さようなら、マシスン
13のショック (異色作家短篇集) 運命のボタン (ハヤカワ文庫NV) リアル・スティール (ハヤカワ文庫NV) 不思議の森のアリス (ダーク・ファンタジー・コレクション) ある日どこかで (創元推理文庫)
 SF・ホラーの巨匠である、作家リチャード・マシスンが亡くなったそうです。
 1950年代から、近年にいたるまで、小説・映像分野で活躍し続け、後続のクリエイターたちに多大な影響を与えました。
 長編では、吸血鬼ものの新解釈にして、ゾンビものの嚆矢ともいえる『地球最後の男』、馬鹿らしいまでのアイディアが突き抜けた『縮みゆく人間』、サイキック・スリラーの元祖『渦まく谺』、幽霊屋敷ものの新機軸『地獄の家』、タイムトラベルロマンスの名作『ある日どこかで』などが思い浮かびます。
 また、短編では、斬新なアイディアの作品を多く発表し、今読んでもその面白さは色あせていません。
 近年、映画化の影響で短編集の邦訳が何冊か続いていたので、ちょっとしたマシスン・ブームが起きるのではないかと思っていただけに、非常に残念です。
 長編も素晴らしい作品がたくさんありますが、マシスンといえば、やはり短編です。『血の末裔』『こおろぎ』『機械仕掛けの神』『高度二万フィートの悪夢』『長距離電話』』『次元断層』『陰謀者の群れ』…。SF的なアイディアを使った作品もたくさんありますが、本質的にはマシスンはホラー作家だったのではないかと思います。『機械仕掛けの神』『次元断層』などで感じられる「薄気味の悪さ」は、ホラー作家ならではのものです。
 あらすじやテーマが頭に残りやすく、人に話して聞かせられる、というのも、マシスン作品の特徴でしょう。こういう作品だ…というのが、まとめやすく、紹介しやすいのです。このあたり、映画化するのにひっぱりだこだった、という事情もうなずけるように思います。その点、近年映画化もされた『運命のボタン』など、もはや「寓話」の域に達していた作品だと思います。

 「異色作家」の中でも、ロバート・ブロックと並んで、とても大好きな作家でした。
 ご冥福をお祈りいたします。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
新聞で知ってびっくりしました。
ミステリーゾーンの作家たちとも交流のあった大御所が遂に・・・。
短編や中編の天才!ダールとはまた違った「薄気味の悪さ」を残す読後感。
御冥福をお祈りいたします。
地獄の家の映画化作品「ヘルハウス」がDVDレンタルになっていて嬉しかった。
悪霊を倒すのが聖水とか護符でなく、相手のコンプレックスを完膚なきまでに
叩きのめすディベート力だったとは。
【2013/06/26 12:07】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
マシスンは、ブラッドベリ亡き後、≪異色作家短編集≫の作家の中で唯一の存命作家だったんですよね。なにか、一つの時代が終わったような感じがします。

『地獄の家』を読んだとき、結末に唖然とした覚えがあります。『地球最後の男』などもそうですが、短編、長編に限らず、斬新なアイディアがいっぱいでした。
とにかく、エンタテインメント作家はかくあるべし!という見本のような作家だったと思います。
【2013/06/26 21:02】 URL | kazuou #- [ 編集]


新聞で知りました。
「ある日どこかで」映画が良かったなぁ・・・

寂しいですね。
【2013/06/30 16:30】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
『ある日どこかで』は初めて見たとき、ジャック・フィニィかと思いました。
『奇跡の輝き』もそうですが、マシスンのロマンティックな一面の出た作品ですね。
【2013/07/02 22:27】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/517-21e50dc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する