とある惑星の出会い  町田洋『惑星9の休日』
4396460430惑星9の休日 (単行本)
町田 洋
祥伝社 2013-08-12

by G-Tools

 星と月と宇宙。ボーイ・ミーツ・ガール。町田洋のコミック作品『惑星9の休日』(祥伝社)は、辺境の小さな星、「惑星9」に暮らす人々を描いた連作短編集です。
 情感を盛り込みながらも、陰湿にならず、軽さを感じさせる作風は独特です。収められた8編、それぞれ独自の味がありますが、とくに印象的なのは『惑星9の休日』『衛星の夜』の二編です。
 表題作『惑星9の休日』は、このような話。惑星9は、恒星に対して垂直に自転しています。そのため、永遠に光が当たらない窪地があり、そこは「永久影」と呼ばれています。影の中には、町がまるごとひとつ凍りついているのです。その影の町に永遠にたたずむ少女に惹かれる男と、その男を追いかける時計店の少女を描いた物語です。
 クリストファー・プリーストの『限りなき夏』、あるいは梶尾真治の『美亜へ贈る真珠』を思わせるようなストーリーですが、面白いのは『惑星9の休日』に登場する男には、悲壮感がないところ。過去に固定された少女に惹かれながらも、男には過去に対する執着はないようなのです。後半に起こる事件により、「永久影」は姿を消すことになりますが、残るのは絶望ではなく希望なのです。
 『衛星の夜』は、惑星9から月が永久に離れてしまう夜を舞台にした物語。かって月に行ったという男の回想が描かれます。月の調査にたった一人で派遣された男は、窪みに落下してしまい、死ぬしかない状況におかれていました。彼を助けたのは、月で生まれた粘菌のような生物。粘菌は生物の頭の中から情報を取り出し、どんな形にもなれる生物でした。宇宙船内のポスターに映った少女そっくりになった粘菌は、男によりワルツと名づけられます。
 ワルツの希望はただ一つ、友達でした。永遠に近い時間を孤独に過ごしたワルツの思いを知った男は、ワルツを故郷に連れ帰ろうと考えますが…。
 物悲しい結末を迎える作品においても、そこに暗さはなく、ある種、あっけらかんとしたオプティミズムが感じられます。清涼感に満ちた読後感が、魅力の一つでしょう。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/521-76dc09a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する