10月の気になる新刊
10月4日刊 シェヴィー・スティーヴンス『知らずにいれば』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価1050円)
10月5日刊 ギリアン・フリン『冥闇』(小学館文庫 予価970円)
10月6日刊 大森望『新編 翻訳SFウラ講座』(河出文庫 予価893円)
10月10日刊 キース・ロバーツ『パヴァーヌ』(ちくま文庫 予価998円)
10月上旬刊 小山正『ミステリ映画の大海の中で』(アルファベータ 予価3990円)
10月11日刊 ピランデッロ『月を発見したチャウラ』(光文社古典新訳文庫)
10月23日刊 スーザン・ヒル『黒衣の女』(ハヤカワ文庫NV 予価714円)
10月23日刊 ショーン・タン『エリック』(河出書房新社 予価1500円)
10月30日刊 ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン『闇の国々II』(小学館集英社プロダクション  予価3990円)
10月刊 ホルヘ・ルイス・ボルヘス編『新編バベルの図書館』 第2巻(国書刊行会 6825円)

 10月の新刊でいちばん気になるのは、やはり、ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン『闇の国々II』でしょうか。『闇の国々』が巣晴らしかったので、第2弾にも期待大です。
 スーザン・ヒル『黒衣の女』は、映画化による再刊のようですが、モダンホラーの名作なので、未読の方はぜひ。
 ショーン・タンは、コンスタントに作品が訳されるようになってきましたね。『遠い町から来た話』に収録されていた『エリック』と関係があるんでしょうか。
この記事に対するコメント
予告編
「エリック」は、(ネットをちょっと見た感じでは) どうも短編集に出ていた話を1分冊にしたものらしいですね。
「ロスト・シング」は買ったのですが、『遠い町から来た話』の一話、くらいの印象でした (何しろあの短編集にはいろいろ詰め込まれてましたしね・・)。でもアニメ化されたものは見てみたいです。あの大きな何物かは、動いて音を出したらきっととても魅力的でしょうから!
(↓ こちらで予告編が見られますね。。)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=3dNfEqxSAVo

バベルの図書館の件は、あまりまともな感想でもないしこちらに。
国書刊行会の回しものではないので(笑)、この再刊を知らずにバベルバベル書いたりしていましたが、まさか再刊されるとは。
でも実は、自分の中では紹介された話をそんなに評価している訳でもなく、装填が素敵なのと、短いので古典で未知の作家でも敷居がちょっと低いのと、あとボルヘスの紹介文(作品をどう独自解釈してるか)を目当てに読んでいた感じです。
全て図書館(確か大学の)に入れてもらって読んだので、自分では持っていなかったりします。
・・・という感じの人間には、7000円弱はちと高かったりしますね。。。
ルゴーネスとかパピーニを始めこれで初めて読んだ作家は結構いて、内容も結構印象に残ってはいますが、特に気に入ったのは何故かサキだったり(新潮版の短編集が気に入らなかったのもありますが)、ヘンリー・ジェイムズだったりしました。

今月の新刊に関係ないですが、米澤穂信さんについても大したことを書けないのでこちらに。
関東圏での「氷菓」の放映はちょうど終わってしまったみたいですね。
実は私も、某番組で紹介されたのを見た後で、偶然放映しているのを見かけてからずっと見ていたので奇遇だなと・・・
ご紹介のあった話も面白そう(ブラックユーモアだったり、後味が悪かったりというのは、「氷菓」視聴者としては意外ですが、そういえば結構主人公たちは深刻そうな話をしていたりもしましたね・・・)なので、近いうち読んでみようかと。
中でお勧めと言ったらどれでしょうか?
【2012/10/01 03:37】 URL | Green #- [ 編集]


≪バベルの図書館≫は、ポーとかメルヴィルなんかのメジャー作家ばかりの巻は、コストパフォーマンス的には難しいですね。すでに旧版を持っている人が、装丁の魅力だけで購入するかどうか。

米澤穂信は、メイン著作は学園もの作品なんでしょうが、手を出してるのは、学園もの以外の作品ばかりです。そういう意味で素直にオススメしにくいですね。いちばん好きなのは『儚い羊たちの祝宴』なのですが、後味が悪くないという意味では『さよなら妖精』(創元推理文庫)なんかがオススメでしょうか。
【2012/10/05 22:24】 URL | kazuou #- [ 編集]


「パヴァーヌ」をやっと読むことが出来ました。
読み終わると、とても懐かしい気持ちになり30年前に図書館で
イギリス児童文学を読みふけっていた頃を思い出しました。
第六章の城の攻防戦はローズマリー・サトクリフみたいだし、
勇敢なヒロインを支え導く執事はスーザン・クーパーの「光の六つのしるし」
のメリマンみたいだし。この執事が本当に素晴らしくて、こんな殿方が傍に
いてくれたらなあ。訳された越智道雄先生もおなつかしい・・・。
「フリスビーおばさんとニムの家ねずみ」とか「エデンの門」とか大昔に夢中になって
読んだ名作は皆この方が訳されたんですね。
キース・ロバーツ御大の作品が一冊にまとまった本は無いのでしょうか?
アンソロジーにポツンポツンと収載されているだけのようで。
【2012/10/18 13:30】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

ロバーツ
キース・ロバーツ作品のまとまった単行本は『パヴァーヌ』以外ないみたいですね。
『SFマガジン』でロバーツが特集された号があって、いくつか短編がまとまって掲載されていた例はありますが。
【2012/10/18 22:35】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/494-8c4d319a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する