ジャック・リッチーのこと
ミステリマガジン 2013年 09月号 [雑誌] クライム・マシン (河出文庫) カーデュラ探偵社 (河出文庫) ダイアルAを回せ (KAWADE MYSTERY) 10ドルだって大金だ (KAWADE MYSTERY)
 今月号の『ミステリマガジン』を購入しました。特集は「魅惑の宝塚/作家特集ジャック・リッチー」です。宝塚はともかく、ジャック・リッチー目当てに購入しています。
 ジャック・リッチー(1922-1983)は、とぼけたユーモアと簡潔なプロットで、魅力的なクライムストーリーをたくさん書いています。作家生涯で、ほぼ全ての作品が短編という、まさに筋金入りの短編作家。
 似たようなタイプの作家では、ヘンリー・スレッサーやエドワード・D・ホックがいます。ただ、彼らにくらべてリッチーは、本国では生前は表立って脚光を浴びた作家ではなかったようです。むしろ本国より、日本での方が人気があったのではないでしょうか。
 僕がリッチーの名前を最初に意識した作品は、おそらく、『現代アメリカ推理小説傑作選01』(立風書房)というアンソロジーに収録されていた『デヴロー家の化け物』(現在は『クライム・マシン』(河出文庫)に「デヴローの怪物』という題名で収録)だと思います。デヴロー家に伝わる怪物の目撃談が相次ぐなか、殺人事件が起こる、という怪奇趣味横溢の作品ですが、全体にとぼけたムードが漂っていて、何ともいえない味の短編でした。
 2000年代になってから、何冊かの短編集が日本オリジナルで編纂されましたが、それまでは、リッチー作品は、アンソロジーや雑誌のバックナンバーに掲載されたものを読むしかありませんでした。古くは『ヒッチコックマガジン』、後には『ミステリマガジン』『EQ』などで、リッチー作品がよく掲載されており、どれも水準以上の楽しみを与えてくれる作品です。エンタテインメント短編の職人作家ですね。

 日本で刊行された短編集は、以下の4冊です。
 
 『クライム・マシン』 (晶文社→河出文庫)
 『10ドルだって大金だ』(河出書房新社)
 『ダイアルAを回せ』(河出書房新社)
 『カーデュラ探偵社』(河出文庫)

 いちばん新しい『カーデュラ探偵社』が出てから、そろそろ3年。もうリッチーの邦訳書は出ないのかな、と思っていた矢先ですので、今回の『ミステリマガジン』の特集は、嬉しい限りです。
 さて特集内容ですが、小鷹信光氏の監修なので、小特集とはいえ、充実しています。本邦初訳の短編が3編、リッチーの息子による回想録、総短編リストなど。
 掲載短編はどれも面白かったのですが、いちばん気に入ったのは『オレンジ連続殺人事件』。喧嘩中に衝動的に妻を刺し殺してしまった夫が、妻がオレンジをつかんだまま死んでしまったことから、架空の殺人鬼を作り出し、嫌疑を逃れようとする話です。やがてオレンジ殺人鬼を利用して、妻殺しを実行する夫たちが現れ始める…という、リッチーらしいオフビートなユーモアミステリです。
 小鷹氏作成のリストも労作です。相変わらず、小鷹氏の書誌的な仕事には脱帽ですね。かなりの数の短編が訳されているような気がしていたのですが、まだ、こんなに未訳作品が残っていたとは。
 しかも、嬉しいお知らせが! 今年の秋に、早川書房から、リッチーの初訳作品を集めた短編集が出るという知らせが載っており、これは非常に楽しみです。

 ちなみに、来月号の『ミステリマガジン』で、リチャード・マシスンの追悼特集をするようです。『SFマガジン』でやると思っていたら、『ミステリマガジン』なのですね…。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
ホラー作家マシスン
>『SFマガジン』でやると思っていたら、『ミステリマガジン』なのですね…。

私的には、SFを読んでいたころは関心がなく、ホラー読みになってマシスンに親しんでます。
『地獄の家』が一番感銘深い作品。
「ナイトランド」でもマシスンの小特集があるかもですね。
【2013/07/27 10:07】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
マシスンが似合うジャンルはホラーなのだと思いますが、ミステリよりはSFのほうが親しいジャンルのような気がします。実際『縮みゆく人間』にしても『地球最後の男』にしても、SF的なアイディアを使った新しいホラー小説といった印象が強かったです。
『地獄の家』も最初読んだときは驚きました。現代の幽霊屋敷ものでは、近いテーマで書かれているものもありますけど、これも、マシスン自体がプロトタイプを作ったといっていいんでしょうね。

『ナイトランド』では、いずれ特集をやってくれそうなので、期待しています。
【2013/07/27 21:53】 URL | kazuou #- [ 編集]

カーデュラ探偵社
「あの手この手」が図書館でずっと貸出中・・・。スパークの作品は購入してもくれなかった
ので、待っていれば読めるのは有難いです。「カーデュラ探偵社」を買いました。河出文庫さん、ありがとう。どっこい生きてる異国の大都会という感じで楽しいです。同族のレディを
食事に誘ったりして人?生を満喫しておられる御様子。後半の五編はカーデュラ以外の話で「さかさまの世界」が物悲しかったです。
【2014/01/26 18:22】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
『カーデュラ探偵社』はいい企画でした。リッチーの単行本が出る前、『ミステリマガジン』などで、このシリーズを何篇か読んでいて、面白いなあ、と思っていたので。カーデュラの描写がすごくさらっとしているのが、センスがいいですよね。
未訳作品もいっぱい残っているようですので、これからも邦訳が続くことを期待しています。
【2014/01/29 19:45】 URL | kazuou #- [ 編集]

あの手この手
日曜の朝一で図書館で借りて一気読みしました。感動醒めやらず書いてます。
中村妙子先生もそうですが小鷹信光先生も、翻訳ミステリの
黄金時代を支えて来られ、現在も文章力に些かの衰えも見せずに
素晴らしい本を出してくださり感謝感激です!軽妙かつ小気味いい文章。
怪の巻あやしの四つの話が特にツボで「フレディー」で泣いてしまいました。
フレディーのホテルの管理人になりたい、でも「私にも友を選ぶ権利がある」と
言われそうだなあ。ショボーン・・・。「おやすみ、友達」で涙腺決壊。
【2014/02/02 11:36】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

小鷹信光さん
小鷹信光さんの訳業には本当にお世話になってます。
リチャード・マシスン、ヘンリー・スレッサー、そして『新パパイラスの舟』。1970年代当時、あれだけ海外短編を熱心に紹介してくれたのは、小鷹さんと仁賀克雄さんぐらいじゃないでしょうか。
かなりの高齢になるのに、いまだにあれほど洒落たセンスの短編集を作ってしまうところに、驚かされます。
【2014/02/03 17:48】 URL | kazuou #- [ 編集]

小鷹信光先生
ジャック・リッチーの短編集など病の影を感じさせないお仕事ぶりでした。ミステリマガジンの顔ともいうべき御方。ご冥福をお祈りいたします。
【2015/12/08 19:30】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
ニュースを見て、びっくりしました。
本当に最後まで、仕事をなさってらしたんですね。
最後の仕事は、来年刊行予定のジャック・リッチー短篇集になるようです。
【2015/12/08 21:03】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/520-35710239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する