11月の気になる新刊
11月7日刊 東雅夫編『世界幻想文学大全1 幻想文学入門』(ちくま文庫 予価861円)
11月7日刊 東雅夫編『世界幻想文学大全2 怪奇小説精華』(ちくま文庫 予価1260円)
11月7日刊 スティーブ・ジョーンズ『罪と罰のロンドン』(ちくま文庫 予価1050円)
11月7日刊 須永朝彦編訳『江戸奇談怪談集』(ちくま学芸文庫 予価1785円)
11月21日刊 アイナール・トゥルコウスキィ『おそろし山』(河出書房新社 予価1995円)
11月29日刊 ケイト・アトキンソン『世界が終わるわけではなく』(東京創元社 予価2205円)
11月刊 エリザベス・ボウエン『ボウエン幻想短篇集』(国書刊行会 予価2940円)

 11月のちくま文庫は、幻想文学づいていますね。何といっても東雅夫編の≪世界幻想文学大全≫が素晴らしい企画。『幻想文学入門』は、幻想文学論やエッセイを集めたもの。『怪奇小説精華』は、「時代を超えたベスト・オブ・ベスト」のアンソロジーだそうです。収録内容は、ルキアノス、デフォー、ホフマン、ゴーチエ、ゴーゴリ…とありますが、もしかして超有名作ばかりでしょうか?コレクターズ・アイテム的な短編が収録されることを期待しています。
 『まっくら、奇妙にしずか』『月の花』と、細密な画風で驚かせてくれたトゥルコウスキィの邦訳第3弾『おそろし山』が登場です。
 短編ファンとしては、「奇妙な味」の短編集だという、ケイト・アトキンソン『世界が終わるわけではなく』と、短編の名手エリザベス・ボウエンの幻想作品を集めた『ボウエン幻想短篇集』が要チェックですね。
この記事に対するコメント
年内に読むことができてよかった。
11月22日にラファティ御大の「昔には帰れない」が遂に刊行されました。
本編も良かったですが、あとがきの伊藤典夫さんの浅倉久志さんの思い出
とかを読むと胸が熱くなりました。好みの短編が違ってたんですね。
【2012/11/23 20:37】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
ラファティ、僕も昨日手に入れました。
あとがきだけ、パラパラと眼を通しましたが、伊藤典夫さんが素直に「わからない」作品もある、といっているところに感銘を受けました。
本編はゆっくり読もうと思います。
【2012/11/24 13:31】 URL | kazuou #- [ 編集]


東雅夫先生の「怪奇小説精華」は確かにベストオブベストでしたが
kazuou様が予想しておられた通り超有名作ばかりでした。
既読の作品が殆どで千円超えだし、購入を見送ってしまいました。
そのお金でストレインシリーズの「永遠の夜」を購入して読了しましたが
吸血鬼ものとしては、数多ある名作には及ばないレベルでした。
何より核爆弾を浄化のアイテムとして描いているのが受け入れられませんでした。
【2012/12/06 23:46】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


『怪奇小説精華』は全ての作品が既読でした。というか、3巻ほぼ全ての文章が既読だったので、僕も迷ったのですが、ご祝儀の意味も込めて購入してしまいました。
コンセプト上、有名作品が入るのはしょうがないのですが、できればマイナー作品を集めた巻も作ってほしかったですね。
【2012/12/15 12:44】 URL | kazuou #- [ 編集]

脳味噌がマッサージされるような。
毎晩、寝る前に「昔には帰れない」を読むと熟睡できます。
「ホンマ、ようこんなケッタイな話思いつくわなあ。」(褒め言葉です)
頭がグルングルンします。長編の「宇宙舟唄」とか読むと車酔い状態に
なるので短編しか読めません。「ゴールデントラバント」が大好きです。
理解不能だから何度読んでも飽きないんでしょうか。
【2013/10/25 12:43】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
ラファティの長編は、ちょっときついですね。短編だと、理解不能でもある程度楽しめる気がします。
『九百人のお祖母さん』なんか、ラファティにしてはすごくわかりやすい短編が集められていて、個人的には大好きな作品集です。
【2013/10/25 21:59】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/498-ac640e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する