10月の気になる新刊
10月1日刊 花輪莞爾『悪夢十六夜 残夢整理』(学研マーケティング 予価2100円)
10月5日刊 柴田元幸翻訳叢書『アメリカン・マスターピース 古典篇』(スイッチパブリッシング 予価2205円)
10月8日刊 マイクル・コーニイ『パラークシの記憶』(河出文庫 予価998円)
10月8日刊 ミステリー文学資料館編『古書ミステリー倶楽部』(光文社文庫 予価840円)
10月8日刊 東雅夫編『日本幻想文学大全2 幻視の系譜』(ちくま文庫 予価1365円)
10月12日刊 イサク・ディネセン『ピサへの道 七つのゴシック物語1』(白水Uブックス 予価1470円)
10月12日刊 ホルヘ・ルイス・ボルヘス『ボルヘス・エッセイ集』(平凡社ライブラリー 予価1260円)
10月17日刊 バーナード・マラマッド『魔法の樽 他十二篇』(岩波文庫 987円)
10月22日刊 ホルヘ・ルイス・ボルヘス&マルガリータ・ゲレロ『幻獣辞典』(晶文社 予価2940円)

 
 柴田元幸翻訳叢書『アメリカン・マスターピース 古典篇』は、アメリカの古典小説のアンソロジー。収録作品は、ナサニエル・ホーソーン「ウェイクフィールド」、エドガー・アラン・ポー「モルグ街の殺人」、ハーマン・メルヴィル「書写人バートルビー」、エミリー・ディキンソン「詩」、マーク・トウェイン「ジム・スマイリーと彼の跳び蛙」、ヘンリー・ジェイムズ「本物」、O・ヘンリー「賢者の贈り物」、ジャック・ロンドン「火を熾す」です。
 マイクル・コーニイの青春SF『ハローサマー、グッドバイ』の続編『パラークシの記憶』がようやく登場です。コーニイに関しては他の作品の復刊の話もあるようですね。
 10月の新刊でいちばんのオススメはこれでしょうか。イサク・ディネセン『ピサへの道 七つのゴシック物語1』。以前、晶文社で刊行されていたものの復刊ですが、収録作品全てが傑作といってもいい物語集です。幻想文学好きなら読んでおくべき作品集でしょう。
この記事に対するコメント

「ピサへの道」→kazuouさんのおすすめ幻想文学は、(私ではなく)夫が絶賛することが多く。夫はふかーく感謝しております。
ので、これトライしてみます。
【2013/10/15 22:43】 URL | fontanka #- [ 編集]

ディネセン
ディネセンは、邦訳されている作品はどれもいいのですが、この『七つのゴシック物語』は特に傑作だと思います。お勧めですよ。
【2013/10/16 08:13】 URL | kazuou #- [ 編集]

ディネセン読みたいです。
図書館にまだ「七つのゴシック物語」は入庫しておらず
代わりにロベルト・ボラーニョの「売女の人殺し」があったので
読んでみました。表題作とブーバが面白かったです。
ラテンアメリカの作品は「異世界」を強く感じさせます。
エキゾチックなインドや中東よりもっと「異界」であると・・・。
【2013/10/23 10:59】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


ラテンアメリカでは日常がすでに「異界」だ、という言葉をどこかの本で読みました。
例えばガルシア=マルケス作品でも、突拍子もない描写が出てきても、それが現実的なことなのか空想的なことなのか、区別がつかないことがありますね。
【2013/10/23 21:47】 URL | kazuou #- [ 編集]

図書館にリクエスト中!
ディーネセンの新刊がなかなか入庫しないので
不滅の物語を借りて読みました。七つの物語は
それぞれ美しく、どこか寓話めいて・・・。
池辺葵さんの「どぶがわ」にバベットの晩餐会が
重要なモチーフとして織り込まれていて引きこまれました。
【2013/12/04 14:51】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


『不滅の物語』もいいですね。僕がいちばん好きなのは、カレン・ブリクセン名義の
『冬物語』でしょうか。収録作品が多いので、長く作品世界に浸っていられるのも魅力です。
【2013/12/08 20:34】 URL | kazuou #- [ 編集]

ピサへの道
図書館では購入予定が無いそうで大阪まで出ました。
値段が手ごろなのは良かったですが、ページの際まで印刷してあり
ちょっと目が疲れます。好きな作家様の本は上質の紙に充分な余白をとって
製本して欲しいです。五千円までなら買いますから!
四つの小編は素晴らしかったです。夫の愛も恋人も失い、農園経営の夢も破れて
絶望のどん底に沈んだのに、どうしてこんなに美しい物語を書けるのでしょう。
【2014/03/11 14:47】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


物語世界が、この作家ほど堅固に構築されているのは見たことがありません。しかも自然な形でそれがなされているのが、凄いところだと思います。
【2014/03/12 21:26】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/527-be8648b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する