6月の気になる新刊と5月の新刊補遺
発売中 ロバート・ブロック『予期せぬ結末3 ハリウッドの恐怖』(扶桑社ミステリー 842円)
6月2日刊 『江戸川乱歩の迷宮世界』(洋泉社 予価1404円)
6月5日刊 チャールズ・ユウ 『SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと』(新ハヤカワSFシリーズ 予価1728円)
6月6日刊 ジェシー・ケラーマン 『駄作』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価1188円)
6月9日刊 エドワード・ゴーリー『蟲の神』(河出書房新社 予価1296円)
6月10日刊 北村薫・宮部みゆき編 『教えたくなる名短篇』(ちくま文庫 予価972円)
6月10日刊 風間賢二 『ホラー小説大全 ドラキュラからキングまで』(双葉文庫 予価700円)
6月18日刊 ウラジーミル・ナボコフ 『青白い炎』(岩波文庫 1296円)
6月18日刊 尾崎翠 『第七官界彷徨・琉璃玉の耳輪 他四篇』(岩波文庫 821円)
6月18日刊 山田稔編訳 『フランス短篇傑作選』(岩波文庫 864円)(重版)
6月21日刊 E・ネズビット 『アーデン城の宝物』(東京創元社 予価2592円)
6月24日刊 マリー・ポムピュイ&ファビアン・ヴェルマン/ケラスコエット(画) 『かわいい闇』(河出書房新社 予価3024円)
6月25日発売 《ミステリマガジン 8月号》(特集=幻想と怪奇 生誕120周年乱歩から始まる怪奇入門)
6月28日刊 荒俣宏編 『怪奇文学大山脈1 西洋近代名作編 19世紀篇』(仮題)(東京創元社 予価2592円)
6月28日刊 アリス・ラプラント 『忘却の声 上・下』(東京創元社 予価各2052円)
6月刊 サッパー 『恐怖の島』(論創社 予価2376円)
6月下旬刊 ジャック・ケッチャム他 『殺戮のウィークエンド』(仮題)(扶桑社ミステリー)

 ≪予期せぬ結末≫シリーズの第3弾がいつの間にか出ていました。当初リチャード・マシスンの予定だったと思うのですが、先にロバート・ブロックが出ましたね。
 風間賢二 『ホラー小説大全 ドラキュラからキングまで』は、かって角川ホラー文庫から出ていたものの再刊ですね。文学史的な面からもしっかりとホラー小説を跡付けている名著ですので、このジャンルに興味のある方は必読です。
 山田稔編訳 『フランス短篇傑作選』 は、重版ですが、名アンソロジーなのでオススメしておきます。いちおう「純文学」のアンソロジーになるんでしょうが、いわゆる「奇妙な味」の作品が多く収録されていて、エンターテインメントとしても楽しめます。リラダン、アルフォンス・アレ、マルセル・シュオッブ、アポリネール、モーロワなど、ほとんど幻想文学アンソロジーといってもいい顔ぶれになっています。
 6月でいちばん期待しているのは、何といってもこれですね。荒俣宏編 『怪奇文学大山脈1 西洋近代名作編 19世紀篇』。怪奇幻想文学紹介の先達、荒俣宏編になる弩級のアンソロジーの1弾です。ハウスマン『人狼』やティーク『青い彼方への旅』など、14編を収録。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

「予期せぬ結末」が続くのはうれしいんですが、何故におくれちゃったんだろうって少し気になります。
アンソロジー復権の傾向はうれしいです。
【2014/05/31 21:57】 URL | fontanka #- [ 編集]


刊行スペースが遅くなってきていて、少し心配ですね。
このシリーズ、今のところ有名作家ばかりなので、もう少しマニアライクなタイトルも紛れ込ませてほしいです。
【2014/06/01 07:52】 URL | kazuou #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/06/01 18:23】 | # [ 編集]

怪奇文学大山脈
東京創元社の近刊案内で一番上に位置するようになっても14編の
内容が記載していないので気がもめます。kazuou様はどちらで
「人狼」「青い彼方への旅」などの内容をお調べになられましたか?
ドイツの作品が多く収載される予定なのでしょうか。
【2014/06/21 10:48】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
全収録作品の目次はまだ公開されていないみたいですね。
僕は、東京創元社のメールマガジンに登録しているのですが、そこでの紹介文に「人狼」「青い彼方への旅」の作品名が言及されてました。

http://e6.wingmailer.com/wingmailer/backnumber.cgi?id=E434&b_no=701

いつも思うのですが、アンソロジーの収録作品を発売まで公開しない出版元って多いですよね。公開したほうが売れると思うのですが。
【2014/06/21 12:59】 URL | kazuou #- [ 編集]

メールマガジン
メールマガジンを読みました。
ありがとうございました。
本当に、公開した方が読者にとって有難く
本も売れると思います。
【2014/06/21 13:50】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと
作者は、どんだけ賢いねんとつっこみたくなるような華麗な経歴ですね。
お父さんは台湾からの奨学生で「シャングリラ」の作者とダブります。
円城 塔先生の訳は淡々としていて作品に良く合っていますが、物理が天敵の
ロートルの頭には難しすぎました。自分には「たんぽぽ娘」系のノスタルジー溢れる
作品の方が合っていると思いました。装丁はパンテオン版もハヤカワ版も素敵なんですが。
【2014/06/29 05:27】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


円城塔翻訳ということで、購入しようかどうか迷ってました。
まだ未読ですが、難物そうですね。
【2014/07/04 19:33】 URL | kazuou #- [ 編集]

サッパー「恐怖の島」
74年ぶりの新訳だそうですが図書館の新刊コーナーで借りて読むと自分には
古めかしすぎました。海洋小説や宝探しで一番好きなのは、やっぱり「宝島」です。
「恐怖の島」は装丁は格好良かったですが、何か詰め込みすぎで冗長な感じがしました。
【2014/07/28 13:44】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


現代のジャンルミックス的な小説を読みなれてると、古典的な冒険小説は、ちょっと古めかしく感じられますよね。スティーヴンソンとかライダー・ハガードなんか、今読んでも面白く読めるのは、やっぱり作家として別格なんでしょうか。
【2014/08/02 07:11】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/553-bb68ec2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する