大いなる合唱  アルジャーノン・ブラックウッド『人間和声』
4334752705人間和声 (光文社古典新訳文庫)
アルジャーノン ブラックウッド Algernon Henry Blackwood
光文社 2013-05-14

by G-Tools

 イギリスの怪奇小説の巨匠、アルジャーノン・ブラックウッドには、長短編あわせて多くの作品がありますが、短編と長編とでは、だいぶ趣が違います。短編が、いわゆる「怪談」や「怪奇小説」と呼ばれる類のものが多いのに比べて、長編では神秘主義的な色彩が濃いのです。
 もちろん長編でも、『ジンボー』(月刊ペン社)や『妖精郷の囚われ人』(月刊ペン社)といった、読みやすいファンタジー作品もありますが、それらの作品でも、「彼岸への憧れ」「この世ならざるものへの憧れ」といった要素が強く出ています。『ケンタウルス』(月刊ペン社)にいたっては、そうした要素が強すぎて、正直、エンタテインメントとして読むにはきつい作品です。
 今回邦訳された『人間和声』(南條竹則訳 光文社古典新訳文庫)は、そうしたブラックウッドの長編の中でも、神秘主義的要素と娯楽性とがほどよく入り混じり、エンタテインメントとしても楽しめる作品だと言えます。
 平凡な日常に飽き足らない主人公は、ある日、不思議な求人広告を見かけます。その広告には、「テノールの声」「ヘブライ語の知識」などの奇妙な条件が付されていました。募集に応じた青年が屋敷で出会ったのは、ソプラノの声を持つ美女、アルトの声を持つ家政婦、そしてバスの声を持つ男でした…。
 メインとなるアイディアは「偉大な名前を唱えることにより大いなる力が得られる」というものです。下手をすると馬鹿らしい作品になってしまいそうなところを、ブラックウッドの熱気に満ちた文章で読んでいる間は、気になりません。
 おそらく作者は大真面目にやっているのでしょうが、題材が題材だけに、意図せざるユーモアが生まれてしまっています。そのあたりが、今読むと非常に面白いです。
 例えば、グスタフ・マイリンクの『菫色の円錐』(垂野創一郎訳『標本 マイリンク疑似科学小説集』ビブリオテカプヒプヒ 収録)という短編などでも、同じテーマが扱われていますが、ブラックウッドのそれはスケールが違います。クライマックスのシーンでは、あまりの展開に唖然とすることうけあいです。
 一読の価値ある怪作といってよいかと思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/512-12009978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する