怪談の系譜  『ミステリマガジン2014年8月号 幻想と怪奇 乱歩生誕120周年』
B00KQ0HR8Wミステリマガジン 2014年 08月号 [雑誌]
早川書房 2014-06-25

by G-Tools

 毎年恒例の『ミステリマガジン』の≪幻想と怪奇特集≫、今年は「乱歩生誕120周年」がテーマです。乱歩にまつわる作品やエッセイがメインなのかなと思いきや、そこは翻訳専門誌だけあって、面白い編集になっています。
 乱歩の名作怪奇小説『目羅博士の不思議な犯罪』の再録を筆頭に、この作品と類縁関係にある、H・H・エーヴェルスの『蜘蛛』、エルクマン=シャトリアン『見えない眼』、竹本健治『月の下の鏡のような犯罪』を並べる構成になっています。
 乱歩が『目羅博士』を書くにあたって、エーヴェルスの『蜘蛛』から影響を受けているといっていたのは知られていますが、結果的に出来た作品は、むしろエルクマン=シャトリアン『見えない眼』に似ているという不思議な因縁があります。
 また、今号に掲載されてはいませんが、牧逸馬の怪奇実話に『ロウモン街の自殺ホテル』という作品があって、これもまた『蜘蛛』に似ているのです。
 これらのよく似たテーマを持つ作品が、どれが先行作品で、どれが影響を与えているのか?というのを考えるのも面白いですね。このあたりの事情は、新保博久さんのエッセイでも書かれています。
 また、新保さんのエッセイにも言及されていますが、この『蜘蛛』をめぐる作品群については、「『蜘蛛』を髄までしゃぶる」(許光俊『邪悪な文学誌 監禁・恐怖・エロスの遊戯 』青弓社所収)という面白いエッセイがあるので、興味を持った方は、ご一読をオススメしておきます。

 小説を読んでいて、これ、あの作品にすごく似てる…というのは、たまにあって、影響関係が実際にあったのかどうかは別にして、そうした作品群を比べて考えてみる、というのは面白いですよね。
 例えば、今ぱっと思いつくものとしては、スティーヴンソン『壜の小鬼』(高松雄一/高松禎子訳『マーカイム/壜の小鬼 -他五篇』岩波文庫収録)と、ドイツロマン派の作家フリードリヒ・ド・ラ・モット・フーケの『地獄の小鬼の物語』(深見茂訳『ドイツ・ロマン派全集05』国書刊行会収録)あたりでしょうか。この2作品、すごくよく似てるんですよね。
 『蜘蛛』『見えない眼』は、作品自体のテーマに「模倣」というものが含まれていて、その意味で、それらを「模倣」した影響作品が書かれること自体、不思議な感じがします。

 さて、『蜘蛛』関係の作品以外では、特集作品として、三津田信三『屋根裏の同居者』、A・N・L・マンビー『甦ったヘロデ王』、マージェリー・アリンガム『風鈴』が掲載されています。
 三津田信三は、『屋根裏の散歩者』をテーマにした乱歩へのオマージュ短編です。
 『風鈴』は、アリンガムには珍しい純怪談です。求婚を断られた日本人の男が、相手の女性に呪いの風鈴を送ってくるという作品。日本人というか東洋人のイメージが前時代的で、今読むと鼻白むのですが、作品自体の雰囲気は悪くありません。
 A・N・L・マンビー『甦ったヘロデ王』は、M・R・ジェイムズ風の怪奇小説。子ども時代に出会った殺人者を回想するという構成になっていますが、悪夢的雰囲気が素晴らしい力作になっています。

 ≪幻想と怪奇≫特集、何十年分も読んできましたが、今回みたいな特集の組み方は初めてではないでしょうか。再録作品ばかりになってしまっている憾みはありますが、テーマとしてはうまくまとまっていて、面白い試みだったので、こうした形の特集はまたやってもらいたいです。
 そういえば、ガイド本でも、テーマで分類しているというものがありますね。ミステリで言うと、間羊太郎『ミステリ百科事典』(文春文庫)、SFなら、ブライアン・アッシュ『SF百科図鑑』(サンリオ)があります。怪奇小説関連なら、「幻想文学」編集部編『幻想文学1500ブックガイド』(国書刊行会)が近いでしょうか。
 作家別、作品別という区分ではなくて、テーマ別の分類というのは、作品単体ではなくて、複数の作品を比較できる優れた視点だと思います。
この記事に対するコメント
ない!
近年は、毎月末、店頭でSFマガジンとミステリマガジンを見較べていずれかを買っています。ここ4ヶ月はSFマガジンが続きましたが、8月号は迷わずミステリマガジン、"幻想と怪奇"だから。
ということで、本日地元では大きい書店を2軒回ったのですが、どちらもSFマガジンしかない!
ミステリマガジン、最近は出荷部数が少ないようで、平日発売だと週末には店頭にかろうじて1冊ということがよくあります。
いざとなったら通販という手もあるのですが…
【2014/06/28 21:41】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
最近は、東京都内の書店でも『ミステリマガジン』より『SFマガジン』の方が入荷数が多いみたいですね。特集がアニメやドラマのタイアップのときは、平積みだったりするんですが。

ミステリ人口とSF人口って、ミステリの方が断然多いと思っていたのですが、最近はそうでもないんでしょうか。
【2014/06/28 23:26】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/556-8fe816dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する