最近読んだ本

4198606595ぼくの心の闇の声
ロバート・コーミア Robert Cormier
徳間書店 1997-02

by G-Tools

 主人公の少年ヘンリーは、経済的に苦しい家族を助けるために、食料品店で働いていました。ヘンリーの兄の死により、両親は精神的にも参っていたのです。
 ヘンリーは、ある日ナチスの強制収容所で生き残った老人と出会い、彼の作るミニチュアに心惹かれていきます。老人の話を聞いた食料品店の店主は、ヘンリーにとんでもない取引を持ちかけますが…。
 貧しく、精神的にも余裕のない少年に持ちかけられる悪魔のささやき。典型的な少年の成長物語と思わせながら、物語の結末がついた後にも、やりきれない苦さが残ります。児童書のレーベルで出版されてはいますが、むしろ大人の読者に訴える作品でしょう。



4198615357心やさしく
ロバート コーミア Robert Cormier
徳間書店 2002-06

by G-Tools

 同じくコーミア作品ですが、『ぼくの心の闇の声』に輪をかけて、ダークな色調の作品です。
 両親を殺した少年エリックが少年院から釈放されたというニュースを見て、彼に会いたいと家出をした少女ローリ。ローリはかってエリックが捕まる前に、彼に会い、慰めてもらった経験があったのです。
 一方、親の虐待があったからと、殺人を正当化するエリックを信用できない警部補は、彼を逮捕しようと、エリックを追いかけますが…。
 サイコパスの少年と、彼に執着する家出少女という、センセーショナルなテーマで描かれた作品です。避けられない悲劇的な結末に向かって突き進む、後味の悪い作品ですが、何ともいえない味があります。
 10代のころに読んだら、確実にトラウマになるであろう作品ですね。



4041011477魔女の子供はやってこない (角川ホラー文庫)
矢部 嵩 小島 アジコ
KADOKAWA/角川書店 2013-12-25

by G-Tools

 人間界に修行にやってきた魔女のぬりえと友達になった小学生の夏子。二人は人々の願いをかなえようと試行錯誤を繰り返します…。
 いわゆる「魔法少女もの」のフォーマットで描かれているのですが、その型がグロテスクに歪められているのが特徴。肉体的なものだけでなく、精神的にもいびつな人々が登場し、読んでいるうちに、あっさりと人を殺してしまう魔女よりも、利己的な一般人の方が醜く見えてくるから不思議です。
 しかも最終章では、二人の友情をめぐって、何やらヒューマンドラマの趣まで見えてくるという怪作。



4152094451〔少女庭国〕 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)
矢部 嵩
早川書房 2014-03-07

by G-Tools

 卒業式の会場に向かっていた中三の少女、仁科羊歯子は、ふと気づくと壁にかこまれた部屋にいることに気づきます。ドアには「ドアの開けられた部屋の数をnとし死んだ卒業生の人数をmとする時、n‐m=1とせよ。」という貼紙が張られていました。
 ドアを開けた次の部屋には、羊歯子と同じ中三の少女が寝ており、次の部屋にも別の少女が寝ていたのです。各部屋に寝ていた少女たちを起こし続ける一行の人数はどんどんと増えていきますが…。
 脱出できるのはひとりだけという、いわゆる「デスゲーム」的なテーマを提示しておきながら、まったく違う方向に進んでいくという、何とも説明しにくいジャンルの作品です。
 少女たちの間で殺し合いが起きるのかと思いきや、いや実際起きるのではありますが、それだけでは終わらないのです。殺し合い以外にも、生き延びる手段を考え付いた少女たちは、なんと「開拓」を始めるのです。
 しかし部屋の中には、道具も食料もまったくありません。あるのは、少女たちが身に着けていたお菓子や文房具のみ。食料がなくなった彼女らは、とんでもないことを実行し始めます…。
 ジャンルは全く違えど、イタロ・カルヴィーノの『見えない都市』(河出文庫)やアンリ・ミショー『幻想旅行記』(青土社)を思わせる、奇妙なスケール感を持った作品です。



B00J4KDCJ8五色の舟 (ビームコミックス)
近藤 ようこ 津原 泰水
KADOKAWA / エンターブレイン 2014-04-23

by G-Tools

 予言をするという妖怪「くだん」をテーマにした津原泰水の原作をコミック化した作品です。原作も素晴らしい作品でしたが、重厚な原作を、これほど軽やかに描いているのは見事です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
シュール
コーミアと矢部 嵩の2人が中心のご紹介ですが、ご紹介の文を見る限り、2人とも要注目な感じですね。

コーミアはキングの「ゴールデンボーイ」か、はたまたケッチャムかレンデルかというような感じを受けましたが、児童書のレーベルなんですね。(大人向けのものを子供も勝手に読むとかでなく)特に子供に向けて、こういうハードな話を書こうという感性は日本にはないかも・・
(あえて言うなら楳図かずおとかマンガ家辺りは児童向けでも容赦しないかもしれないですが)
ちょっと昔の本ですが、Amazonには在庫があるように見えました。珍しい気がしますが、徳間だからか児童書だからかハードカバーだからか、それとも長期間売れていたりするのか・・・

矢部作品の方は、作品世界の中の歪みというか異常さが、死や暴力などがさほど重要な意味を持たない(?)アニメ・ゲーム世界の感覚に近い感じなのかな、というのが紹介文を見た限りでの印象でしたが、どうでしょうか?
その辺りのライト感覚が奇想と結びついて突っ走っていたりすると、シュールで結構面白い思考実験作品になるのでは、と思ったりして、ちょっと興味が湧いています。

余談ですが、アンリ・ミショー『幻想旅行記』という名が出ていましたが、一介のマグリット好きとしてはその周辺人物(スキュトゥネールとかメザンスとかヌジェ、コリネなどとともにカタログなどに名前が時々出てくる…)に邦訳された作品、邦訳されるほど有名な作品があったのか、という観点から驚いていたりします(詩人と紹介されていたような・・・)。
恥ずかしながらその存在すら全く知りませんでしたが、どのような作品なのでしょうか?
【2014/03/30 03:21】 URL | Green #- [ 編集]


コーミアは、本国ではヤングアダルト作家と認識されているようですが、どの作品も大人が読んでも十分鑑賞に耐える作品ですね。身も蓋もない現実を描きながら、一抹の希望も忘れない…という、稀有な作家だと思います。

矢部嵩は、ホラー小説大賞で出た作家で、デビュー作はいただけなかったのですが、一作ごとに腕を上げていて、『魔女の子供はやってこない』で大化けした感じです。(この時点で4作出ていて、『魔女…』は3作目、『少女庭国』が4作目です。)
『少女庭国』は、描写自体はグロテスクだったりするのですが、中身は実験的な幻想小説ですね。架空の国の博物誌を、閉鎖環境でやったらどうなるか?という、なんとも面妖だけれども、面白い作品でした。
そうした「架空の国の博物誌」的な意味から、アンリ・ミショー『幻想旅行記』の名も挙げています。これは、架空の諸民族の奇妙な風習や文化を語った幻想コント集です。ずいぶん前ですが、このブログでもレビューしてますので、関心があったらご覧ください。
【2014/03/30 08:44】 URL | kazuou #- [ 編集]

魔女の子供はやってこない
言葉の弾幕という感想を書いておられる方がいましたが、その通りだと思います。
夏子に感情移入してしまう。あの年頃だったのはウン十年前なのに。
「地獄は来ない」「自分の不幸を金にかえる」とかドキッとする表現が刺さります。
「魔法少女帰れない家」の章は主婦なら、あるあると頷くシーン満載です。
小島アジコ先生の挿絵も文章にピッタリで良かった。
【2014/04/05 11:37】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


表面上のホラーの味付けを外してみると、少女の友情と成長の物語なんですよね。
ストレートに物語を語らなくても、感動は与えられる…という見本のような作品だと思います。
それにしても「魔法少女帰れない家」は、すごく生活感のあふれるエピソードでしたね。
【2014/04/06 13:08】 URL | kazuou #- [ 編集]

地獄に行く理由
これはお礼を言わなくては、という2件を。こちらでのお勧めがなければ、多分手には取らなかっただろう本なので。

先ずは「魔女の子供はやってこない」。
多分本命は「少女庭園」の方だなと、あまり期待をせずに読み始めて、特に初めのうちは若書きっぽい感じだなぁ、でも軽く読めるからそれでもいいか、という感じでした。木に竹を接いだような文章や流れも多いし、一人称語りの割に、会話文と字の文の落差が大きいし(こちらの疑念は最後に解消しますが)・・・と突っ込みどころが結構ある印象でしたが、そういうものなんだと受け入れて読んでいくと、木に竹を接いだような感じもそれが一種のリズムみたいに作用してだんだん楽しく読めるように。

幾つかのエピソードからなる作品ですが、唐突で作り物めいた最初の大量死からすると、エピソードを追うごとに題材もディープかつ人生の機敏に触れるようなものになって行って、しかし設定から、それが子供の奮闘ものでも、成長ものでもあり、かつ他人の人生の深淵を垣間見る内容にもなる・・・
軽い感じで描かれる大量死やグロテスクシーンと、その辺りが結構バランスしている感じも良かったです。

あとやはり何と言っても肝はエピローグ(そこまでの積み立てがあって初めて成り立つものですが)。
実は途中で、これあとがきないのかなと巻末を見て、ラストの1行をうっかり見てしまい、一体どんな衝撃の結末なのかと思っていましたが、こう来たかと。
途中の章からの展開もですが、(純文系などの)普通小説では多分晩年の回想とか何かの出来事に対するリアクションとして構成されるような内容が、こういう形でエンタメに落とし込まれているのに感心。自分で選んだ道という訳でもないのに地獄行きかと思っていると、こういう形で落とし前を求められる形になるのかと。
(それにしても魔女も上手いよなぁというか、悔恨に生きるでもなく何とか自分の人生を受け入れて生きた人間には、いくらその途中の道のりに罪や瑕疵があったとしても、それを全否定して経験もしていない別の選択肢に乗り換えるなんて無理だよなぁと。
 そう言えば、タイトルが「魔女の子供はやってこない」ですが、魔女はそもそも子供ではなかったのかもしれない内容でしたしね)
ブルースの人生とその終わり方にも感慨。いい加減な思いつきで作られたものだってそういうものとして、時の経過に応じた生涯・経緯を歩むという当たり前の真実というか。最後の言葉、ある英国のロックグループが同じようなことを歌っていましたが、作者はそれを聞いていたのか偶然の一致なのか・・・

怪作(勿論称賛を込めてだと思います)、と紹介されていましたが、こちらは結構傑作かも、くらいまで思ったクチでした。読めて良かったです。感謝。(「恐怖」は、そんなになかったですが)
少女庭園も楽しみです。

そう言えばもう一つ印象に残ったのが、目次/地図イラストとして描かれた著者の挿絵。
歪さと立体感を伴った生々しい画像は、松本大洋なんかを連想して、挿絵もちょっとしか出てこない挿絵画家の絵ではなくて本人の絵でも良かったのではと思ったくらいでした。まぁ、女の子は可愛くはならなかったかもしれませんけども。

(長文失礼しました)
【2014/06/08 05:55】 URL | Green #- [ 編集]

(誤字…)
× 字の文 ⇒ ○ 地の文
【2014/06/08 06:12】 URL | Green #- [ 編集]

>Greenさん
 『魔女の子供はやってこない』、僕もふだんなら手に取らないタイプの作品なのですが、なにか引かれるものがあって、読んでみました。
 最初のエピソードがかなりグロテスクなので、そのトーンで進むのかと思いきや、意外と「日常性」が強いエピソードが続くんですよね。ただ、そこで描かれる人間性そのものはグロテスクなのですが。
 ブルースの存在は、とてもユニークだったと思います。初登場時は「もの」に近い扱いだったのに、最終的にあんな存在になるとは、驚かされました。
【2014/06/08 08:58】 URL | kazuou #- [ 編集]

これは確かにSF
どうせ面白いだろうから、(面白いかどうか分からない)別の作品の後にしよう、と思った結果間を置いて読む結果になったのですが、予想とはまた違った面白さでした。よりSFっぽいというか思考実験的というか…

ご紹介から予期していたのは、「見えない都市」みたいな奇想のショーケースでしたが、こちらはある状況におかれた女子生徒たちの行動のパターン網羅・ケーススタディのような内容になっていて(「補遺」がそのメインですが)、その中に突発した "あるケース" として幾つかの大規模化の例が語られるのが状況設定に忠実なSFらしいなぁと。(端の部屋から起こったことを順に語っていると見ることも可能ですし。)

状況設定に忠実といえば、状況による制約が物語進行をしっかり縛っている辺りもシビアだなぁと感じながら読んでいました(大規模化してそれを意識しなくて済むようになっても人食は免れないとか、フロンティアからの距離の制約で居住区は移動していかざるを得ないとか)。
個人的にはこのシビアさが一つの読みどころでした。だからこそ、フロンティア開拓、のような発想が出て来た時には、予期していたのにこう来たかという驚きがありましたし、庭園が出現したときには驚きましたし。またそれゆえに、ちょっとロマンティックにも感じるエンディングにも驚きました(え、でもこの場合でも何も解決してないですが?と突っ込みを入れることにもなりましたが・・)。

あと、歴史解説的な項の記述も面白く読めました(歴史が発生するという展開自体が予期していなくて面白かったです)。見方によってはここに書かれた内容が、ある法則下にある1つの世界全体で起きたことの全て意味で1つの歴史書みたいなものでもあるんですよね。確かにこの部分は、架空の国の博物誌。
前作からすると第三者視点の語り口は平明で、すんなり読めましたし作品内容に合っていると感じました。読めてよかったです。ご紹介に感謝。

そういえば、才能ある作家さんだと思いますが、検索して偶然行き当たった本人のブログらしい記載によると、次の作品を出せるか分からない、という状況下でこれまで書いてきているような雰囲気でした。次作もまた発表されること(そして面白い作品であること)を願っています。

------

余談ですが、アンリ・ミショー「幻想旅行記」のご紹介記事を見て感じたのは、これはむしろ「悪魔の辞典」に近い内容なのではないか、と…
あとちょっと検索した感じでは、アンリ・ミショーはフランスの人ゆえ、マグリットに言及はしていてもマグリットの周辺の人とは言えず、また翻訳紹介もかなりの数されているちょっと有名な人のようでした(こちらが無知だっただけですが…)。
【2014/08/13 03:35】 URL | Green #- [ 編集]


 最初のエピソードが、メインの話かと思っていたら、より多くの例の一つに過ぎなかった…という時点でちょっとびっくりさせられました。
 ケーススタディがいくつも展開されるので、結果的にいくつもの短篇を読んだような読後感がありますね。
 歴史解説的な部分に関しては、パロディ的な意図があるのかと思ったのですが、どうもそういうわけでもなく、「思考実験的」を愚直に実践したら、グロテスクになってしまった…という感じの作品ですよね。

 『悪魔の辞典』ですか…。なるほど、似ていなくもないかもしれません。現代の分類で似ているジャンルを探すと、「超短篇」がいちばん近いのではないかと。
【2014/08/13 07:36】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/547-32466186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する