4月の気になる新刊
4月10日刊 スティーヴン・キング『ビッグ・ドライバー』(文春文庫 予価760円)
4月上旬刊 レイ・ブラッドベリ『刺青の男 新装版』(ハヤカワSF文庫)
4月11日刊 フェルディナント・フォン・シーラッハ『コリーニ事件』(東京創元社 予価1680円)
4月13日刊 ロン・カリー・ジュニア『神は死んだ』(白水社 予価2310円)
4月16日刊 ディーノ・ブッツァーティ『タタール人の砂漠』(岩波文庫 882円)
4月17日刊 フランセス・F・バーネット『白い人びと』(みすず書房 予価2940円)
4月20日刊 バルドゥイン・グロラー『探偵ダゴベルトの功績と冒険』(創元推理文庫 予価1155円)
4月23日刊 岡本綺堂『近代異妖篇 岡本綺堂読物集3』(中公文庫 720円)
4月23日刊 ジョン・コリア『予期せぬ結末 ミッドナイト・ブルー』(扶桑社ミステリー)

 4月の要注目は、やはり岩波文庫のブッツァーティでしょう。名作『タタール人の砂漠』の文庫化です。まさか岩波からブッツァーティが出るとは思いませんでした。しかも5月には、短編集『七人の使者・神を見た犬 他13篇』の刊行が予定されています。河出の単行本『七人の使者』の文庫化なのだとは思いますが、元本も絶版になって久しいので、嬉しいニュースですね。
 フランセス・F・バーネット 『白い人びと』は、かって『怪奇幻想の文学』 『白いひと』 という訳題で収録されたこともある幻想小説の名品。
 異色短編ファンとして嬉しいのは、扶桑社ミステリーのジョン・コリア短編集。どうやら異色作家シリーズを続けて出してゆくようです。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
コリア!
コリアが出るなんてうれしい驚きです。
あと、ブッツァーティですか?ちょっとびっくりです。
【2013/03/25 22:08】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
コリアは、まだ未訳作品がたくさんあるんでしょうか。なんにせよ嬉しいニュースです。
ブッツァーティは、古典作家扱いになってきましたね。
【2013/03/26 23:00】 URL | kazuou #- [ 編集]


ジョン・コリアの短編集、名訳揃いで良かったです。
「完全犯罪」で地位も名誉もある謹厳な英国紳士が
チョコレートを食べている姿がユーモラスです。
ゴディ○よりも美味しいんでしょうね。
次はチャールズ・ボーモントだそうで楽しみです。

井上雅彦先生は「異形」シリーズはもう打ち止めなのでしょうか。

【2013/05/31 11:30】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


コリアはよかったですね。
ボーモントも楽しみです。

そういえば≪異形コレクション≫シリーズも、1年以上続刊が出てませんね。扶桑社のシリーズで忙しいんでしょうか。
【2013/06/01 18:45】 URL | kazuou #- [ 編集]

孤独と寂寞
タタール人の砂漠、人生の折り返し地点を過ぎた50代目前の人間
にとっては身につまされます。企業で閑職に飛ばされたあげくリストラ
とか八方塞の愛の無い結婚生活とか、他人から見れば何故しがみついている
のか分からない人生でも本人にとっては、それしかないというか。
欧州が舞台ですが水墨画のような淡い風合いですね。
【2013/06/28 22:16】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


自分の人生に引き付けて読むことができるという時点で、すでに「古典」の風格を備えているというべきなのでしょうか。
普遍的な人間性を描いた作品ですね。
【2013/06/29 22:25】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/508-ddba802b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する