ホラーの黎明  『アメリカンホラーフィルム ベスト・コレクション』

B00JRGY2MAアメリカンホラーフィルム ベスト・コレクション DVD-BOX Vol.1
ブロードウェイ 2014-07-02

by G-Tools

 先日発売されたDVD-BOX『アメリカンホラーフィルム ベスト・コレクション』は、1930年代~1940年代のアメリカ製のホラー映画を8作集めたコレクションです。
 映像技術の進歩を考えると、この年代の作品をまともに観賞できるものかどうか、心配しながら観たのですが、杞憂でした。
 年代が年代だけに、映像技術はもちろん拙いのですが、その分、物語を進める推進力は強く、今観ても面白く鑑賞できるものが多く含まれています。
 以下、紹介していきましょう。



B00M11NQDYアメリカンホラーフイルム 呪いの家 [DVD]
ビデオメーカー 2014-10-03

by G-Tools

 ルイス・アレン監督『呪いの家』(1944)
 イギリスの田舎を訪れた兄妹ロデリックとパメラは、ふと見つけた屋敷に夢中になり、衝動的に購入してしまいます。屋敷の破格の安値に疑問を抱く兄妹でしたが、持ち主のビーチ中佐は、理由を語ろうとしません。
 中佐の孫娘ステラは、亡き母の思い出がある屋敷を訪れているうちに、ロデリックと恋仲になります。しかし屋敷には怪現象が続いていました。これはステラの母親の幽霊なのだろうか?兄妹は、屋敷の秘密を探り始めますが…。
 ひじょうにオーソドックスな幽霊屋敷映画なのですが、これはなかなか見ごたえがあります。怪奇現象もさることながら、ステラの母親の死因や父親の過去、ステラの精神的な危うさなど、人間心理的な部分も面白いのです。結末もひねっており、サスペンス映画としてみても上質な一品。



B00M11O6BAアメリカンホラーフイルム 悪魔の人形 [DVD]
ビデオメーカー 2014-10-03

by G-Tools

 トッド・ブラウニング監督『悪魔の人形』(1936)
 脱獄囚マルセルは、生物を縮小する実験を行っていた科学者でした。ともに脱獄したラヴォンは、衰弱のため死亡したマルセルに代わり、自分を無実に陥れた人間に復讐するために、その成果を利用しようと考えます。老婆に化けたラヴォンは、マルセルの妻マリータとともに復讐の機会を狙いますが…。
 生物を小さくするというSF的なテーマを扱った作品です。特撮も当時の技術を考えると、よくできているように思います。大時代なストーリーはともかく、ラヴォン演じるライオネル・バリモアの老婆の演技がすごいですね。



B00M11O2OQアメリカンホラーフイルム 歩く死骸 [DVD]
ビデオメーカー 2014-10-03

by G-Tools

 マイケル・カーティス監督『歩く死骸』(1936)
 無実の罪を着せられたエルマンは、死刑を宣告されます。目撃者の証言で彼の無実が証明されますが、死刑は執行された後でした。科学者の実験により、エルマンは息を吹き返しますが、よみがえったエルマンは、生前とは別の人間のようになっていました…。
 タイトルはゾンビ映画のようですが、正確には蘇生した人間です。甦ったエルマンには超自然的な能力が備わっており、それを利用して、無実の罪を着せた連中に復讐を遂げていくのですが、エルマンを演じるボリス・カーロフの演技がひじょうに不気味で効果をあげています。
 テンポがやたらとスピーディなのもあって、娯楽作品としては一級の作品だと思います。



B00M11O1A6アメリカンホラーフイルム 狂恋:魔人ゴーゴル博士 [DVD]
ビデオメーカー 2014-10-03

by G-Tools

 カール・フロイント監督『狂恋:魔人ゴーゴル博士』(1935)
 事故で両手を切断することになったピアニストのために、死刑囚の手を移植する医者の話です。移植されたピアニストは、事実を何も知らされないのですが、ピアノが弾けなくなり、手が勝手にナイフをつかみたがることに不安を抱き始めます…。
 ピアニストの妻の女優に、医者が横恋慕しているという設定になっており、死刑囚の手を移植されたピアニストよりも、かなわぬ恋に苦しむ医者の方にスポットライトが当たっています。『狂恋』のタイトルもそこから来ているのでしょう。
 ゴーゴル博士を演じるのは、名優ピーター・ローレ。すばらしい演技力で、物語をひっぱっていきます。序盤から結末まで、無駄がなく引き締まった脚本で、完成度のひじょうに高い作品です。



B00M11O69Cアメリカンホラーフイルム 五本指の野獣 [DVD]
ビデオメーカー 2014-10-03

by G-Tools

 ロバート・フローリー監督『五本指の野獣』(1946)
 W・F・ハーヴィーの名作怪奇小説『五本指の怪物』『消えた心臓 世界恐怖小説全集4』東京創元社所収)を原作にしたホラー映画です。
 資産家で、かっては名ピアニストだった初老の男イングラムは、イタリアのある村に隠棲していました。車椅子生活をし、片手が麻痺したイングラムがつきあっているのは、看護婦のジュリー、秘書のヒラリー、作曲家のコンラッドだけでした。
 イングラムはジュリーを愛し始めますが、当のジュリーはコンラッドと一緒に村を離れようとしていました。ヒラリーからその事実を聞いたコンラッドは動揺し、階段から落下し命を落とします。
 遺言書にはジュリーに全ての遺産を譲るとの意思があり、遺産相続の当てが外れた義弟と甥は弁護士を抱きこみ、遺言書を無効にしようと画策します。その矢先、弁護士が首を絞められて殺されます。その時、イングラムしか弾けないタッチでピアノが鳴り響きます。まさかイングラムが生きている? 死体を確認しに訪れた人々は、イングラムの死体から片手がなくなっているのに気づきます…。
 老人の手が、死後も人々を襲うというホラー作品です。怪奇現象が起きる前段階で、主だった登場人物たちの葛藤が描かれるのですが、この部分がひじょうに上手い。怪奇現象が起きる原因や経緯に必然性が感じられるようになっているので、結末にも納得がいくようになっています。



B00M11NWCEアメリカンホラーフイルム 古城の扉 [DVD]
ビデオメーカー 2014-10-03

by G-Tools

 ロイ・ウイリアム・ニール監督『古城の扉』(1935)
 とあるヨーロッパの国が舞台。この国には双子が生まれると、弟が兄を「黒の間」で殺すという、言い伝えがありました。双子が生まれたことに驚いた当主は「黒の間」を封印します。
 数十年後、当主になった兄グレゴールは、傍若無人な振る舞いで領民から嫌われていました。グレゴールは放浪の旅に出ていた弟アントンを呼び戻しますが、その思惑は…。
 双子が主人公といえば、入れ替わりが起こるんじゃ…と思ったら、案の定です。入れ替わりが起こるのは観ている人には明かされるので、弟に化けた兄の化けの皮がいつはがれるのか…というサスペンスで物語は進みます。
 グレゴールの悪人ぶりが徹底していて、じつに生彩があるのですが、物語自体が勧善懲悪的なつくりになっていて、そのあたりが物足りませんね。



B00M11NQESアメリカンホラーフイルム 大鴉 [DVD]
ビデオメーカー 2014-10-03

by G-Tools

 ルイ・フリードランダー監督『大鴉』(1935)
 ヴォリン博士は、エドガー・アラン・ポーを崇拝する、天才的な外科医でした。ヴォリンは、患者であるジーンの美しさに惹かれ、ジーンの父親にジーンをよこすようにと告げます。しかし既に婚約者のいるジーン自身も父親もヴォリンを拒絶します。
 ある日、屋敷に忍び込んだ殺人犯ベイトマンは、ヴォリンに整形手術を行うように脅迫します。彼をだまし、醜い顔にしたヴォリンは、ベイトマンを利用して、ジーンたちに復讐を決意しますが…。
 ポーの原作『大鴉』にインスピレーションを受けて、ポー的な要素を使って脚色した作品です。拷問好きと称するヴォリン博士は、壁が迫ってくる部屋や、振り子の刃など、いろいろな仕掛けを屋敷に施しているのですが、このあたりのギミックが今見ると、ちゃちに感じられてしまうところがつらいですね。



B00M11O408アメリカンホラーフイルム 悪魔の命令 [DVD]
ビデオメーカー 2014-10-03

by G-Tools

 エドワード・ドミトリク監督『悪魔の命令』(1941)
 ブレア博士は、人間の脳波を外部から読み取るという実験を行っていました。ある日最愛の妻を事故で亡くした博士は、霊媒師ウォルターズ夫人と組み、死んだ妻と再び会話しようと考えます。しかし、死者との交信を行うには、人間のエネルギーが必要なのです。田舎に隠棲した彼は、邪悪な実験を開始しますが…。
 もともとは善人ながら、妻への執着で人が変わったようになってしまうブレア博士の人物像もさることながら、詐欺をはたらきながらも悪ぶれない悪女ウォルターズ夫人のキャラクターが強烈です。はっきりと幽霊を出さずに、死者の世界があるかないかも明確にしない演出は、今観てもなかなかのものだと思います。


 10月に分売でも発売されるそうなので、気になったタイトルがあったら観賞をオススメしておきます。

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/563-4d1dc539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する