12月の気になる新刊と11月の新刊補遺
11月29日刊 諸星大二郎『諸星大二郎特選集 第2集 子供の情景』(ビッグコミックススペシャル 予価1500円)
12月5日刊 ベン・H・ウィンタース『地上最後の刑事』(ハヤカワ・ミステリ 予価1890円)
12月6日刊 諸星大二郎『瓜子姫の夜・シンデレラの朝』(朝日新聞出版 予価800円)
12月16日発売 《幽vol.20》(特集=怪談文芸アメリカン)(メディアファクトリー 1850円)
12月18日刊 桂千穂『カルトムービー 本当に面白い日本映画 1945→1980』(メディアックス 1575円
12月20日刊 リチャード・マシスン『予期せぬ結末 Ⅲ』(仮題)(扶桑社ミステリー)
12月27日刊 諸星大二郎『諸星大二郎特選集 3 遠い世界』(ビッグコミックススペシャル 予価1500円)
12月刊 P・G・ウッドハウス『よりぬきウッドハウス1』(国書刊行会 予価2310円)
12月刊 安井泰平『ジャッロ映画の世界』(仮題)(彩流社 予価4725円)

 
 見逃していましたが、11月より小学館から≪諸星大二郎特選集≫全3巻の刊行が始まっていました。すでに1巻『男たちの風景』が刊行されています。諸星大二郎の名作短編を集成する作品集なので、わりと一般向けの編集だと思います。
 諸星大二郎に興味はあるけど、手を出しにくいなあ、と思っているような方には手に取りやすい本なのではないでしょうか。
 ベン・H・ウィンタース『地上最後の刑事』は、「小惑星衝突が迫り社会が崩壊した世界で、ある新人刑事は保険会社社員の自殺事件に疑問を持ち、地道な捜査を開始する」という話だそうで、気になる作品です。
 《幽》は、たまに立ち読みする程度なのですが、今回の特集は、アメリカ怪談ということで購入予定です。紀田順一郎×荒俣宏の対談が載るそうで、要注目ですね。
 扶桑社の≪予期せぬ結末≫シリーズの最新刊は、リチャード・マシスン。今年中に刊行されるかはちょっと怪しいですが、期待して待ちましょう。
この記事に対するコメント

「第三の警官」がぬけてますよ。
入れてほしかったです。

【2013/11/25 17:50】 URL | ひねくれ者 #- [ 編集]

> ひねくれ者さん
新刊を網羅しているわけではなくて、個人的に「気になる」新刊だけをピックアップしているので、「ぬけて」いると言われても…。
【2013/12/01 17:52】 URL | kazuou #- [ 編集]


「予期せぬ結末」このシリーズどんどんつづくとうれしいです。
【2013/12/06 19:31】 URL | fontanka #195Lvy4Y [ 編集]

>fontankaさん
≪予期せぬ結末≫シリーズは、基本的に≪異色作家短編集≫と同じ方向性のラインナップなので、この手の作家が好きな人にはたまりません。マシスンの次は、ロバート・ブロックあたりでしょうか。
【2013/12/08 20:37】 URL | kazuou #- [ 編集]

諸星大二郎先生の新刊が読めて嬉しい!
忙しくて金欠の時に限って、狂ったように本を買いたくなります。
「瓜子姫の夜・シンデレラの朝」をゲットしました。
「悪魔の煤けた相棒」が良かったです。小学館の特選集も買ってしまいました。
「食事の時間」は新しい本に収載される度に世界人口が増えてます。
でも総人口が120億人になっても、少しも古びることのないお話だと思います。
光文社のシグナル叢書はもう終わりなのでしょうか。
紙質も装丁も豪華でとても素晴らしかったのに。
【2013/12/09 14:37】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


「悪魔の煤けた相棒」も良かったですが、「見るなの座敷」がとても良かったですね。
近年は童話をモチーフにした作品が多いみたいですが、個人的には伝奇的なものが好きなので、そちら方面の作品も描いてほしいです。
【2013/12/14 11:38】 URL | kazuou #- [ 編集]

地上最後の刑事
実際にトリノスケール6の世界になったら、どんな状況になるんでしょうね。
破滅確定の世界で個人がどう身を処すかというテーマは昔からありましたが
この作品の主人公は、真面目で働き者です。
普通なら「もうどうでもええわ!」と酒と女とドラッグに溺れるのになあ。
読み終えた後、虚無感が残り主人公が可哀想になりました。
三部作で、小惑星衝突が三か月に迫った次作も出ているそうですが
刑事さんが、もう少し幸せになって欲しいです。残された時間が少ないにしても。
【2014/04/03 13:28】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/534-c1b3fe39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する