≪ナイトランド叢書≫について
 以前このブログでも紹介した、ホラー小説を集めたシリーズ≪ナイトランド叢書≫。予約が1000部に達した時点で、出版が成立するという企画です。3月末までに、1000部ということだったので、何とかなるかな、と思っていたのですが、企画成立自体が危うくなってきました。
 3月2日の時点で、第1期3冊の予約状況は以下のような数字です。

ジョー・R・ランズデール『死者の町』友成 純一・訳
→ 151件
ロバート・E・ハワード『失われた者たちの谷 ハワード怪奇幻想傑作選』中村 融・編訳
→ 117件
デニス・エチスン『ダーク・カントリー(自選版)』植草 昌実・訳
→ 116件

 この状態から、あと1ヶ月で1000件は、正直厳しいような気がします。エチスンはともかく、ランズデールやハワードでさえ、予約が集まらないとは思いませんでした。
 ホラーファンの方は、もっといると思うのですが、やはりまだトライデントハウスの出版物の知名度が少ないんでしょうか。情報を広めるという意味で、このブログでも改めて紹介しておきたいと思います。
 個人的にエチスン短編集はぜひ実現してもらいたい企画です。海外ホラー作品に興味のある方はぜひ応援お願いします! 予約は以下のページから。

 《ナイトランド叢書》創刊!


テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
忘れてました
本告知を読み、今、第1期3冊、予約申込みしました!
1000冊はいくだろう、軽く考えていたら、厳しい状況ですね。
【2014/03/02 10:22】 URL | 迷跡 #8Vfzr.cc [ 編集]

>迷跡さん
ご協力ありがとうございます!
思っていた以上に、海外ホラーのコアなファンは少ないのかもしれません。
叢書全滅というのはちょっと悲しいので…。
【2014/03/02 14:17】 URL | kazuou #- [ 編集]


ううむ、これは確かに厳しいですね。私も予約をしたまま、その後の動向はすっかり忘れていましたが、まさかここまで低調とは。
仰るようにランズデールやハワードのファンはもう少しいると思いますし、これは圧倒的に告知不足だと思いますね。こういう時代ですし、版元はもう少しインターネットをうまく活用してほしいと思います。
【2014/03/05 23:15】 URL | sugata #8Y4d93Uo [ 編集]

>sugataさん
個人がブログで宣伝しても、なかなか伝わりませんしね。
もう少しがんばってもらいたいものです。
【2014/03/06 21:24】 URL | kazuou #- [ 編集]

状況はときおり見てはいましたが・・
このような投票は、シングルレコードの売り上げみたいに開始当初、せいぜい1カ月で半分を超えていないと難しいだろうなと思いつつ状況を時折確認していて、1か月の時点でこれはダメかもねという感じでした。
ただ、他の方も仰るように告知不足による部分が大きいのではとも思うので、今からでも広告すれば可能性はゼロではないかも、とも。でもまぁ、広告にかけられるお金はないということなのでしょうけれど・・・

なお、私自身は1期分はエチスン短編集のみの予約でしたが、企画成立に協力するという意味だったらランズデールの方が良かったかも・・・ とはいえ、私にはAKB48のファンみたいな、聞くこともない同じCDを何枚も買うようなお金も気概もありませんが・・・・
【2014/03/15 22:50】 URL | Green #- [ 編集]

無理かも…
常識的に考えて、開始してから1ヶ月ぐらいがいちばん予約が集まる時期ですよね。もう2週間ぐらいしか猶予がないので、正直、企画実現は難しいかなと。

たしか、アーカムハウスの予約が数百部ぐらいだったような記憶があるので、1000部といったときに難しいなと思いました。値段は上がってしまうでしょうが、100部限定ぐらいにしていれば良かったような気もします。コアなホラーファンは多少値段が高くても予約するでしょうし。
【2014/03/16 07:44】 URL | kazuou #- [ 編集]

頑張って告知して反応は…
こんばんわ、毎日拝読しております。

新刊の購入の告知にはいつも感謝してます。

「ナイトランド」創刊からずっと追いかけていたので、
叢書第1、第2シリーズ全巻予約入れて数日おきに予約数を確認していました。

が、3月になっても相変わらずだったので
私はあまり積極的ではないのですが
思い切ってあちこちにブログで「お知らせ告知」みたいな感じで発信してみました。

驚いたことに誰もトライデント・ハウス社はもちろん
「ナイトランド」ですら知らなかったのです。
はっきりいって、社の怠慢さに目まいがしました…。

ああ、大切なチャンスを…泣いております(T-T)

4月に入ってからの社のコメントを
楽しみに(嫌味です)しております(苦笑)

また色々とご鞭撻頂ければ幸いです。
【2014/03/26 01:21】 URL | みん #- [ 編集]

> みんさん
みんさん、コメントありがとうございます。

ナイトランド叢書、僕も完全に告知不足だと思います。
翻訳専門誌、≪ミステリマガジン≫とか≪SFマガジン≫に広告を出すだけで、予約数も大分違っていたと思うんですけどね。資力の問題かもしれませんが…。

せっかくの企画、これでつぶれてしまうのは、非常にもったいないです。
【2014/03/26 19:59】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/544-b9d0b0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する