11月の気になる新刊
11月6日刊 西崎憲編『怪奇小説日和』(ちくま文庫 予価1050円)
11月7日刊 小鷹信光監修 ジャック・リッチー『ジャック・リッチーのあの手この手』(ハヤカワ・ミステリ 予価1785円)
11月7日刊 フィリップ・K・ディック『変数人間 ディック短篇傑作選』(ハヤカワ文庫SF 予価987円)
11月8日刊 ジュール・シュペルヴィエル『ひとさらい』(光文社古典新訳文庫)
11月12日刊 ミュリエル・スパーク『バン、バン! はい、死んだ ミュリエル・スパーク傑作短篇集』(河出書房新社 予価2310円)
11月22日刊 レオ・ペルッツ『ボリバル侯爵』(国書刊行会 2730円)
11月22日刊 アリソン・フーヴァー・バートレット『本を愛しすぎた男』(原書房 予価2520円)
11月28日刊 ディヴィッド・J・スカウ編『シルヴァー・スクリーム 上・下』(仮題)(創元推理文庫 予価各1218円)


 11月は、短編ファンにとっては楽しみな新刊がたくさん出ますね。
 西崎憲編『怪奇小説日和』は、かって国書刊行会から出た3巻本アンソロジー『怪奇小説の世紀』からのセレクションに新訳を加えた新編集のアンソロジーです。怪奇小説ファンは必携ですね。
 『ミステリマガジン』の特集時から予告されていた、ジャック・リッチーの短編集『ジャック・リッチーのあの手この手』が早川書房から刊行。全編初訳というのが、また魅力です。
 澁澤龍彦の翻訳で知られるシュペルヴィエルの名作長編『ひとさらい』が、光文社古典新訳文庫から刊行です。ずっと手に入りにくい作品でしたが、河出文庫から最近出た『澁澤龍彦訳 暗黒怪奇短篇集』にも澁澤訳が収録されたばかりですし、どうせなら他の作品を新訳したほうがよかったような気もします。
 これは教養文庫『ポートベロー通り スパーク幻想短編集』以来でしょうか、ミュリエル・スパークの短編集が河出書房から登場です。スパークの短編は風変わりで面白いものが多いので、期待大ですね。
 ディヴィッド・J・スカウ編『シルヴァー・スクリーム』は、何十年も前から出る、出ると言われていた、いわくつきのアンソロジーですね。怪奇小説ファンは要チェックです。
この記事に対するコメント
リッチーが楽しみ
リッチーは昔から好きでした。
こんなに翻訳が出るとは・・・夢のようです。
【2013/10/30 00:07】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
リッチーは、ずっと雑誌やアンソロジーでしか読めなくて、こんな面白い作家なのに…と思っていました。これだけの量の作品が読めるようになるとは思いませんでしたね。
【2013/10/30 20:59】 URL | kazuou #- [ 編集]

時間・・
『シルヴァー・スクリーム 上・下』! 実はまだ "スプラッタパンク" という言葉がすたれ始めたころだったか、東京創元社に予告されて久しいがもう出ないのかと、問い合わせのメールを送ったことがあります。そしたら返事があって、翻訳が進まなくて刊行の見通しが立たないような返事があったんですよね・・・それからこれだけの時間が経過して、もう翻訳はないのかと思っていたので驚きでした。もしかしたら翻訳者を変えたのかもしれないですね。
スプラッタパンクのアンソロジー・・・というとちょっと玉石混淆を想定してしまうので、期待もそこそこなところはありますが。面白さの安定感ではリッチーや「怪奇小説日和」の方が期待値が上の感じですが、でも楽しみです。
翻訳で停滞と言えば、イアン・バンクスの『ブリッジ』。検索をかけると、どこぞの方言が全編に使われているためその翻訳に苦慮している旨のツイッターなどが出てきますが、訳者は風間賢二氏だったんですね。
そもそも訳されてもいないこの作品が気になったのは、風間賢二氏のブックガイドを読んでのことだったと思うので、紹介した自ら翻訳に乗り出したということなのか… そうこうするうちに作者のイアン・バンクスも亡くなっていたりしますが、そのうち読めることをを期待しています・・・

スパークは幻想ものとは限らないような表題ですね。長編の「死を忘れるな」が好きなのですが、それも幻想ものではないし、あまり分けて考えることもないのかもしれないですが。
幻想ものと言えないといえば、先日読んでちょっと掘り出し物に感じたのがジョイス・キャロル・オーツの「とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢」で、いずれも現実を踏み外すことはない作品なのですが、特にラストの作品など、混乱する医師の心象風景を通してどこか別世界に足を踏み入れていくような、強烈な印象がありました。

年賀状をくれた人に返信もしないままに年の瀬を迎えそうな状況で、ご無沙汰しておりましたが今年も楽しく拝見していました。リアルタイムにマシスンの訃報にコメントできなくて残念。そういえば「縮みゆく人間」が、扶桑社ミステリーから再刊されていたのを見かけました・・・
【2013/11/04 15:12】 URL | Green #- [ 編集]


『シルヴァー・スクリーム』は、昔からのホラー小説ファンなら、邦訳の話をいちどは聞いたことがあるんじゃないでしょうか。もう出ないんだろうなあ、と思っていただけに、今回の出版の話は嬉しい驚きですね。

スパークは、昔教養文庫で出た『ポートベロー通り』が大好きだったので、期待大です。河出はレーベルこそ付けていませんが、このところ文学よりの異色作家の短編集を連発していて、目が離せません。
【2013/11/04 18:41】 URL | kazuou #- [ 編集]

ロバート・エイクマン
怪奇小説日和、良かったです。
ロバート・エイクマンの「列車」に引き込まれました。
男性作家なのに女性同士の微妙な距離感を描くのが
とても上手いです。古色蒼然とした屋敷と近代の産物
である列車の対比も面白い。
【2013/11/08 20:57】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

エイクマン
エイクマンは渋いですね。
M・R・ジェイムズとかH・R・ウエイクフィールドとか、僕はわりと派手な展開の怪奇小説の方が好きなのですが、エイクマン作品では時折すごく怖い作品がありますよね。
正直、よくわからない作品もたくさんありますけど。
『列車』もいい作品だと思いますが、個人的なエイクマンのベストは『奥の部屋』でしょうか。
【2013/11/10 08:05】 URL | kazuou #- [ 編集]

エイクマン/ハーヴィー/スパーク
1,12月の新刊については、あまりこちらで触れられる材料もないので古いですがこちらに。
エイクマンについてコメントが出ていますが、私は結構ファンです、
と言いながら、過去の雑誌訳出短編を探したりはしていない程度のファンですが…
ウェイクフィールドとの比較で言えば、もちろんウェイクフィールドは素晴らしいのですが、
よく出来た怪奇小説の構成の中に閉じられている感じもします。
エイクマンは、よく出来た構成、といった印象はあまり受けないのですが
(年代の古いものにオチの鋭い「怪奇小説」を見かける気がするので、
意図的に離れていったのかもしれませんね・・)、
その分、何か新手を見せてくれそうな期待感があります(個人的には)。

個人的に特に気に入っているのは「恍惚」。「髪を束ねて」や
「何と冷たい小さな君の手よ」も好きで、『短編小説日和』に入っていた
「花よりもはかなく」もかなり気に入りました。
(これは見方によっては普通小説というかサイコスリラーですね)
「列車」は、エイクマンが「続いている公園」をやったという感じ。
(話が逸れますが、『短編小説日和』や『怪奇小説日和』はレメディオス・バロが
表紙なのもいいですね。『怪奇』の方は思わず買いかけたものの、
追加分が良く知っている作品だったりして買いはしませんでしたが)

『短編小説日和』のなかでもう一つ気に入った作品があって、それが「炎天」で有名な
ハーヴィーの「羊歯」。普通小説ですが、なんだかブッツァーティの一部作品のような、
人生の黄昏になって取り返しのつかない真実を知ると言った感じの、ペーソスが何とも言えない味でした。
こういう話が面白いと思うのは、年を取ったということなんでしょうか?
(ノーベル賞を受けたマンローの作品なんかも面白く読めるかも?)
そういえば「炎天」も普通の怪奇小説とは違う、市井の日常的な話でしたね…

他では、スパークの短編集、とてもよかったです。
教養文庫の時は、こんなに面白いとは思わなかったので訳文の効用も大きいのかなとも思いました。
変な毒入りだったり、妙な肩透かしだったり、ストレートな読みに対する
"外し"が冴えている感じなのですが、
でもその中にはどこかいつも人生への感慨みたいなものも感じられたりするという…
(「人生こんなもの」的なものも含め。)
コリアの「ミッドナイト・ブルー」は、さすがに落ち穂拾いだとこんなものだよな…という感じでしたが、
「完全犯罪」に至ってニンマリ。あとにも結構コリアらしい意地の悪い作品や、
何だかふざけた作品など結構楽しめました。ボーモント編、マシスン編にも期待します。
「シルヴァー・スクリーム」は、まだ未読ですが、既読作品の多さにちょっとがっかり。
大物作家の作品はとくに既訳ものが多いですね…
【2013/12/29 19:29】 URL | Green #- [ 編集]


若いときに変化がなくてつまらないと思っていた作品が、後年読むと味わい深く感じる…というのは、ありえる話ではありますよね。
僕はエイクマンとかデ・ラ・メアとかは、苦手なのですが、そのうち楽しめるようになるのかもしれませんね。
スパークの翻訳はすごく良かったと思います。教養文庫版に比べて「意地悪さ」がよく出ているというか、スパークって「こんなに意地悪だったんだ!」と驚かされました(笑)。
『シルヴァー・スクリーム』は出してくれただけで嬉しいというか。
【2013/12/29 23:17】 URL | kazuou #- [ 編集]

バン、バン、はい死んだ
明けましておめでとうございます。やっとパソコンの前に
座れました。難波のジュンク堂でスパークの短編集を探してもらった
際に何度も復唱させられて恥ずかしかったです。メモしていけば
よかった。だからそういう題名なんやって!
本当に底意地の悪い本で表題作でもヒロインのシビルの冷徹なまでの
人間観察が冴えわたります。あまり友達になりたくないタイプ。
何でも見抜かれてしまう。モームよりも意地悪です。
今年もよろしくお願いいたします。
【2014/01/14 11:40】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
今年もよろしくお願いします。

スパーク短編集のタイトル、確かに口で言うのは恥ずかしいかも。
スパークって、意地が悪いことは悪いんですが、後味は悪くないのが不思議ですよね。
【2014/01/14 19:40】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/531-06bd9dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する