ミステリーゾーンのこと
隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション 2013年 9/18号 [分冊百科] 隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション 2013年 10/2号 [分冊百科] 隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション 2013年 10/16号 [分冊百科] 隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション 2013年 10/30号 [分冊百科] 隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション 2013年 11/13号 [分冊百科]
 オムニバスドラマの傑作シリーズとして名高い『ミステリーゾーン』(原題はトワイライトゾーン)。1950~1960年代にかけて放映されたこのシリーズ、日本でも、今までDVD化の企画が何度かありましたが、全て完結に至らずに途絶しています。
 ここにきて、アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社から、『ミステリーゾーン』のDVDマガジンの発売が始まりました。(http://www.mysterydvd.jp/home.html
 いわゆるDVD付きマガジンの形式なのですが、隔週発売ということと、値段がほどほど(1巻あたり1790円)ということで、集めやすくなっています。
 とはいえ、シリーズ全部を揃えると、全巻84巻ということで、全て揃えるのは、けっこう大変そうですね。
 リアルタイムで放映に接した世代ではない人間にとっては、まさに伝説の番組です。ビデオ時代に出ていた傑作選で数話を鑑賞しましたが、その当時でも面白さは薄れていませんでした(鑑賞したのは1990年代後半です)。
 異色作家好きとしては、ぜひ揃えておきたいシリーズです。現在扶桑社から刊行されている、≪予期せぬ出来事≫も、その意味で実に時宜を得た企画だと思います。ちなみに、≪予期せぬ出来事≫の最新刊は、リチャード・マシスンだそうですが、これもファンにとっては嬉しい限り。
 『ミステリーゾーン』が終わった後、『新トワイライトゾーン』も収録される可能性があるということです。日本でビデオ化されなかった『新』の第2、第3シーズンには、シオドア・スタージョン『孤独の円盤』や、トム・ゴドウィン『冷たい方程式』といった名作の映像化も含まれています。
、ぜひ最後まで刊行してほしいものです。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/533-62fb5aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する