10月の気になる新刊と9月の新刊補遺
発売中 アレクサンドル・ベリャーエフ『眠らぬ人 ワグナー教授の発明』(未知谷 2160円)
10月15日刊 岸本佐知子編『変愛小説集』(講談社文庫 864円)
10月22日刊 ケイト・アトキンソン『探偵ブロディの事件ファイル』(東京創元社 2700円)
10月23日刊 オリヴァー・サックス『見てしまう人びと』(ハヤカワ・ポピュラー・サイエンス 2592円)
10月24日刊 ジェフ・ヴァンダミア『全滅領域』(ハヤカワ文庫NV 864円)
10月31日刊 荒俣宏編『怪奇文学大山脈3』(東京創元社 2916円)
10月31日刊 ロバート・F・ヤング『宰相の二番目の娘』(創元SF文庫 907円)

10月下旬発売 創元推理文庫・SF文庫 復刊フェア
カトリーヌ・アルレー『犯罪は王侯の楽しみ』
F・W・クロフツ『フローテ公園の殺人』
イーデン・フィルポッツ『溺死人』
アーネスト・ブラマ『マックス・カラドスの事件簿』
クリストファー・ランドン『日時計』
ピーター・S・ビーグル『心地よく秘密めいたところ』
A・E・ヴァン・ヴォークト『時間と空間のかなた』 
フィリップ・K・ディック『ジョーンズの世界』
クリストファー・プリースト『スペース・マシン』
フィリップ・ワイリー&エドウィン・バーマー『地球最後の日』


 ロシアの古典的SF作家、ベリャーエフ。彼の代表作『ドウエル教授の首』の新訳が、去年、突然刊行されて驚いたのですが、同じ出版社(未知谷)から、短篇集『眠らぬ人 ワグナー教授の発明』が刊行されました。
 ベリャーエフの短篇は、アンソロジーや雑誌などに、短篇がいくつか邦訳されている程度だと思います。『SFマガジン』に昔載った『抱腹絶倒王』なんて、すごく面白かった覚えがありますね。
 ベリャーエフの作風は、H・G・ウエルズにも似たアイディア・ストーリーに、冒険小説的な要素を絡めている感じでしょうか。といっても、長編『ドウエル教授の首』と、同じく長編『無への跳躍』、あと短篇を数編ぐらいしか読んだことがないので、全貌ははっきりわかりません。ただ、今まで読んだベリャーエフ作品はどれも面白かったので、この本も楽しみです。
 この≪ワグナー教授≫シリーズは、彼の作品中ではわりとメジャーなシリーズのようです。これを機に、もっとベリャーエフ作品が訳されると嬉しいですね。
 荒俣宏編の大アンソロジー『怪奇文学大山脈』の最終巻が刊行です。収録作品はまた公開されていないようですが、3巻では、ルヴェルやアンドレ・ド・ロルドらの≪グラン・ギニョール≫作品も収録されるようです。
 ロバート・F・ヤングの未訳長編『宰相の二番目の娘』が創元文庫より刊行。長編が続けて邦訳されていますが、短篇ってほとんど訳されたんでしょうか?
 毎年秋のお楽しみ、創元文庫復刊フェアでは、注目は、ヴァン・ヴォークト『時間と空間のかなた』、プリースト『スペース・マシン』、ワイリー&バーマー『地球最後の日』あたりでしょうか。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
宰相の二番目の娘
宰相の二番目の娘は創元の「時を生きる種族」収録の「真鍮の都」とは違うお話なんでしょうか?変愛小説集は単行本がとても面白かった。「お母さん攻略法」が一番身につまされました。殿方にとっては母親がまず第一で妻は取り換えがきく存在なんだなあ。旦那さんも「親の替わりはおらん」が口癖だし。
【2014/09/29 12:36】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


 『宰相の二番目の娘』は、『真鍮の都』を長編化したものみたいですね。
【2014/09/29 19:03】 URL | kazuou #- [ 編集]


「宰相の二番目の娘」→てっきり、短編集かと思っていました(汗)

ベリャーエフ→「ドウエル教授の首」は、子供の頃読んで、あれは何の本だったんだろうとずっと思って、大人になって再会した思い出の本です。
挿絵もはっきりおぼえているんですが、さすがに、その本は未入手。

ブームに期待してしまいます。
【2014/10/01 23:09】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
ベリャーエフは、すでに第二弾が予定されているようです。(『眠らぬ人 ワグナー教授の発明』の広告に載ってました。)
【2014/10/03 21:25】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/571-e24105a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する