることにしました。
 素人なりに、いろいろ調べてみて、電子書籍について少し思うところもありました。そのあたり、ちょっと書いてみたいと思います。
 参考になることもあると思うので、購入から実際に読んでみるところまで、プロセスを順を追って説明していきたいと思います。購入したのは、電子書籍販売サイト「パブー」です。


1 目当ての電子書籍が、専用端末でないと読めないのかどうかを調べる
 電子書籍購入の前に、その電子書籍を読める環境が整っているのかを調べなければなりません。専用の端末(例えば「kindle」とか「ipad」など)が必要なのか、パソコンのブラウザソフト(「インターネットエクスプローラ」など)で読むことができるのか。
 調べたところ、「パブー」に関しては、ブラウザで読めるようです。

2 電子書籍販売サイト「パブー」に登録
 個人の情報を入力して、登録を行います。ここは問題ありません。

3 支払い方法は
 支払方法は、クレジットカードと「おさいぽ!」というサービスの2つがあります。
 「おさいぽ!」は、それ専用のサイトでポイントを購入しておき、そのポイントで「パブー」から電子書籍を買うというシステムのようです。ややこしいのは「パブー」と「おさいぽ!」は、全く別のサービスであり、別のサイトになっているということですね。

4 「おさいぽ!」に登録
 サイトに登録を行い、ポイントを購入します。1円=1ポイントです。ある程度まとめて、ポイントを購入したほうがいいようですね。

5 電子書籍を購入
 「パブー」に戻り、ログインを行います。欲しい電子書籍をショッピングカートに入れ、先ほど購入したポイントで支払いを行います。購入が完了すると、マイページの「購入した本」にデータが登録される仕組みです。

6 電子書籍を開く
 「購入した本」から、開きたい本を選び「この本を開く」のボタンをクリックします。本が開きました!
 ただ、ちょっと読みにくい。プリントして読めないものかどうか、考えます。

7 ファイルをダウンロードする
 「パブー」では、購入した電子書籍のファイルをダウンロードすることができます。購入という意味での「ダウンロード」ではなく、既に購入済みの電子書籍ファイルを、ファイルとして落とす、という意味の「ダウンロード」です。
 ファイルの種類としては、EPUB形式とPDF形式のダウンロードが可能です。
 EPUB形式は、文字が「リフロー」するタイプ。画面上で文字を拡大すると、その分改行位置や文章の位置がずれこんでいく、という形式です。
 それに対し、PDF形式は「固定型」。文字が埋め込まれて固定されるので、拡大しても文字のずれが発生せずに、1ページに収まっている文字の量は変わらないというものです。
 とりあえず、EPUB形式でダウンロードしました。

8 PDF形式で再ダウンロード
 プリントしようとしたのですが、上手くプリントできません。調べてみると、EPUB形式はもともと印刷を想定していないようです。というわけで、もう一つのPDF形式で再度ダウンロードします。

9 PDFからプリント
 PDFファイルを開き、そこからプリントします。プリントしたものを綴じて、冊子の形にしました。

10 読む
 プリントしたものを読みます。ようやく読書開始です。でも考えたら、これじゃあんまり電子書籍の意味ないですね。


 実際に使ってみて思ったのは、「パブー」は、電子書籍としては、とてもわかりやすくて、購入しやすいタイプのサイトだということです。専用の端末もいらないし、電子書籍を買って読んでみたい! という人には、ファーストチョイスとしてオススメしておきたいと思います。
 さて、以下は今回いろいろ調べてみて、電子書籍について感じたこと、考えてみたことなどを、まとめたものです。まだ専用端末や他のフォーマットの電子書籍を使ったことがないので、かなり主観の入った意見であることをご了承のうえ、お読みください。


●フォーマットがいろいろ?
 まず思ったのは、販売元やメーカーなどで、電子書籍のフォーマットが異なったり、著作権の扱いが異なったりしているので、自分の買った電子書籍をどう読むのか、どう扱えるのか、といった点が、ひじょうに分かりにくいところですね。

●「所有」ではなく「レンタル」?
 また、買った電子書籍はずっと読めるのか? という点もはっきりしません。販売元がサービスを中止して、自分の所有している電子書籍が全て読めなくなった…というニュースも最近ちらほら聞きます。
 現在の電子書籍の主流は、電子書籍のファイルそのものをダウンロードして購入するのではなく、ウェブ上、ネット上で読むだけの権利を買う、といった体裁のものが多いようです。感覚的には「所有」ではなく「レンタル」みたいな感じです。
 「所有」ではないので、例えばファイルをコピーして、別の端末上に持っていって読むなどの行為もできなかったりします。

●結局、ずっと読めるのかどうか?
 ファイルの形式も統一されていないので、将来的に自分の購入した電子書籍のフォーマットが読めなくなってしまう…という可能性も高いです。昔のCD-ROMが現在ほとんど読めなくなっているのと同じですね。主流のフォーマット形式はEPUBになるんだと思いますが、これもバージョンが上がっていったときに、古いEPUBファイルの文字レイアウトなどを崩さずに読むことができるのかも疑問です。
 こう考えてくると、紙の書籍の使いやすさ、読みやすさというのは、ひじょうに優れたものだったんだなあ、と感じますね。購入本を全て電子書籍にするというのは、将来的にも「本」が使い続けられるか? という点では、とてもリスクが高い行為だと思います。

●データを保存し続けるコスト
 ファイルをダウンロードできるタイプの電子書籍、「パブー」などがそうですが、仮にファイルをダウンロードできて、なおかつそのファイルが読める環境もあったとします。それでも、そのファイルを保管し続けられるか? という問題があるのです。
 自分のパソコンやメディア、外付けハードディスクなど、ファイルを保存するための機器はいろいろありますが、これらはいずれ壊れて駄目になります。
 定期的にバックアップをとって、データを自分で管理していかなければならないのです。個人の管理が難しいなら、企業のほうで保管してもらおう、という考え方もあります。企業が提供するネット上のスペースにデータを保管する、いわゆるオンラインストレージと呼ばれるものですね。
 これもその企業が倒産したり、サービスを停止するといわれればそれまでです。

●ジャンルによって向き不向きがある?
 電子書籍に向いている本のジャンルというのはあると思います。まず、実用書とかマニュアル本。実際、ネットでいろいろなハウツー法などを検索して参考にする、というようなことは日常的にやっていますから。検索などもできるという点で、実用書は電子化に合っているジャンルではないでしょうか。
 あと、コミックも電子化に向いているジャンルですね。巻数の多い作品などは、むしろ読みやすいかもしれません。

●小説や文学について
 小説や文学はあまり電子書籍に向いていない気がします。
 個人的にこのジャンルが好きだからというわけでもありませんが、怪奇小説や幻想文学を電子書籍で読みたいか? と言われると、あんまり読みたくないですよね。
 電子書籍と紙の書籍の比較で、紙の利点を説くときに、よく言われるのが、装丁や本の質感など、本の物理的な側面です。物理的な本そのものに対する愛情といいますか、怪奇小説や幻想文学においては、とくにその点が強いのではないかと思います。
 文学関連の愛読者にとって、「蔵書」というのは、ひじょうに大事なものです。そういう意味で物理的な「所有感」というのは、重要だと思います。
 そのとき読めればいい、別に所有していなくてもいい、というなら、電子書籍というのも悪くない選択でしょう。

●結論
 個人的には、本はずっと紙の書籍で読み続けていくと思います。今回のグラビンスキのように、電子媒体でしか読めない、というタイプの作品は買うかもしれませんが、やっぱり本は物理的な形で持っていたいのです。
 ネットで調べてみると、電子書籍を印刷・製本してくれるというサービスもあるようです。いわゆる「オンデマンド」というやつですね。こうしたサービスが生まれるのも、本の形で所有したいという需要があるからではないでしょうか。
この記事に対するコメント
私の場合
愛書家、読書家にとって興味深いテーマですね。
参考までに私はというと
まず、4年前にソニーのリーダーで電子書籍を読み始める。今回のバプーからもいくつか購入していますが、青空文庫を集中的に読みました。海野十三が充実していて、通常の書籍では読まない作品をだいぶ楽しむ。
次に、2年半前のiPad利用開始を機にあちこちの有料電子書籍を本格的に読み始める。現在の読書割合は、「紙書籍:電子書籍=9.5:0.5」といったところでしょうか。選択基準は…そのときの気分としか言いようがないような(笑)

グラビンスキも試しに、iBooksで、「音無しの空間」を購入して読んでみました。
【2014/10/11 09:47】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
 やっぱり、物理的な本の形では流通していないコンテンツがある、というのが魅力なんですよね。初めから電子書籍オンリーで出ている本もあるみたいですし。
 いろいろ書きましたが、リーダーで読んでみないと何ともいえないなあということで、リーダー購入も考えています。
【2014/10/11 14:16】 URL | kazuou #- [ 編集]

難しい選択
こんにちは、「魔の列車  ステファン・グラビンスキ『動きの悪魔』」の記事を拝読し、本気で電子書籍を考えました。
海外の怪奇小説等は本ですらマイナーで、まして電子書籍化などあり得なかったに等しいので、紙本love❤の私には微塵も触手は動きませんでした。しかし、この作品群の電子化は…頭を抱えた次第です。
kazuouさんとほぼ同意見で、小説等に電子書籍は向いていないと思います。
電車など必ず文庫本を持ち歩きますが、確かにカバンにスマートホンと本を持ち歩くのはしんどい・苦笑
データとして"込"だったら楽と思うこともありますが電源切れを思うとやはり、明るささえあれば読める紙本がいいかなと。
個人的な好みだと思いますが、あの紙のページを手でめくるワクワクした感覚は、電子書籍には絶体まねできないとも思います、ハイ。
【2014/10/13 17:26】 URL | みん #- [ 編集]

>みんさん
 電子書籍が普及すれば、絶版本がなくなる…という意見をけっこうよく見るのですが、電子書籍だって製作コストがかかる以上、電子化されない本だってたくさんあると思います。
 そういう意味で、怪奇・幻想小説は電子化されるもの自体が少ないと思うんですよね。逆に今回のグラビンスキみたいに、商業出版で出せないものを電子書籍で出す、というパターンもあるわけで、なかなか難しいものがありますね。
【2014/10/13 21:34】 URL | kazuou #- [ 編集]

その他個人的に思うこと
まだ検討中で(グラビンスキは購入するつもりですが)、リーダーもなにも購入していない身にはいろいろ参考になります!
レンタル相当だろうというのは全く同感です。
将来読めなくなる可能性がある辺りは、メディアからのデータの揮発問題も含め、確かに特に深刻な問題ですよね。コピーし続ける手間をどれだけかけるか・・・(それだってコピーコントロールされたら出来ないですし)
電子書籍周りのデータタイプの話は初めて知りました。ともあれ、各種の規格の統一なんかも急務ですよね。
読者にとっては統一されていた方がメリットがあると思いますし・・・ 欧米の強大なメディアが規格を統一してきたら、弱小の規格は対応の余裕もなく潰されて消えてしまうだけではという気もしますしね。。。
あと、ネット販売一般に、支払方法はクレジットカードが一般化して、どこも他の手段の選択の幅が狭い気がするのですが、この辺も何とかしてほしいですね。
読み心地の点は… これは体験してみないと何とも言えないです…

他に電子書籍絡みで個人的に期待すること/問題視すること/分からないこと・・・

【絶版本問題】 << コメント出てますね >>
安直な素人考えとして(?)まず浮かぶのが、電子書籍なら絶版を無くせるのではという発想。
データを置いておくだけならほとんど経費もいらないのでは?品揃えとしては多くあった方がいいでしょうし… なんて思ってしまうのですが。(メモリ容量、(あまりに多くなった)データへのアクセス時間、更にはデータ揮発問題もあってそう簡単ではないのかもしれませんが・・・)
更に、既に出版済みの本(や雑誌のバックナンバー)をデータ化してくれないかな・・・というのも淡い期待としてありますが、有名作品はともかく、あまり売れ行きを期待できそうもないようなものに、データ化の手間を掛けてくれるかといえば… ちょっと望み薄ですかね・・・
先行する音楽配信の世界でも、レアなものになると旧譜はなかなか配信されないような気が…

【セット販売】
音楽のDLサイト(確かiTunes)を使っている親戚が、クラシックの名曲集みたいなセット販売ものを買って、結構便利に?聞いているという話を前に聞いたのですが、セット販売的な企画、考え方は本でもありうるのかなと。まぁ、紙の本でもすることは可能ですが、それをこれまでやっていたのは音楽同様中古屋だけだったように思います(まぁ売れ残りの叩き売りとしてですが…)。
まぁ、まだ権利者が生きているような場合、勝手には値引きできないのかもしれないですが・・・
誰かが言っていたことの孫引きなのですが、売れにくいものやマイナージャンルの本などは、抱き合わせで売られることで高くても届く人には届くし、もしかすると新たな読者を獲得する可能性も出てくる気がしますがさて…

【他からの情報付加】
先日ツイッターで、確か電子書籍だったと思うのですが、他の人が本に加えた情報を共有できるようになっているがこれは迷惑という例で、小説に傍線が引かれていて重要なヒントだというのを明かしてしまうというのがありました。
多分、さすがにこの辺は設定でON/OFF出来るものだろうと思いますが、こういう機能の類は小説を読む上ではほとんどがNGな気がします。
ただ、単語の意味を簡単にに辞書検索出来たりすると、語意の確認が気軽・身近になるかなぁという気はするので、その辺りはついていてくれると便利かもと。

【書店風DLサイト】
電子書籍には限らない話なのですが、本を書店風に並べたというかディスプレイして販売しているところってないものかと・・・
購入した書籍を本棚風に並べて他人に開示、という機能だかソフトの話はどこかで聞いた気がするのですが、本の販売サイトでそんなことをしているところは見たことがないです(単に知識不足かもしれませんが)
今のやり方では、検索したものか、よく売れている本だとかでピックアップしたものを選んで、一通りの情報が出てくるというやり方ですが、もっとタイトルとか著者名、内容に特化して、一部をピックアップして(タイトルと著者名だけで)列挙、というのでもいい気がするんですよね。(背表紙・表紙の)ビジュアル的なものも出来れば加味して・・・
ソフトウェアの世界なのだから、内容はポップアップで出すとか、棚にない分は著者名あるいはその隙間をクリックして繰り出させるとか新しい本棚を引っ張り出す機能とか、やりようはいくらでもある気がするんですが・・・(挿絵画家等の検索結果で本棚を作ったり、平積みに並べ替えたり、平積みに並べ替えて出版社や店員のポップを出したり出さないようにしたり…)

その他、しおり機能が付いていてくれそうで便利だとか(時々しおり用の紙を忘れる [新刊案内などは新刊でないと付いていないですし] ので・・)、雑誌や実用本なら、逆に切り抜き、加工の利便性の良い形はないか、現状はどうなのかとか、どうでもいいことまで含めいろいろありますが、あまりにも長くなりましたのでこれにて。
【2014/10/13 22:04】 URL | Green #TkSw/e0A [ 編集]


 ネット通販って、クレジットカード払いが多いですよね。個人的にあまりクレジットが好きでないので、僕はたいていインターネットバンク払いで払ってますけど。

 絶版本問題についてですが、これから作られる本については、絶版は少なくなると思っています。本を作るための組版データ(DTPデータ)があれば、電子書籍データに転用可能です。電子版を作るのに、それほどコストがかからないと思います。
 問題は過去の絶版本ですね。そもそもデジタルデータが存在していない過去の絶版本をわざわざ電子化する出版社があるかどうかだと思います。結局一から電子データを作るなら、印刷本の組版データを作るのと同じぐらいの手間がかかるので、結局、売行きが見込めるかどうか、ということになるのではないでしょうか。
 そうなると、紙の本と同じで、電子化から取り残される本というのは、いつまでも変わらないのではないかと思ってます。

 セット販売というのは、そのうち出てくるんじゃないかと思います。コミックなんかでは全巻セットというのがありますし。DVDなんかでもボックス販売がありますよね。これも例えばジャンルごとのセットとか、テーマ別のセットなんかで売る余地があるんじゃないでしょうか。
 本のセット販売が今まであまり出てこなかったのは、やっぱり再販制度の関係じゃないでしょうか。セットにするとお得になる、というのがセット販売の利点だと思うので、セットにしても価格が変わらないのでは、あまりセットを買うメリットがないです。
 アメリカでは、紙版よりも電子版の方が安くなっていますが、日本でも電子版の価格を下げてセットにするような商法が出てくれば、セット販売も流行すると思います。

 情報の共有、というのは面白い機能だと思いますけどね。パソコンで使うDVDプレーヤーソフトでも似たような機能がありました。再生した映画についての感想などを書き込むと、それがサイトを通じて共有される、みたいなやつです。まあ、ミステリなんかでこの機能を使うと、ネタバレになっちゃったりしますしね。
 辞書検索については、すでに出来るものもあるみたいですよ。

 販売サイトのディスプレイ方法、というのは、確かにどこも一緒ですよね。見せ方の工夫というのはあるような気がするのですが、まだ画期的なものって、僕も見たことがないです。
 例えば書店でのディスプレイなんかをサイト上で再現したりとかできれば、面白くなりそうな気がしますが。
【2014/10/14 19:49】 URL | kazuou #- [ 編集]


電子書籍→どうも、拒否反応が先にたってしまいます。
(夫は試しにとマンガをDLしていました)

紙の書籍で、実際に本にふれた方が、目的のページを探し出せる&とばし読みも楽と思うのと。
何より、電子→デジタルはいつか壊れるもの。電気がないと読めない0と1の世界なんて信じられないからです。
何度、ディスクがとんで泣いたことか・・・です。
もちろん、絶版本が提供されるなら利用したいと思いますが、「著作権」の壁が・・でしょうか。
国会図書館から本を借り出そうとしたら、傷みがはげしくて、国会図書館に行って読むしかない(電子図書ですら)という回答があり、断念したことがあります。

有用ではあるけど、自分には向かないだろうなと思っています。


【2014/10/15 23:26】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
 電子本って、便利そうで不便なところがありますよね。
 持ち歩く端末で読むにしても、充電が切れたら使えないわけですし。まあ、その辺の機能は将来的には解決されるとは思いますが。

 個人的に思うのは、ながら読みとか、拾い読みとか、紙の本だったらできる読み方が、電子書籍だとしにくいんじゃないかな、というところです。紙の本って、意外に自由な使い方ができるんですよね。
【2014/10/16 20:25】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/572-8e8ff559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する