9月の気になる新刊
9月5日刊 レイ・ブラッドベリ『黒いカーニバル 新装版』(ハヤカワ文庫SF 予価1050円)
9月6日刊 エイミー・ワインスタイン『むかしむかしの絵本の挿し絵 ヴィクトリア朝の挿し絵300点とそのエピソード』(グラフィック社 予価2940円)
9月11日刊 アンドリュー・カウフマン『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』(東京創元社 予価1260円)
9月12日刊 東雅夫編『日本幻想文学大全 I 幻妖の水脈』(ちくま文庫 予価1365円)
9月12日刊 植草甚一『いつも夢中になったり飽きてしまったり』(ちくま文庫 予価1155円)
9月12日刊 筒井康隆編『異形の白昼 恐怖小説集』(ちくま文庫 予価945円)
9月13日刊 スティーヴン・キング『11/22/63 上・下』(文藝春秋 予価各2205円)
9月19日刊 谷口基『変格探偵小説入門 奇想の遺産』(岩波現代全書 2415円)
9月20日発売 《ナイトランド》 (トライデント・ハウス 1700円)
9月25日刊 ヒュー・ハウイー『ウール 上・下』(角川文庫 予価各840円)
9月25日刊 ロミ『三面記事の歴史』(国書刊行会 予価3990円)
9月25日刊 生田誠・石川桂子『小林かいち 大正京都の夢 乙女を描く』(河出書房新社 予価1785円)
9月28日刊 セルジオ・トッピ『シェヘラザード 千夜一夜物語』(小学館集英社ブロダクション 予価3360円)

9月下旬発売
東京創元社 復刊フェア
F・W・クロフツ『殺人者はへまをする』
G・K・チェスタトン『奇商クラブ』
イーデン・フィルポッツ『闇からの声』
ロス・マクドナルド『ミッドナイト・ブルー』
ウォルター・デ・ラ・メア『死者の誘い』
A・E・ヴァン・ヴォークト『原子の帝国』
フィリップ・K・ディック『タイタンのゲーム・プレーヤー』
R・A・ハインライン『宇宙(そら)に旅立つ時』
ジェームズ・ブリッシュ『悪魔の星』
E・F・ラッセル『わたしは"無"』


 レイ・ブラッドベリ『黒いカーニバル』は、初期のホラー味の強い幻想小説を集めた作品集です。『10月はたそがれの国』と並び、ブラッドベリの最良の部分が出ている作品集だと思いますので、未読の方はぜひ。
 筒井康隆編『異形の白昼』は、日本怪奇小説アンソロジー史に残る名作集です。小松左京『くだんのはは』、筒井康隆『母子像』、遠藤周作『蜘蛛』など、名作中の名作が集められています。
 《ナイトランド 7号》のメイン特集は「妖女」、リチャード・マシスンの追悼特集も予定されています。順調に刊行されているようで、嬉しいですね。
 毎年恒例の創元社の復刊フェアから、いちばんのオススメはE・F・ラッセル『わたしは"無"』でしょうか。今なら≪奇想コレクション≫から刊行されてもいいような、広く一般読者にお勧めできる短編集です。同じく創元文庫から刊行されていたラッセルの短編集『パニック・ボタン』も非常にいい作品集だったので、こちらも復刊をお願いしたいところです。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

「殺人者はへまをする」は、ものすごく懐かしい作品です。
母が愛読していて、今ももうぼろぼろになった本があります。

あれは、ものすごい名作なので、復刊がうれしいです。
【2013/09/15 18:50】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
クロフツは、短編も無駄がなくて、上手いですよね。創元から出ていた短編集は3冊でしたでしょうか。他の短編集も復刊されるといいですね。
【2013/09/15 20:53】 URL | kazuou #- [ 編集]

予期せぬ結末2トロイメライ
チャールズ・ボーモントの短編集が刊行されて良かった。
半分は既読でしたが、井上雅彦氏のボーモントへの
想いが伝わる作品集でした。ブラッドベリの「黒いカーニバル」も
ゲットしました。レイ・ブラッドベリもリチャード・マシスンも彼岸へ
旅立ってしまわれたのですね。ボーモント氏と久闊を叙しているかしら。
【2013/10/06 20:27】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
ボーモントの短編集、僕も読みました。
今読んでも十分味読に耐える作品ばかりですね。
数年前に『残酷な童話』が出版されたときもそうでしたが、ボーモントの未訳作を読める日がくるとは、感無量です。

ハヤカワの≪異色作家短編集≫で、唯一存命だったマシスンが亡くなって、また一つの時代が終わった気がしますね。
【2013/10/07 22:42】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/523-78fffb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する