3月の気になる新刊と2月の新刊補遺
発売中 ウィンザー・マッケイ『リトル・ニモの大冒険』(パイインターナショナル 3360円)
2月28日刊 イバン・バレネチェア『ボンバストゥス博士の世にも奇妙な植物図鑑』(西村書店 予価1995円)
3月6日刊 アイザック・アダムスン『コンプリケーション』(ハヤカワ・ミステリ 予価1785円)
3月6日刊 ブレイク・クラウチ『パインズ 美しい町』(ハヤカワ文庫NV 予価945円)
3月10日刊 真鍋博『超発明 創造力への挑戦』(ちくま文庫 予価860円)
3月12日刊 ショーン・タン『見知らぬ国のスケッチ アライバルの世界』(河出書房新社 予価1890円)
3月14日刊 グスタフ・マイリンク『ゴーレム』(白水Uブックス 予価1785円)
3月19日刊 フィリップ・K・ディック『変種第二号 ディック短篇傑作選4』(ハヤカワ文庫SF 予価1071円)
3月22日刊 ロバート・F・ヤング『時が新しかったころ』(創元SF文庫 予価840円)
3月28日刊 北村薫『書かずにはいられない』(新潮社 予価1785円)
3月下旬刊 リチャード・マシスン『リチャード・マシスン短編集』(仮題)(扶桑社ミステリー)

 アメリカ漫画の黎明期の傑作、ウィンザー・マッケイ『リトル・ニモの大冒険』が新訳で刊行されていました。旧邦訳版はすさまじい古書価がついていたので、これは朗報ですね。
 イバン・バレネチェア『ボンバストゥス博士の世にも奇妙な植物図鑑』は、架空の幻想的な植物を描いた絵本だとのことで、レオ・レオーニの『平行植物』などのような感じなのでしょうか。気になります。
 『たんぽぽ娘』のヒットが効いたのでしょうか。創元からは、なんとロバート・F・ヤングの長編 『時が新しかったころ』が登場です。タイムトラベルもののようですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

「マシスン」やっと出るんですね。心配してました。
ちなみに
消費税値上げが出版業界を直撃しないことをいのるばかりです。
【2014/02/24 22:01】 URL | fontanka #- [ 編集]


≪予期せぬ結末≫シリーズは、毎巻予定日が遅れますね…。発売日が決まってから告知すればいいのに。
【2014/02/27 19:29】 URL | kazuou #- [ 編集]

並行植物など
『ボンバストゥス博士・・・』は、amazonの画像などを見た限りではどこかレメディオス・バロを思わせる緻密だけれどもおとぎ話のようにデフォルメされた絵のようで、そこにちょっと惹かれています。絵本なんですね。また、図鑑を模したものというよりは筋書きがありそうな印象ですが…

そういえば「平行植物」を遂に買ったのですが、チラッと読んだ限りでは、学術的な図鑑のパロディだった「鼻行類」(ビジュアル中心で、文章も(奇妙な)生態を描くのに費やしていた記憶があります) とはぜんぜん別物で、挿絵もほとんどない、文章の方も(偽)博物誌的な側面が強い内容みたいですね。著者のレオーニは先日展覧会もあったようにビジュアル方面の業績も多い方のようなので、そこは意外でしたが。
冬休み辺り、寝る前読むのに丁度いいのではと目論んでいたのですが、あれやこれやで頓挫して、ではいつ読もうかと思案中です (落ち着いた状況で読んだ方が楽しめる気がしたので)。

ミステリっぽい早川の2冊は何故?と思って内容を見ると、一方はトライオンの「悪魔の収穫祭」を連想させる、のような閉塞した町の恐怖の話のようですし、もう一方は過去のヨーロッパのガジェットの絡む話ということでなるほど、と。
購入検討対象に加えます。
【2014/03/15 22:44】 URL | Green #- [ 編集]


『ボンバストゥス博士』は、書店で実物を見たのですが、絵柄はともかく、内容的にピンとこなかったのでスルーしてしまいました。
『平行植物』は、絵を楽しむというよりは、記述の方を楽しむ作品ですよね。極端な話、絵がなくても読めるような気がします。
【2014/03/16 07:30】 URL | kazuou #- [ 編集]

パインズ美しい町
ツインピークスにオマージュを捧げる形で書かれているのですが
自分はツインピークスにハマる事が出来なかったので微妙でした。
ミステリーゾーン系の作家や脚本家なら、もっと面白い話に出来たのでは・・・。
何度も読んでオチが分かっていても、やっぱり引き込まれてしまう
ミステリーゾーンの素晴らしさは突出しています。
【2014/05/08 20:57】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


これ、積読しているんですよね。微妙ですか…。

「異色作家」の作品って、オチを知っていて再読しても楽しめるものが多いですよね。ダールなんか、ほとんどその話芸で成立してるような感じですし。そう考えるとすごいです。
【2014/05/11 18:31】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/543-492425fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する