5月の気になる新刊とミステリマガジン記念アンソロジーのこと
5月2日刊 リチャード・ニーリィ『リッジウェイ家の女』(扶桑社ミステリー 予価1050円)
5月8日刊 ジョー・ヒル『NOS4A2 ノスフェラトゥ 上・下』(小学館文庫 予価各994円)
5月8日刊 北村薫・宮部みゆき編『読まずにいられぬ名短篇』(ちくま文庫 予価972円)
5月8日刊 ロアルド・ダール『キス・キス 新訳版』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価864円)
5月9日刊 米澤穂信選『世界堂書店』(文春文庫 予価809円)
5月10日刊 生田耕作編訳『愛書狂』(平凡社ライブラリー 予価1512円)
5月16日刊 小中千昭『恐怖の作法 ホラー映画の技術』(河出書房新社 予価2625円)
5月22日刊 パトリック・クェンティン『女郎蜘蛛』(創元推理文庫 予価886円)
5月22日刊 『本屋の雑誌 別冊本の雑誌17』(本の雑誌社 予価2138円)
5月23日刊 山岸真編『SFマガジン700 海外篇 創刊700号記念アンソロジー』 (ハヤカワ文庫SF 予価1080円)
5月23日刊 大森望編『SFマガジン700 国内篇 創刊700号記念アンソロジー』(ハヤカワ文庫SF 予価1080円)
5月26日刊 エリック・ハズペス『異形再生 付 「絶滅動物図録」』(原書房 予価3024円)
5月30日刊 キジ・ジョンスン『霧に橋を架ける』(創元海外SF叢書 予価1836円)
5月30日刊 ポール・アダム『ヴァイオリン職人の探求と推理』(創元推理文庫 予価1166円)
5月30日刊 セス・フリード『大いなる不満』(新潮クレスト・ブックス 予価1944円)

 5月は、短編集がたくさん出るようで、短編ファンにとっては嬉しいですね。ちくま文庫からは、すでに半シリーズ化している、北村薫・宮部みゆき編のアンソロジー『読まずにいられぬ名短篇』が出ます。このシリーズ、いいシリーズだとは思うのですが、海外物が全然入っていないのが、ちょっと不満です。北村薫の≪謎のギャラリー≫みたいに、海外物も入れてくれるといいんですけどね。
 文春文庫からは、米澤穂信選のアンソロジー『世界堂書店』。収録内容はまだ発表されていないようですが、編者が編者だけに、ひねった作品が集められていそうです。
 平凡社ライブラリーからは、生田耕作編の名アンソロジー『愛書狂』が登場。古書にかかわる短編を集めたものです。
 個人短編集としては、ロアルド・ダール『キス・キス』の新訳版が早川から、キジ・ジョンスンの短編集が創元から、セス・フリードの短編集が新潮から、それぞれ刊行されます。
 とくに、キジ・ジョンスンは、以前『SFマガジン』に載った短編がとても面白かったんですよね。例えば『26モンキーズ、そして時の裂け目』は、26匹の猿を譲り受けた女性が、不思議な運命に出会う…という、なんとも素敵な作品でした。
 4月の≪ミステリマガジン≫のアンソロジー2冊に引き続き、5月には≪SFマガジン≫のアンソロジーが登場です。これも楽しみですね。

 ついでに、刊行されたばかりの『ミステリマガジン700 海外篇』『ミステリマガジン700 国内篇』の収録内容を記しておきます。

『ミステリマガジン700 海外篇』
「決定的なひとひねり」A・H・Z・カー/小笠原豊樹訳
「アリバイさがし」シャーロット・アームストロング/宇野輝雄訳
「終列車」フレドリック・ブラウン/稲葉明雄訳
「憎悪の殺人」パトリシア・ハイスミス/深町眞理子訳
「マニング氏の金のなる木」ロバート・アーサー/秋津知子訳
「二十五年目のクラス会」エドワード・D・ホック/田口俊樹訳
「拝啓、編集長様」クリスチアナ・ブランド/山本俊子訳
「すばらしき誘拐」ボアロー、ナルスジャック/日影丈吉訳
「名探偵ガリレオ」シオドア・マシスン/山本俊子訳
「子守り」ルース・レンデル/小尾芙佐訳
「リノで途中下車」ジャック・フィニイ/浅倉久志訳
「肝臓色の猫はいりませんか」ジェラルド・カーシュ/若島正訳
「十号船室の問題」ピーター・ラヴゼイ/日暮雅通訳
「ソフト・スポット」イアン・ランキン/延原泰子訳
「犬のゲーム」レジナルド・ヒル/松下祥子訳
「フルーツセラー」ジョイス・キャロル・オーツ/高山真由美訳

『ミステリマガジン700 国内篇』
「寒中水泳」結城昌治
「ピーや」眉村卓
「幻の女」田中小実昌
「離れて遠き」福島正実
「ドノヴァン、早く帰ってきて」三条美穂
「温泉宿」都筑道夫
「暗いクラブで逢おう」小泉喜美子
「死体にだって見おぼえがあるぞ」田村隆一
「クイーンの色紙」鮎川哲也
「閉じ箱」竹本建治
「聖い夜の中で」仁木悦子
「少年の見た男」原リョウ
「『私が犯人だ』」山口雅也
「城館」皆川博子
「鳩」日影丈吉
「船上にて」若竹七海
「川越にやってください」米澤穂信
「怪奇写真作家」 三津田信三
「交差」結城充考
「機龍警察 輪廻」月村了衛

 どちらも、ヴァラエティに富んだ、いい編集だと思います。『ミステリマガジン』は、最近でこそ毎号は読まなくなりましたが、600号あたりまでは、ほぼ全号読んだと思います。その点、あの作品は入っていないのか…、と思うような作品もいっぱいありますが、それはないものねだりでしょう。
 個人的には、ロバート・アーサーの「マニング氏の金のなる木」は、大好きな作品なので、収録されて嬉しかったです。
この記事に対するコメント
ミステリマガジン700 海外篇
早速ゲットして読み耽りました。
「マニング氏の金のなる木」は読後感が良いですね。
あと「子守」が異様な緊張感で引きこまれました。

SFマガジンの記念アンソロジーも大変楽しみです。
ジャック・ヴァンス御大の作品が入っていますように。
【2014/04/26 11:30】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
『ミステリマガジン』のバックナンバーを読んでいると、お便り欄で、1960年代ごろから「ミステリマガジンアンソロジー」を出して欲しいとの要望がずっと出ていました。それがようやく実現したという感じですね。
あれだけの短編のストックがあるのに、1冊しかアンソロジーが出ない、というのももったいない話です。続刊を希望したいですね。
ロバート・アーサーは、翻訳された短編はどれも気が利いていて面白かったので、単行本にまとめてほしいです。
【2014/04/26 20:42】 URL | kazuou #- [ 編集]


ミステリマガジン700 海外編は、購入予定です。
ミステリマガジンは毎号読んでいますが、最近、翻訳ものが減ってきていて、さびしい限りです。
ここで翻訳ものの火を絶やさないように。購入します。
【2014/04/28 23:51】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
『ミステリマガジン』は、何年か前のリニューアル以来、翻訳短編が減ってますね。最近はドラマやアニメとのタイアップとかが多くて、あんまり買っていません。新規の読者を惹きつけるにはいいんでしょうが…。
【2014/04/29 13:18】 URL | kazuou #- [ 編集]

世界堂書店
15編も入っていて米澤先生の洒落たコメントも読めて、このお値段では安すぎる程です。
編んだだけとはいえ、やはり米澤先生の作品と似た味を感じました。北村・宮部組の選集
とは読み心地が異なります。「シャングリラ」が面白かったです。全盛期の小松左京御大
ならコテコテの関西弁で、○○SFを書いていそうで探したのですが、宮内悠介先生の「清められた卓」くらいしかなかったような。目からウロコの作品でした。
米澤先生の選集、第二弾も、もし編んで下さったら嬉しいです。
【2014/05/14 12:44】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

SFマガジン700号記念
主人の好きなスタージョンとディレイニー、自分の好きなベイリーとヴァンス御大が入って
いない等とブーたれていても仕方ない!まだSF専門誌が存続しているだけ有難いと
思わねば。家にあった昭和54年のSF宝石を読んでSF全盛時代を偲びました。

ミステリの時、kazuou様が一冊しかアンソロジーが出ないのがもったいない、続巻を
希望すると書いておられたのが、そのままSFにあてはまります。
ミステリ歴よりSF歴の方が長いので、思い入れも半端ない・・・。
【2014/05/23 12:40】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


ミステリにせよ、SFにせよ、読書歴の長い人ほど、アンソロジーに物足りなさを感じてしまいますよね。以前河出文庫から出た『20世紀SF』みたいに、年代別にすれば、もう少し幅広く作品を拾えると思うんですけどね。
【2014/05/31 17:41】 URL | kazuou #- [ 編集]

霧に橋を架ける
まず表紙絵にやられてしまいました。幻想的で美しい!
誰が描かれたんでしょうか?原書の表紙絵は超リアルな蜜蜂で
虫が苦手な人にはギョッとするものだから、日本版の方が嬉しいです。

「26モンキーズ、そして時の裂け目」が好きです。
「スパー」は男性作家ならもっとロマンチックに書いたかも。
【2014/06/05 13:58】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


まだ未読なのですが、「26モンキーズ、そして時の裂け目」と「スパー」は、SFマガジン誌上で読みました。「26モンキーズ」は、スタージョンの「孤独の円盤」などにも似た味わいで、大好きな作品です。
短編集、読むのが楽しみです。
【2014/06/07 19:09】 URL | kazuou #- [ 編集]


ちょっと前の話になりますが、ミステリマガジン、SFマガジンの書評を立ち読みして(…)、評判の高かった(気がする)「異形再生」「ノスフェラトゥ」「大いなる不満」「リッジウェイ家の女」などなどを購入。買ってから、あれ、kazuouさんこの辺に言及していらしたっけ?と思ったのですが、こうしてみるとちゃんとチェック(リストアップ)していらっしゃいますね。。本文の方でご紹介がなかったので印象に残らなかったのだとおもいますが、この辺りは(もし読んでいらしたら)どのような感じだったでしょう?(因みにこちらは現在未読です)

あと、あまり生産的な内容ではないのでここに。モンド9、ホラー好きの心をくすぐる地獄のようなイメージが結構あったと思うのですが、どうしてだかあまり乗りきれなかったというのが読後感です。モンド9の世界を構築・描写することに作者の意識があったからということなのか・・・単にこちらの想像力が乏しいだけなのかもしれないですが、ビジュアルな描写がされているのに、ビジュアルな像が浮かばないまま読み続けている感じになってしまいました。登場人物の心情もあまり共有できずじまいでした・・(何故だろう…)

怪奇大山脈はどうしようか迷い中。書店でちょっと手にとって、エルクマン=シャトリアン(でしたっけ)だけ立ち読みして、趣は感じましたがその場では買うには至りませんでした。ミステリマガジンやSFマガジンのアンソロジーも迷い中。面白いことは保証済みだとは思うのですが。
【2014/08/13 03:28】 URL | Green #- [ 編集]

>Greenさん
 積読状態なので、読んでいるのは『大いなる不満』ぐらいでしょうか。
 『大いなる不満』は、小粒な秀作集だなという感じで読んでいたのですが、最後の『微小生物集』が素晴らしく、評価が一変しました。架空の微小生物の博物誌、といったテーマの作品ですが、カルヴィーノが引き合いに出されるのも納得の作品でした。

 ≪怪奇大山脈≫は、すごく良かったですよ。伝統的な怪奇小説アンソロジーなので、「斬新さ」とか「目新しさ」はあんまりないですが。マイルストーン的なドイツ作品がおさえられているところに、しっかりとした編集意図を感じました。
【2014/08/13 07:19】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/550-0853b54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する